top of page

Do You Have a Dream You Can Give Up?・諦めてもいい夢ってありますか?・你有可以放弃的梦想吗?

Updated: Mar 15


Imagine you died today, what would your tombstone say? What would other people say about you?


For me, I want to be known as the girl who was working towards making her dreams come true, not simply a girl who had dreams.


I want people to know that life can be hard and ugly, but that there is so much magic in finding what you want to do and putting all your energy and power into manifesting it to life.

During college, even though it seemed most of the world was not on my side, I was granted the opportunity to study as an exchange student in Japan.


Going to China right after college was almost impossible, but somehow worked out in the most perfect way, resulting in me calling Beijing my home for over three years.


No one had a blog with English, Japanese, and Mandarin Chinese side-by-side and I didn't want to keep waiting for someone to create one. All I needed was the determination to create something that hadn't previously been done. Now, almost 5 years later, I have written 60 blog posts and have many more rambles to share.


Attending culinary school was a dream I had mainly given up on until one of my students while cutting a tomato, joyously exclaimed, “I have always wanted to learn how to cook!” The students whom I got to teach how to cook and bake had a joy of learning and it reminded me that I still really wanted to attend culinary school.


Visiting 30 counties before I turned 30 was a fun and half-serious dream that started by a coincidence. It later morphed into me galloping across continents and making 10 country trips and 4 country trips. The COVID outbreak did not stop my efforts and instead, I became a pro at taking antigen and PCR tests.


Many other smaller goals have been sprinkled in between each bigger dream I had, like hugging a giant panda and scanning groceries.


Last year, I finally quit the full-time job that was draining me and created my very own company and proudly incorporated using this blog as the name. However, even though I studied business administration and had experience building up a start-up, I still did not know what I was doing. All I knew was that I was happier pursuing my dream of publishing my first children's book.


It was a dream that began 5 years ago in a quaint coffee shop tucked away in the bustling city of Tokyo. While sipping on a matcha latte with a panda latte art drawn on top, I finished writing the first draft of my children's book. Six months after quitting my job, after countless calls between Japan and manuscript edits, I ended up with a final draft. After printing the books, setting up shop, and figuring out shipping logistics, I was able to officially launch “Den Chan: The Cat Who Crossed the Ocean” with the help of many supportive friends and family members.


All purchases in the Den Chan Store directly support my Texas-based business and the books are proudly printed and bound in Texas with care. Supporting local businesses has always been a dream of mine and it means so much to be able to support my home state where part of the book’s story takes place.


My current dream is to open the Den Chan Cafe based on the book. It will be the purr-fect place for cat lovers and language lovers to gather together over cat-themed goodies.


So, what is a dream of yours?


You could write a bucket list to help you keep track. Or you could simply go do that one thing you've always said you would do.


Perhaps it's something small, like cooking a dish you have always told yourself you would try making. Perhaps it's that country you have dreamt about visiting.


Why not take a step toward making your dream come true?


It doesn't have to be a big step. Small steps become big steps, you just have to keep taking small steps.


What do you want to be remembered for?


~~~~~~~


もし、今日死んだとしたら、墓碑銘には何と書かれるだろうか?他人はあなたのことを何と言うだろう?


私にとっては、単に夢があった女性ではなく、夢を叶える為に努力していた女性として知られたい。


人生は辛く、醜いこともあるけれど、自分のやりたい事を見つけ、それを実現するために全エネルギーとパワーを注ぐことには、沢山の魔法もあるということを知って欲しい。


大学時代、世界のほとんどが私の味方ではないと身にしみて感じたにもかかわらず、私は日本へ交換留学生として留学する機会を与えられました。


大学卒業後、すぐに中国に行くことは不可能に近かかったが、どういうわけか最も完璧な形で上手くいき、結果的に北京を3年以上私の「家」と呼ぶことになった。


英語、日本語と中国語を並べて書いてるブログは誰もやっていなかったし、誰かが作ってくれるのをずっと待っていたくはなかった。私に必要だったのは、これまでになかったものを作ろうという決意だけだった。それから5年近くが経ち、私は60ものブログ記事を書き、さらに多くのつぶやきをシェアする予定です。


製菓の専門学校への進学は、私があきらめていた夢だったが、自分が教えていた生徒がトマトを切りながら、「ずっと料理を習いたかったの!」と嬉しそうに叫んだり、私が料理やお菓子作りを教えることになった生徒たちの喜びを知り、私はやはり製菓の専門学校に行きたいと強く思ったのです。


30歳になる前に30カ国を訪れるというのは、偶然から始まった楽しくも半分真剣な夢だった。それはその後、大陸を颯爽と横断し、10カ国の旅4カ国の旅をする私へと変化した。COVIDの流行が私の努力を止めることはなく、代わりに私は抗原検査とPCR検査のプロになったのです。


大きな夢の合間には、ジャイアントパンダを抱きしめたり、スーパーで食料品をスキャンしたりといった、他にもたくさんの小さな目標や夢が散りばめられています。


昨年、私はついに疲弊していたフルタイムの仕事を辞め、自分の会社を作り、このブログを社名として堂々と法人化しました。しかし、経営学を学び、スタートアップ企業を立ち上げた経験があったとはいえ、自分が何をしているのか、まだ良く分かっていなかった。分かっていたのは、初めて絵本を出版するという夢を追いかける方が幸せだという事だけでした。


5年前に始まった夢であり、東京のとある小さなカフェで、私はパンダのラテアートが描かれた抹茶ラテを楽しみながら、この絵本の最初の原稿を書き終わりました。仕事を辞めてから半年後、日本との間で数え切れないほどの電話や原稿の校正を経て、私は最終稿を書き上げました。本を印刷し、店を構え、発送の手配をした後、私は『デンちゃん:海を渡った猫』を多くの友人や家族に支えられ、正式に発売開始をすることができました。


デンちゃんストアでの購入はすべて、テキサスを拠点とする私のビジネスを直接サポートするもので、本はテキサスで心を込めて印刷・製本されています。地元企業を支援することは私の夢であり、この本の物語の舞台の一部である故郷を支援できることは、私にとって、とても大きな意味があります。


私の現在の夢は、この本に基づいたデンちゃんカフェをオープンすることです。猫好きと言語好きが猫をテーマにしたグッズを囲んで集う、完璧にゃ場所になるでしょう。


では、あなたの夢は何ですか?


夢のバケットリストを書いて記録しておくのもよし。あるいは、いつもやると言っていたことを、単純にやってみるのもいいと思います。


もしかしたら、それは小さなことかもしれない。もしかしたら、行ってみたいと夢見ていたあの国かもしれない。


夢を叶えるための一歩を踏み出してみませんか?


大きな一歩である必要はなく、小さな一歩が大きな一歩になる、小さな一歩を踏み続けるだけでいいのです。


あなたはどのように人の記憶に残りたいですか?


~~~~~~~


想象一下,如果你今天死了,你的墓碑上会写些什么?别人会怎么评价你?


对我来说,我希望人们知道我是一个努力实现梦想的女性,而不仅仅是一个有了梦想的女性。


我想让人们知道,生活可能是艰辛和丑陋的,但找到自己想做的事,并投入全部精力和力量去实现它,其中蕴含着无穷的魔力。


大学期间,尽管世界上大多数人似乎都不站在我这边,但我还是获得了去日本当交换留学生的机会


大学毕业后立即去中国几乎是不可能的,但不知何故,我却以最完美的方式实现了这一梦想,并在北京生活了三年多。


没有人同时拥有英语、日语和普通话的博客,我也不想一直等着别人来创建博客。我所需要的只是创造前所未有的东西的决心。现在,将近 5 年过去了,我已经写了 60 篇博文,还有更多的漫谈要与大家分享。


上烹饪学校是我一直以来的梦想,直到我的一个学生在切西红柿时高兴地喊道:"我一直都想学做菜!"我才放弃了这个梦想。我教学生们烹饪和烘焙,他们学习的喜悦提醒我,我仍然非常想上烹饪学校


在我 30 岁之前访问 30 个国家是一个半认真半有趣的梦想,开始于一个巧合。后来,它演变成我驰骋各大洲,进行10个国家的旅行4个国家的旅行。COVID 的爆发并没有阻止我的努力,相反,我成了抗原和 PCR 检测的行家里手。


在我的每一个大梦想之间,还夹杂着许多其他的小目标,比如拥抱大熊猫和在超市扫描杂货。


去年,我终于辞去了让我精疲力竭的全职工作,创建了自己的公司,并自豪地以这个博客为名注册成立了公司。然而,尽管我学的是工商管理,也有创建新公司的经验,但我仍然不知道自己在做什么。我只知道,我更乐于追求我的梦想--出版我的第一本儿童书。


这梦想是在5年前开始的。我在一家东京的咖啡厅,一边喝拉花熊猫的抹茶拿铁,一边写完了这儿童书的第一搞。辞职半年后,经过无数次往返日本的电话和手稿修改,我最终完成了定稿。在印书、开店、确定运输物流之后,我在许多支持我的朋友和家人的帮助下,我正式推出了《Den酱: 漂洋过海的猫》


Den酱商店的所有购买行为都直接支持了我在得克萨斯州的事业,这些书都是在得克萨斯州精心印刷和装订的。支持本地企业一直是我的梦想,能够支持我的家乡意义重大,因为书中的部分故事就发生在我的家乡。


我目前的梦想是开一家以书中故事为原型的Den酱咖啡店。这将是爱猫人士和语言爱好者欢聚一堂,品尝以猫为主题的美食的完美场所。


那么,你的梦想是什么?


你可以写一份梦想清单,帮助你跟踪记录。或者,你可以简单地去做一件你一直说要做的事。


也许是一件小事,比如做一道你一直告诉自己要尝试做的菜。也许是你梦寐以求的那个国家。

为什么不迈出实现梦想的一步呢?


不一定要迈出很大的一步。小步变大步,你只需不断迈出小步。


你想让别人记住你什么呢?


2 Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
Guest
Mar 16

This is so inspirational! I love how you were able to visit 30 countries before you turned 30! I'm close behind you. I wish, I could have made it to the Middle East and South America. This Blog is so unique, heart felt and wonderful to share! Your Cat-Language Cafe will be quite the adventure!

Like
Ann K.
Ann K.
May 15
Replying to

Thank you so much! (sorry, I missed your comment) Hope you get to 30 countries, soon! Yes, it will be quite the adventure -- maybe you can come visit once it's open! 🐱

Like
bottom of page