• Ann K.

The Spa Capital Known for Its Thermal Baths・温浴で知られるスパの都・以温泉浴场著称的温泉之都

Updated: Jul 2

@Budapest, Hungary

My next stop after stopping by Bratislava, Slovakia was Budapest, Hungary.


If you arrive at a location in the city where it is convenient to buy a 24hr travel card, I definitely recommend buying it since it was only about $5 dollars.


I was welcomed by the Hungarian Parliament Building and Buda Castle across the River Danube, which looks gorgeous regardless of if it’s nighttime or daytime.


After traveling to 5 countries in 3 days, I was incredibly happy to soak myself in the thermal baths known for their many health benefits. The Széchenyi Thermal Bath is located a little north of the main part of the city. Make sure to take a hair tie, sandals, a towel, and a change of clothes. They have hairdryers and give you a key for a locker that you can use. There is a huge lap pool in the middle of two thermal baths. On the day I went, one thermal bath was hotter than the other, so I suggest checking them both out during your visit.


What I didn't realize before heading to the thermal bath was that I had forgotten my 24hr Budapest travel card at my hotel. I only noticed this after getting off the subway when I was asked to show my ticket by two staff members. One guy couldn't even speak English and kept yelling in Hungarian how he didn't trust that I had bought it. A picture of my ticket wasn't enough; I had to have the actual paper ticket with me. Me going to get a new ticket was also not okay, so they wouldn't let me purchase a new one. I even tried to purchase the ticket online, but the website was not working. The staff did not care and wanted 8000 Hungarian Forint (~ $26) as a penalty fine.


In a time and place where countries were hurting for tourists, it blew my mind that they could not be understanding of people's circumstances. They seemed to find pleasure in ganging up on me as a tourist traveling by myself. Needless to say, this experience did not make me feel like Hungary is very kind to tourists.


Sometimes the ticket vending machines are on ground level and sometimes they are underground. If you do ride public transport and purchase a single ticket, make sure you validate your ticket. You do not need to validate your ticket if you get the 24hr travel card, just don’t forget it in your hotel room.


After the thermal baths, I visited the quaint Vajdahunyad Castle and even got to check out the Millennium Monument before enjoying a mouth-watering lunch of Gulyás (Goulash), paprika veal stew with egg dumplings, and a black mojito. The beef in both dishes fell apart and melted in my mouth since it was so soft.


I didn’t get the chance to, but if you do, try eating a Kürtőskalács (Chimney Cake). It is a popular dessert made with yeast and rolled in granulated sugar.


Random thoughts:

Store all your important travel insurance information, flight tickets, and accommodation confirmations in cloud storage or send them to your email. This way, if you need to access these documents, you will have backup options even if something happens to your phone or laptop.


Take note of the address of your lodging, either as a digital memo on your phone or in a small notebook because you always need this information for customs or entry forms.


Next stop: Bucharest, Romania


~~~~~~~


スロバキアのブラチスラバに立ち寄った後、次に訪れたのはハンガリーのブダペストでした。


市内に着いたら、買うのが便利であれば、5ドルくらいで買える、24時間有効なトラベルカードが絶対おすすめです。


真っ先にハンガリー国会議事堂とドナウ川の反対側にあるブダ城が迎えてくれ、夜でも昼でも関係なく華やかな風景でした。


3日間で5カ国を旅した私は、健康に良いとされる温泉に浸かることができ、とても幸せでした。セーチェーニ温泉は、街の中心部から少し北に行ったところにあります。髪留め、サンダル、タオル、着替えは必ず持参するのを忘れずに。ドライヤーもありますし、ロッカー用の鍵もくれるので、それを使ってください。2つの温泉の真ん中に、巨大なプールがあり、私が行った日は、片方の温泉がもう片方の温泉より熱かったので、訪問の際は両方に浸かる事をお勧めします。


温泉へ行く前に気づかなかったのは、ブダペストの24時間トラベルカードをホテルに忘れてしまったことです。地下鉄を降りた後、2人のスタッフにチケットの提示を求められた時点で、初めて気がつきました。一人は英語も話せず、ハンガリー語で私がチケットを買ったかどうか信用できないと叫び続け、前の日に撮っていたチケットの写真では不十分で、紙の切符の実物を持っていなければならなかった。私が新しいチケットを購入するのもダメで、買いに行かせてくれませんでした。オンラインで購入しようとしたが、ウェブサイトが機能していなかった。スタッフは私の状況を一切気にせず、違約金として8000ハンガリーフォリント(~26ドル)を要求してきました。


各国が観光客の減少で困っているこの時期だからこそ、人の事情を理解できないとは、あきれるばかりでした。一人で旅行している私に対して、集団で襲いかかることに快感を覚えているようでした。もちろん、この経験からハンガリーが観光客に優しいとは思えませんでした。


切符の自動販売機は地上にあることもあれば、地下にあることもあります。もし、公共交通機関に乗り、一回分の切符を購入した場合は、必ず駅のホームで検証を行うようにしてください。24時間のトラベルカードを購入した場合は、検証の必要はありませんが、ホテルの部屋に忘れないようにしてください。


温泉の後は、趣のあるヴァジュダフニャド城を訪れ、ミレニアム・モニュメントも見学した後、グヤーシュ(パプリカを効かせたスープ)、パプリカの子牛肉煮と卵団子、そしてブラック・モヒートを注文し、食欲をそそるランチを楽しめました。どちらの料理も牛肉が柔らかく、口の中でほろほろと溶けていく感じでした。


私は機会がなかったのですが、もし機会があれば、Kürtőskalács(煙突ケーキ)を食べてみてください。イーストを使い、グラニュー糖でまぶした人気のデザートです。


雑感:

重要な旅行保険の情報、航空券、宿泊施設の予約確認書などをすべてクラウドストレージに保存するか、Eメールに送信してください。こうしておけば、携帯電話やノートパソコンに何かあった場合でも、これらの文書にアクセス出来るバックアップがあります。


宿泊先の住所は、携帯のデジタルメモか小さなノートにメモしておくと、税関の申告書やエントリーフォームで必ず必要になる際に便利です。


次の目的地: ブカレスト、ルーマニア


~~~~~~~


斯洛伐克的布拉迪斯拉发停留后,我的下一站是匈牙利的布达佩斯。


如果你到达城市中方便购买24小时旅行卡的地方,我绝对建议你购买,因为它只需5美元左右。


多瑙河对面的匈牙利议会大厦和布达城堡欢迎我的到来,不管是晚上还是白天,它看起来都很华丽。


在3天内走了5个国家之后,我非常高兴地把自己泡在以许多健康益处而闻名的温泉里。塞切尼温泉浴场位于城市主要部分的北部。请确保带好发带、凉鞋、毛巾和换洗的衣服。他们有吹风机,并给你一把储物柜的钥匙,你可以使用。在两个温泉浴场的中间有一个巨大的游泳池。在我去的那天,一个温泉浴场比另一个更热,所以我建议在你去的时候把这两个浴场都看看。


在去温泉浴场之前,我没有意识到的是,我把我的布达佩斯24小时旅游卡忘在了酒店里。我是在下了地铁后才发现的,当时有两个工作人员要求我出示车票。一个人甚至不会说英语,一直用匈牙利语嚷嚷,说他不相信我已经买了票。一张车票的照片是不够的,我必须带着真正的纸质车票。我再去买一张票也不行,所以他们不让我再买一张。我甚至想在网上买票,但网站不工作。工作人员不在乎,要8000匈牙利福林(约26美元)作为罚金。


在一个各国都在为游客伤脑筋的时代,他们竟然不能理解人们的处境,这让我大跌眼镜。他们似乎对我这个独自旅行的游客进行联合对付感到高兴。不用说,这次经历并没有让我觉得匈牙利对游客非常友好。


售票机有时在地面上,有时在地下。如果你乘坐公共交通工具并购买单程票,请确保你验证你的票。如果你买了24小时旅行卡,就不需要验证你的票,只是不要把它忘在你的酒店房间里。


温泉浴后,我参观了古色古香的瓦伊达胡尼亚德城堡,甚至还去看了千年纪念碑,然后享用了令人垂涎的午餐:Gulyás(古拉什)、红辣粉小牛肉炖蛋饺和黑莫吉托。两道菜中的牛肉都散开了,在我嘴里融化了,因为它是如此柔软。


我没有机会,但如果你有机会,可以尝试吃一下Kürtőskalács(烟囱蛋糕)。这是一种流行的甜点,用酵母制作,表面裹了砂糖。


随想:

将你所有重要的旅行保险信息、机票、住宿确认书储存在云端,或将它们发送到你的电子邮箱。这样,如果你需要查阅这些文件,即使你的手机或笔记本电脑出了问题,你也有备份选项。


记下你的住宿地址,可以在手机上的数字备忘录上,也可以在一个小笔记本上,因为你总是需要这些信息来填写报关或入境表格。


下一站: 布加勒斯特,罗马尼亚