• Ann K.

The Country with Onion-domed Churches・オニオンドーム教会がある国・有洋葱头教堂的国家

Updated: Sep 11

@Sofia, Bulgaria

My next stop after Bucharest, Romania was Sofia, Bulgaria.


Seconds, minutes, and hours marched across the faces of the clocks as I hurried to board my train headed to my next country, Bulgaria. Everything can be quite confusing when all the signs and markings are in a different language. My default method for any country is to try and ask a kind-looking person for help if I need any.


However, after arriving in Bulgaria, I couldn’t figure out how to get on a bus for the life of me, so I decided to simply walk. It was later at night and there weren’t really any people walking around either and there were no taxis in sight. If you walk, call someone and have them on the phone while you share your real-time location with them.


I definitely recommend trying to arrive in any country while there is still daylight. “OK Supertrans” and “Yellow 333” are the names of taxi companies you should use if you ever find yourself in Sofia. If your hotel can help you book one, make sure you ask them to help you. This way, you can feel safe that you won't be getting ripped off.


At the time I visited in October of 2021, U.S. citizens traveling directly from the United States could not actually enter Bulgaria. But since I was arriving from Romania, which was designated as a “Green zone”, I was allowed to enter with no problem.


Even though Covid restrictions are getting less strict around the world, it is always important to not only check entry visa requirements but also the restrictions placed on the country you will be arriving from.


Bulgarian yogurt is a must-try while visiting. If you enjoy art, check out the National Gallery. The Cathedral Saint Aleksandar Nevski nearby is a gorgeous church that has become a symbol for not only Sofia, but for Bulgaria.


Random thoughts:

Know where the airport is that you need to get to and how long it takes to get there. Decide how you will get there (via public transportation or taxi) ahead of time to be able to plan with ample time.


When riding on an airplane or even taking a train, noise-canceling headphones are a lifesaver. Just remember to take them off when you don’t want to miss an announcement.


Next stop: Athens, Greece


~~~~~~~


ルーマニアのブカレストの次の目的地は、ブルガリアのソフィアでした。


次の国、ブルガリアへ向かう列車に乗り込もうとしている間、時計の針は秒、分、時を刻んでいた。標識や表示がすべて異なる言語で書かれていると、結構混乱します。なので、私はどの国でも、困ったことがあれば、親切そうな人に助けを求めるのが良いと思います。


しかし、ブルガリアに到着してからは、どうしてもバスの乗り方が分からず、単純に歩く事にしました。夜遅かったので、人もあまり歩いておらず、タクシーも見当たらなかったです。歩く場合は、誰かに電話し、リアルタイムの位置を教えながら歩く事をお勧めします。


どの国でも、日があるうちに到着する事が一番良いと考えます。もしソフィアに行くことがあれば、"OK Supertrans "と "Yellow 333 "が利用すべきタクシー会社の名前です。もし、ホテルで予約できるのであれば、必ず事前予約をするように頼んで下さい。そうすれば、ぼったくられる心配は無いはずです。


私が訪れた2021年10月当時、米国から直接渡航する米国人は、実はブルガリアに入国できなかったのですが、私は「グリーンゾーン」に指定されていたルーマニアからの入国だったので、問題なく入国できました。


世界的にコロナの規制は緩くなってきていますが、入国ビザの条件だけでなく、入国する国のコロナにまつわる規制も常に確認することが重要です。


ブルガリアのヨーグルトは、ぜひ試してみるべきだと思います。芸術がお好きな方は、国立美術館を訪れると良いでしょう。近くにある聖アレクサンダル・ネフスキー大聖堂は、ソフィアだけでなく、ブルガリアのシンボルとなっている豪華な教会です。


雑感:

行き先の空港の場所と所要時間を把握しておいて下さい。公共交通機関やタクシーなど、移動手段をあらかじめ決めておくと、余裕のある計画が立てられます。


飛行機や電車に乗るときは、ノイズキャンセリング・ヘッドフォンがあると便利です。ただ、アナウンスを聞き逃さないようにする為には、時折外すことを忘れないで下さい。


次の目的地: アテネ、ギリシャ


~~~~~~~


罗马尼亚的布加勒斯特之后,我的下一站是保加利亚的索菲亚。


当我匆忙登上开往下一个国家保加利亚的火车时,秒、分、小时在钟面上走过。当所有的标志和标记都是不同的语言时,一切都会变得相当混乱。在任何国家,我默认的方法是,如果我需要帮助,就试着向一个长相友好的人求助。


然而,在抵达保加利亚后,我怎么也想不明白如何坐公交车,所以我决定直接步行。当时正值晚间,也没有什么人在走动,也没有看到出租车。如果你步行,就给别人打电话,让他们和你保持通话,同时把你的实时位置告诉他们。


我绝对建议尽量在还有日光的时候到达任何国家。如果你发现自己在索非亚,"OK Supertrans" 和 "Yellow 333 "是你应该使用的出租车公司名称。如果你的酒店可以帮助你预订,请确保你让他们帮助你。这样,你就可以放心,不会被欺诈了。


在我2021年10月访问时,从美国直接旅行的美国公民实际上不能进入保加利亚,但由于我是从罗马尼亚抵达的,那里被指定为 "绿区",我被允许进入,没有问题。


尽管世界各地对新冠的限制越来越少,但重要的是,不仅要查询入境签证要求,还要查询对你将抵达的国家对新冠的限制。


保加利亚的酸奶是访问期间必须尝试的。如果你喜欢艺术,可以去国家美术馆看看。附近的圣亚历山大-涅夫斯基大教堂是一座华丽的教堂,不仅成为索菲亚的象征,也是保加利亚的象征。


随想:

知道你需要去的机场在哪里,以及去那里需要多长时间。提前决定你将如何到达那里(通过公共交通或出租车),以便能够有充足的时间来计划。


乘坐飞机甚至火车时,降噪耳机是一个救星。只要记得在你不想错过广播时摘下它们。


下一站: 雅典,希腊