• Ann K.

Thoughts After Attending Culinary School in Japan ・日本の食の専門学校に通った感想・读日本的烹饪学校的想法

Updated: May 2


---- As a 25-Year-Old and Graduating Two Years Later


I looked around and was surrounded by kids who were 18 years old, some were even 17 years old. There were a few other rare kids who were over 21, but other than them, they were all fresh out of high school. I was reminded how when I was their age, I too hoped to attend a culinary school.


They were all very intelligent. In fact, some were probably smarter than me in different areas. Many of them surprised me in their maturity concerning certain aspects, while others left me speechless due to our differences towards almost everything that constitutes what we call life. I could not relate to a lot of their likes and interests as they could not to mine.


Yet despite all of our differences, they treated me with respect and like one of their own. You always hear older people taking younger ones “under their wing”, but the opposite seems a bit undermentioned. Even though they knew my age, they didn't let that keep them from being friends with me; they took me under their wings.


Other than studying abroad as an exchange student at a Japanese university, I had never actually attended a Japanese school. For me, attending culinary school was an amazing experience that I will treasure for my lifetime. Yes, there were difficult times when I didn't feel like I fit in. But it helped me learn that the biggest factor which helps with that is to be comfortable with yourself and confident in why you are doing what you are doing.


For me, it was holding my head high when explaining that attending culinary school wasn't due to needing a career change, but one of my goals in life.


However, I did feel that to some people -- by putting my career on pause and becoming a student again -- my newfound social status lost their respect. I cried myself to sleep occasionally during my first semester because I didn't fit in no matter how hard I tried. Pursuing this dream of mine was definitely not all unicorns and rainbows, it was one of the hardest things I have ever done.


Now at 27, I am so very grateful to be able to say that I have completed my culinary school program and have graduated as a Food Business major. Many of y’all know that it has always been my dream to attend culinary school ever since I was a teenager. Since I had to give up on this dream at one point, I would never trade these past two years that I have been blessed with to learn and grow.


Ultimately, I was able to graduate at the top of my class receiving an Award of Excellence. Shout-out to my amazing father who played a huge role in supporting his “dream-crazy” daughter and my beloved brother, sisters, and adorable nephew who have been my biggest supporters. Thank you to all those who follow the food adventures I share, and I hope you enjoy updates in the future.


Cheers to making dreams come true.


~~~~~~~


ーー25歳で入学し、2年後に卒業した後の思い


私が周りを見渡すと、18歳もしくはまだ17歳の学生に囲まれていました。珍しく、21歳以上の学生が数人いましたが、それ以外は高校を卒業したばかりの子たちでした。数年前、私も彼らと同じ年齢の時、食関係の専門学校に通いたいと思っていた事を思い出しました。


彼らは皆頭が良く、実際、さまざまな分野で私より賢い人もいたでしょう。彼らの多くは、特定の事柄に関する成熟度があり、感心しましたが、学生によっては、私たちが人生と呼ぶものを構成するほとんど全ての事に対する違いが激し過ぎ、私は言葉を失う事がありました。お互いの好きなものや趣味の多くに共通点が無く、話が合わない事もありました。


それでも、私たちの様々な違いにもかかわらず、彼らは私に敬意を払い、対等に扱ってくれました。いつも年上の人が若い人を「彼らの翼の下に」かくまう事を聞きますが、その反対は少し過小評価されていると思います。私の年齢を知っていたにも関わらず、私と友達になる妨げにはなりませんでした。彼らはそのままの私を受け入れてくれたのです。


私は交換留学生、そして科目等履修生として学んだ経験以外は、実際に日本の学校に通ったことはありませんでした。私にとって、食の専門学校に通った経験は一生の宝物となる素晴らしい経験でした。確かに、自分が溶け込めず、大変な時期がありました。しかし、この経験は、自信を持ち、自分がなぜ今やっている事を頑張っているのかを再確認する機会になりました。


私にとってそれは、食の専門学校に通うのは転職する為ではなく、人生の目標の1つであるという事を、胸を張って堂々とする事でした。


しかし、人によっては、私が自分の仕事を辞めてまで、再び学生になる選択肢に対し、私の低くなった社会的地位は彼らの尊敬を失ったように感じました。どんなに頑張っても溶け込めず、最初の学期は時々泣き寝入りする事もありました。この私の夢を叶える道のりは、決して楽しい夢のような体験ではなく、人生の中で一番難しいことの1つでした。


27歳になった今、私は食の専門学校を、フードビジネス専攻として卒業したと言える事にとても感謝しています。10代の頃から食の専門学校に通うことが私の夢であったことは、多くの人が知っています。一時期、この夢を諦めざるを得なかったので、色々学び、成長できたこの2年間に恵まれたことは何よりも大切な経験なのです。


そして、最終的には、クラスのトップで卒業し、優秀賞を受賞する事ができました。この場を借りて、私の最大の支持者であり、夢を叶える事に夢中な娘を応援してくれた素晴らしい父、兄弟姉妹、そして甥っ子に感謝をします。そして、私が更新しているフードアドベンチャーをフォローしている皆さま、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。


夢を叶えることに乾杯をしようではないでしょうか?


~~~~~~~


——25岁就读,两年后毕业的思考


我环顾四周,周围是18岁的学生,有些甚至17岁。还有另外两个稀有的21岁多,但是除了他们几个之外,他们都是刚刚从高中毕业的。让我想起了我跟他们同岁的时候,我也希望上一所烹饪学校。


他们都很聪明。实际上,在不同领域,有些人可能比我聪明。他们中的许多人在某些方面的成熟使我感到惊讶,而另一些人则因为我们在构成我们所谓生活的几乎所有方面的差异而令我无言以对。我们偶尔无法提及互相的许多兴趣,因为没有相似性。


尽管我们之间存在种种差异,但他们还是以尊重的态度对待我,就像对待他们自己一样。你总是会听到年长的人将年幼的人“保护在自己的翅膀下”,但相反的说法似乎没有被提及。即使他们知道我的年龄,也没有妨碍他们与我成为朋友。他们把我带到了他们的翅膀下。


除了在日本大学作为交换留学生学习外,我从未真正上过日本的学校。对我来说,这是一次宝贵的经历,我将一生珍惜。是的,也有一些困难时期,我感觉自己不能融入。但这帮我了解到,最重要的是让自己感到舒服并对自己为什么做正在做的事充满信心。


对我来说,当我解释说上烹饪学校并不是因为需要改变职业,而是我生活中的目标之一时,我高昂地抬起头来。


然而,对于某些人来说,我暂停了自己的职业生涯并再次成为一名学生-我新的社会地位失去了他们的尊重。在第一学期,我偶尔哭着睡觉,因为无论多么努力的尝试,我都无法融入。追求这个梦想绝不总是充满独角兽和彩虹,这是我做过的最艰难的事情之一。


现在已经27岁了,我非常感激我能够说我已经完成了烹饪学校的课程,并毕业于食品商业专业。你们中的许多人都知道,自从我十几岁起就一直梦想着上烹饪学校。因为曾经一度不得不放弃这个梦想,所以我永远不会拿任何东西来交换这有幸学习和成长的两年。


最终,我以班级第一名的成绩毕业,获得了优秀奖。 我想大声的感谢我了不起的父亲,他一直支持我这个拥有“疯狂梦想”的女儿,感谢我心爱的兄弟姐妹和可爱的侄子。也感谢所有关注我分享的食物冒险的人,我希望你在今后会喜欢更新的照片。


为实现梦想而欢呼(干杯)。