• Erin F.

A Very Human Thing: Language Learning ・非常に人間的なこと:言語学習・一个非常人性化的事情:语言学习

Updated: Feb 26

@Japan

Have you ever wondered why we use “easy” to describe learning our mother tongue, but “difficult” to describe learning any subsequent languages?


People often ask me if Japanese is difficult to learn as a foreign language. The problem is the word “difficult.” I would use that word to describe many other things but language learning should not be described as difficult. Here’s why:


1. Language is uniquely human.


We’re the only animal on this planet that have languages.


One day, while I was playing a Spanish-language-learning game on my phone with my nephew, I was reminded of how our society thinks about languages and it has nothing to do with our biological truth.


My nephew had learned a lot of Spanish already and it was showing as he was playing the game. He was getting question after question correct. But the moment he got an answer wrong, he hung his head down and said: “I guess I’m not good at learning languages.” And then he gave me back my phone.


I stared with my jaw somewhere on the floor. This is exactly how our society thinks about language learning: “We humans are just not good at learning languages.”


I turned to my nephew and said to him: “You learned English, didn’t you? That’s a language! You are very good at learning languages!”


Just being human means that we are good at learning languages.


2. You could have learned any language as your native language.


You could have been born anywhere on this planet and learned any of the amazing languages as your native language. We often think it’s obvious that we are native to whatever language we happen to be native to. But the language you consider to be your mother tongue is just a coincidence of both time and place.


While language learning is inherently human, we were not born with a specific language implanted into our brains. If you were born in France to French parents, you probably learned French. If you were born in Japan to Japanese parents, you probably learned Japanese. But you could have been born to Canadian parents who lived in China and learned Chinese or Brazilian parents who lived in Russia and learned Russian.


3. Learning a Language is Learning How to Communicate.


Probably the biggest reason people equate the word “difficult” to learn a language is that we associate it with the equivalent of being handed a five-pound textbook, a very uninteresting learning environment with no real-life scenarios to use the language, and assignments that are impossible to finish, excruciatingly boring, and make you want to break your pencil into two.


What I’ve learned is that no matter how much you memorize out of a textbook or how good of a score you get on a language proficiency test, you are only as good at a language as to how well you can communicate with another human being in that language. This is why it’s really tricky to describe language learning as black and white; easy or difficult. Communication is also not that clear and straightforward. The key to communication is not knowing an entire 2,000-page textbook word for word or memorizing sentence patterns and vocabulary words. Nor is it carrying around a proficiency certificate and showing it off to native speakers.


Communication is the ability to stay curious, listen and study, and it is being able to relay information.


No one, not even native speakers, is perfect at any language. Language is a toolbox for communication and even the best communicators in the world, like Oprah Winfrey, have changed how they speak and what words they use from their ever-growing language toolbox. Communication is an on-your-feet kind of thing and language is one of the beautiful tools we have to understand, listen to, and be curious about another human being.


When people ask me if Japanese is difficult to learn as a foreign language, I tell them that nothing that I am curious about or want to learn is difficult. I always have fun when I’m learning Japanese and am inexplicably elated when I can communicate with someone I wouldn’t have otherwise been able to without building that language toolkit. It’s never been about how many words I’ve memorized, or what certificates I achieved. For me, it’s not difficult to learn a new language because I know that there is no such thing as perfect. I can let my guard down, make tons of mistakes, ask a load of questions, stay curious, and learn something new. Ultimately, I can communicate with another human being; I can understand and be understood by another beautiful soul.


~~~~~~~


なぜ、母国語を学ぶときには「簡単」と表現できるのにも関わらず、その母国語の後に言語を学ぶ時には「難しい」と表現するのか、考えたことはありませんか?


私は結構頻繁に、「日本語は難しいですか」と聞かれます。問題は、「難しい」という言葉だと思います。私はこの言葉を用いて他の多くのことを説明しますが、言語学習を難しいと表現することは、避けるべきではないのでしょうか。その理由は下記の通りです:


1. 言語とは人間特有なものです


この地球上で言語を持っている動物は人間だけです。


ある日、甥っ子と一緒に携帯電話でスペイン語学習ゲームをしていた時、私たちの社会が言語についてどのように考えているのか、それは私たちの生物学的真実とは無関係であることに気づかされました。


甥っ子はすでにたくさんのスペイン語を学んでいて、それがゲームをしている際に現れていました。彼は次々と問題を正解していきました。しかし、答えを間違えた瞬間、彼は頭を垂れて言いました。「僕は言語を学ぶのが苦手なんだ」と。そして、私に携帯電話を返してきました。


私は、一瞬茫然として、口をあんぐりさっせました。これはまさに、言語学習に対する「人間は言語を学ぶのが苦手なんだ」という私たちの社会の考え方です。


私は甥っ子に向かってこう言いました。「あなたは英語を学んだでしょう?あれは言語だよ! 君は言語を学ぶのがとても上手だね!」と言いました。


人間であるからこそ、言語を学ぶのが得意なのではないでしょうか。


2. どんな言語でも母国語として学ぶことができたはず。


あなたは、この地球上のどこで生まれても、素晴らしい言語のどれかを母国語として学ぶことができました。私たちは、たまたま自分の言語が母国語であることを、当たり前だと思っているでしょう。しかし、あなたが母国語だと思っている言語は、時間的にも場所的にも偶然の産物に過ぎません。


言語を学ぶことは人間本来の姿ですが、私たちは生まれたときから特定の言語を脳に植え付けられていたわけではありません。フランス人の両親のもと、フランスで生まれた人は、おそらくフランス語を学んだでしょう。日本で日本人の両親から生まれた人は、おそらく日本語を学んだでしょう。しかし、中国に住んでいたカナダ人の両親から中国語を学んだり、ロシアに住んでいたブラジル人の両親からロシア語を学んだりすることもできたはずです。


3. 言語を学ぶことは、コミュニケーションの方法を学ぶこと。


言語を学ぶことが「難しい」と言われる最大の理由は、重さ2キロの教科書を渡されることや、実際に言語を使う場面のない非常に退屈な学習環境、そして延々と終わりそうになく、つまらなさにうんざりする課題を連想させるからでしょう。


私が学んだことは、どんなに教科書を暗記しても、語学力テストで良い点数を取っても、その言語でどれだけ他の人間とコミュニケーションが取れるかで、その言語の実力が決まるということです。だからこそ、語学学習を「簡単」もしくは「難しい」というように、白か黒かで表現することは難しいのです。コミュニケーションもまた、それほど明確で単純なものではありません。コミュニケーションに必要なのは、2,000ページの教科書を一字一句覚えたり、文型や単語を暗記することではありません。また、言語検定を持ち歩いてネイティブスピーカーにアピールすることでもありません。


コミュニケーションとは、好奇心を持ち、聞き、学ぶことであり、情報を伝達することである、と私は考えます。


どんな言語でも、ネイティブスピーカーでさえ完璧な人はいません。言語はコミュニケーションのための道具箱であり、オプラ・ウィンフリーのような世界最高のコミュニケーターであっても、増え続ける言語の道具箱の中から話し方や使う言葉を変えています。コミュニケーションとは、自分の足で歩くようなものであり、言語は、他の人間を理解し、耳を傾け、好奇心を持つための美しいツールのひとつです。


日本語を外国語として学ぶのは難しいのではないかと聞かれると、私は、自分が興味を持っていることや学びたいと思っていることに、難しいことはないと答えます。日本語を学んでいるときはいつも楽しいし、その言語ツールキットを構築しなければできなかったであろう相手とのコミュニケーションができたときは、何とも言えない高揚感を覚えます。単語を幾つ覚えたとか、いくつ資格を取得しようとも、そういうことではありません。私にとって、新しい言語を学ぶことは難しいことではありません。なぜならば、言語に「完璧」存在しないからです。警戒心を解き、たくさんの間違いを犯し、たくさんの質問をし、好奇心を持ち続け、そして新しいことを学ぶことができるのです。最終的には、他の人間とコミュニケーションをとることができ、他人の美しい魂を理解し、理解されることができるのです。


~~~~~~~


你有没有想过,为什么我们用 "容易"来形容学习我们的母语,但是用 "困难 "来形容学习任何后续语言?


人们经常问我,日语作为一门外语是否很难学习。问题在于 "困难 "这个词。我会用这个词来描述许多其他事情,但语言学习不应该被描述为困难。原因如下:


1. 语言是人类独有的。


人类是这个星球上唯一拥有语言的动物。


有一天,当我和我的侄子在手机上玩西班牙语学习游戏时,我想起了我们的社会是如何看待语言的,这与我们的生物学真理毫无关系。


我的侄子已经学了很多西班牙语,这在他玩游戏的时候就表现出来了。他答对了一个又一个问题。但当他答错的那一刻,他垂头丧气地说。"我想我不善于学习语言"。然后他把我的手机还给了我。


我盯着地板陷入了思考。这正是我们社会对语言学习的思考方式。 “人们不善于学习语言"


我转身对我的侄子说:"你已经学会了英语,对吗? 那是一种语言! 你在学习语言方面非常出色!“ 我说。


就因为你是人,所以你善于学习语言。


2. 你可以学习任何语言作为你的母语。


你可能出生在这个星球上的任何地方,并学会了任何一种神奇的语言作为你的母语。我们常常认为,对于任何我们刚好是母语的语言,当作母语是很明显的。但你认为是你母语的语言只是时间和地点的巧合。


虽然语言学习是人类固有的,但我们并非生来就有一种特定的语言被植入我们的大脑。如果你出生在法国,父母是法国人,你可能学会了法语。如果你出生在日本,父母是日本人,你可能学会了日语。但是,你父母可能是加拿大人,然后住在中国,学会了中文;或者你父母可能是巴西人,住在俄罗斯,学会了俄语。


3. 学习一种语言就是学习如何交流。


人们将 "困难 "一词等同于学习一门语言的最大原因可能是,我们将其与递给你一本五磅重的教科书、一个非常无趣的学习环境、没有使用该语言的真实场景、以及无法完成的作业、令人痛苦的枯燥、以及让你想把铅笔折成两截联系起来。


我学到的是,不管你从课本上背了多少东西,或者你在语言能力测试中得到了多好的分数,你对一门语言的掌握程度只取决于你能用这种语言与另一个人交流的程度。这就是为什么把语言学习描述成黑白分明的,容易或困难的,实在是很棘手。交流也不是那么清晰和简单的。交流的关键不是逐字逐句地了解整本2000页的教科书,或记住句型和词汇。也不是带着一张熟练的证书,在母语者面前炫耀。


交流是保持好奇心、倾听和学习的能力,是能够转达信息的能力。


没有人,甚至母语使用者,在任何语言方面都是完美的。语言是交流的工具箱,即使是世界上最好的交流者,如奥普拉-温弗瑞,也会从他们不断增长的语言工具箱中改变他们的说话方式和使用的词语。交流是一种脚踏实地的事情,而语言是我们理解、倾听和对另一个人拥有好奇心的美丽工具之一。


当人们问我,日语作为一门外语是否很难学习时,我告诉他们,我所好奇的或想要学习的东西都不难。当我学习日语时,我总是很开心,当我能够与别人交流时,我感到莫名的兴奋,如果不建立这种语言工具箱,我就无法与人交流。这从来都不是关于我背了多少个单词,或者我取得了什么证书。对我来说,学习一种新的语言并不困难,因为我知道没有完美的东西。我可以放松警惕,犯大量的错误,问大量的问题,保持好奇心,并学习新的东西。最终,我可以与另一个人交流;我可以理解并被另一个美丽的灵魂所理解。