• Ann K.

Dare to Think Bigger・視野を広げる挑戦・雄心壮志

Updated: Feb 26

@Xiamen, China


4-22-2013

Poem written spring of sophomore year when I was studying abroad in Xiamen, China.

Early in the morning,

I got to work rather early.

My adventurous spirit,

Got ahold of me.

So, I started walking around.

I found a hidden alley,

Lined with street vendors and stores.

My heart beating with excitement,

I closed my eyes,

Taking it all in,

Thinking,

“I want to remember moments like this.”

It hit me,

This is China.

I had this weird feeling,

Overabundance of peace,

That I’m in the right place,

I have a purpose here.

I love every bit I see:

Unexplainable extreme odors,

Cars backing into me,

Bikers honking like crazy,

Babies crying,

The filthiness of the ground,

People spitting where I walk,

Old men shouting with loud voices,

The road being used as a bathroom,

Dogs barking,

People dumping food waste down the drains,

The smell of oil and spices,

Kids running and laughing,

Dead pig heads,

A chicken crossing my path,

The overwhelming appetite resulting from all the delicious looking foods,

Surrounded by Chinese,

No foreigners,

Confused glares and looks,

The taste of the unknown, unexpected: mystery.

A warming breakfast,

This list could be infinite.

Talking to store owners,

Using my broken Chinese.

It takes extreme courage,

But it’s worth every bit.

There’s this indescribable happiness,

When they understand me.

I admire them so much.

Opening store every morning,

Rain or shine.

That takes dedication, commitment,

Something many don’t have.

It's even better,

When they ask a question,

And I can answer.

It's the best feeling,

Being able to communicate.

I've been able to see in real life.

That,

Dedication can transcend language and cultural barriers.

Smiles can mean so much more.

Gestures aren’t just for games.

The simple words of:

再来 (Zai lai). (Please come again),

I would be delighted to go back.

It's so exciting,

I can't stop from smiling,

Remembering the time I’ve been here.

I see from a different perspective now.

Those store owners made me determined,

I don't want to keep having to say,

听不懂 (Ting bu dong) (I don’t understand),

Every time I can't get exactly what's being said.

I want to be able to speak more.

It would open up so many more possibilities,

Things I could learn.

My goal,

Is to come back to China,

Conclude those unfinished sentences and conversations,

And start new ones.

Holding my head high,

With confidence,

Speaking Chinese.

I want to touch these people's lives,

In some way.

After all,

They're all human,

Just like me.

God loves them too.

I love this place,

So much.

The food,

The people,

Strangers who are so thoughtful and kind.

It’s silly,

I don't even want to go back (to the States).

I wouldn’t trade anything,

For the time I’ve spent in this country.

Once being here,

Home seems boring.

Or should I say,

Not as exciting.

The world is out there,

I want to experience it!

I can’t just stay in America,

Knowing there’s so much more waiting for me.

Adventures to be taken,

People to meet,

Hardships to conquer.

China has been filled with:

Adventures,

Laughter,

Tears,

Worry,

Mercy and grace,

Friendships,

Trust,

Happiness,

Broken hearts,

Life,

Miscommunication,

Confusion,

Frustration,

Lessons,

Sleepless nights,

Blessings,

Problems,

Decisions,

But this is what gets me.

It’s so exhilarating.

I love that it’s not easy.

That I don't understand everything.

That's the only way I can learn.

Learning from my mistakes,

Because no one’s perfect.

Not knowing how to do something,

Is so stressful and mind-boggling,

Depressing and discouraging,

So intense I just want to give up.

I want to simply leave and say,

“I’m done trying.”

But it's so worth it!

Compared to having things come easily.

I'm already used to working so hard for things,

So, I never thought I'd say this,

But I want the harder,

The hardest,

The challenging.

The impossible.

Being able to overcome obstacles,

That's what my goal is.

China’s calling my name.

I wonder,

And I whisper into His ear,

“What is Your plan for me here?”


~~~~~~~


2013年4月22日

大学二年生の春、中国、厦門(アモイ)省で留学をしていた際に書いた詩です

早朝に、

早めに職場へ着きそうになり、

私の冒険心が、

行動へと変わった。

そこで歩きまわることにした。

隠れた路地を見つけ、

露店や店が立ち並んでいた。

私の心はバクバクと興奮していた。

目を閉じ、

すべてを受け止め、

こう思った、

「こういう瞬間を記憶に残したい。」

そして悟った、

ここが中国だ、と。

私は少し変な感じがした、

溢れかえる安心感、

今正しい場所にいること、

ここにいる意味があるのだと。

目に映る全てが好きだ:

説明できない強烈な臭い、

私に後退してくる車、

狂ったようにクラクションを鳴らせるバイカー、

泣いている赤ちゃん達、

地面の不潔さ、

私が歩くところに唾を吐く人々、

大きな声で叫ぶ老人の男たち、

トイレとして使用されている道路、

吠える犬たち、

食品廃棄物を排水溝に捨てる人々、

油とスパイスの匂い、

走りながら笑っている子供たち、

死んだ豚の頭、

私の前を横切るニワトリ、

すべての美味しそうな食べ物から生じる

圧倒的な食欲、

中国人に囲まれ、

外国人はいない。

睨みつける混乱している眼差し、

未知の、そして予想外の味:

ミステリアスだ。

温まる朝食、

理由はいくらでも挙げられる。

店主たちと話し、

めちゃめちゃな中国語を使う。

沢山勇気が必要だが、

とても価値のある事だ。

彼らが私を理解した時には、

言い表せないほどの幸せを感じます。

とても尊敬できる人たちだ。

雨か晴れにも関わらず、

毎朝出店をしている。

それには多くの人が欠けている

献身と傾倒が必要なのだ。

そして彼らが質問をし、

それに答えることができたら、

もっと良いのです。

コミュニケーションができること、

それは本当に最高の気分なのです。

実生活で見ることができたこと、

それは、

献身によって、言語や文化の壁を越えることができること。

笑顔で開く道もあり、

身振り手振りはゲームだけで使うものでもなく、

シンプルな言葉:

再来(ザイ・ライ)。 (また来てください)

喜んで戻って来るよ。

とても楽しみなのだ、

ここにいる時間を思い出すと、

どうしても笑顔になるのだ。

今は別の視点から物事が見られる。

あの店主たちが私を決心させた、

言われていることを聞き取れないたびに、

挺不懂(ティン・ブ・ドン)(分かりません)と、

言い続けたくない事を。

もっと話せるようになりたい。

色々な可能性も見えてくるし、

学べることは無限じゃないか。

私の目標、

それは中国に戻ることです。

そして未完成だった文章と会話を締めくくり、

新しい会話と文章を作り出すこと。

胸を張りながら、

自信を持って、

中国語を話したい。

ここにいる人々の生活に触れ、

何らかの方法で貢献したい。

結局、

みんな私のように、

人間であり。

神様も彼らを愛しているのだ。


私はこの場所が大好きです、

本当に。

食べ物、

人々、

思慮深く親切な見知らぬ人。

少しおかしいのかもしれないけど、

私は(アメリカに)戻りたくない。

この国で過ごした時間は、

かけがえのない物なのだ。

ここにいると、

家は退屈に思える。

ましては、

そんなに刺激的ではない。

世界は広いから、

体験をしたい!

もっと色んな冒険、

出会える人たち、

克服できる困難、

様々な発見が待っているのに、

アメリカにだけ居続けられない。

中国での経験は:

冒険、

笑い、

涙、

心配、

恵みと憐れみ、

友情、

信頼、

幸福、

砕かれた心、

生活、

ミスコミュニケーション、

困惑、

欲求不満、

学べる事、

眠れない夜、

祝福、

問題、

決断、

しかし、これらが私を惹きつけるのだ。

とても爽快であり、

すべてを理解していないこと、

簡単じゃないのが大好きです。

誰も完璧ではないから。

私が学べる唯一の方法であるのは、

自分の過ちから学ぶことなのです。

何かをする方法が分からない時、

とてもストレスが溜まり、気が遠くなるほどの

憂鬱と落胆、

とても強烈なあきらめたい気持ちにとらわれる。

その場を去りながら、

「もう諦めた。」と言いたくなる。

しかし、物事が簡単に進むのと比較すれば。

それだけの価値があるのです!

私はすでに一生懸命働くことに慣れている、

だから、こう言うとは思ってもみなかった。

でももっと頑張りたい、

もっと難しいこと、

挑戦できること。

不可能なこと。

万難を克服できること、

それが私の目標です。

中国が私の名前を呼んでいます。

私は気になり、

彼の耳にささやきかける、

「ここでの私の為のあなたの計画は何ですか?」と。


~~~~~~~


2013年4月22号

大二的春天,在中国厦门留学的时候写的一首诗


清晨,

我早点到了办公室。

我的冒险精神

引导着我。

于是我开始四处走走。

我发现了一个隐藏的小巷,

沿街是街头小贩和商店。

我的心兴奋地跳动着,

我闭上眼睛

把全部接纳

思考,

“我想记住这样的时刻。”

我意识到

这是中国。

我有了这种奇怪的感觉

充裕的平和

我来对了地方

我在这儿有意义。


我爱我看到的每一点:

无法解释的极端气味,

汽车倒退到我身边,

骑自行车的人像发疯似地按铃,

婴儿在哭

地上的污秽

人们在我走路的地方随地吐痰,

老人大声喊叫,

这条路被用作浴室,

狗吠

人们把食物垃圾倒入下水道,

油和调料的味道,

孩子们边跑边笑,

死猪头

一只鸡穿过马路,

所有可口的食物引起的食欲大振,

被中国人环绕

没有外国人

困惑的眩光和外观,

未知,意想不到的感觉:神秘

温暖的早餐,

此列表可以是无限的。


与商店老板交谈,

用我糟糕的中文。

需要极大的勇气,

(鼓起勇气跟店主聊天)

但每一点都很值得。

有种难以形容的幸福,

当他们了解我的时候

我非常佩服他们

每天早上开店

风雨无阻。

这需要奉献,承诺

许多人没有的品德。


更好的是

当他们问一个问题时,

我可以回答。

最好的感觉是

能够交流。

我已经能够在现实生活中看到。

那就是,

奉献精神可以超越语言和文化障碍。

微笑可能意味着更多。

手势不仅用于游戏。

简单的话:

再来(Zai lai)。 (欢迎再来)

我很高兴回去。


这如此令人兴奋,

我不能停止微笑

记住曾在这里的时光。

我现在从另一个角度来看。

他们让我下定决心,

我不想一直说,

听不懂(Ting bu dong)(我不明白),

每次我听不清对方在说什么。

我想能说更多。

这将打开更多的可能性,

我可以学习的东西。


我的目标,

是要回到中国,

结束那些未完成的句子和对话,

并开始新的。

高举我的头,

有信心,

会说中文。

我想接触这些人的生活,

在某种方式上。

毕竟,

他们都是人

就像我一样。

上帝也爱他们。


我喜欢这个地方,

非常喜欢。

食物

人民

如此善解人意的陌生人

感觉自己很奇怪

我甚至不想回(美国)。

拿什么我都不会交换

我在这个国家度过的时光。

曾经在这里

家似乎很无聊。

还是我应该说

不那么令人兴奋。

世界在那里

我想体验一下!

我不能只留在美国

知道还有更多的

冒险,

人去认识,

困难去克服

都在等着我。


中国充满了:

冒险

笑声,

眼泪

担心,

仁慈与恩典

友谊,

信任,

幸福,

心碎,

生活,

沟通不畅,

困惑,

挫折,

教训,

不眠之夜

祝福

问题,

决定,

但这就是吸引我的原因。

太令人兴奋了

虽并不容易,但我爱这些。

我不明白所有的东西。

那是我学习的唯一方法

从我的错误中学习

因为没有完美的人。


不知道该怎么做,

如此压力重重,令人难以置信,

令人沮丧和失望

如此强烈,我只想放弃。

我只想离开说

“我已经尽力了。”

但这很值得!

比起容易的事情。


我已经习惯了辛苦,努力,

我从没想过我会这样说,

但是我想更努力

面对更难的,

具有挑战性的,

不可能的。

能够克服障碍,

这就是我的目标。

中国在呼唤我的名字。

我在想,

我在他耳边低语,

“您在这里对我有什么计划呢?”