• Ann K.

Where the Olympic Torch is Lit・オリンピックの聖火が灯される場所・点燃奥运火炬的地方

Updated: Sep 10

@Athens, Greece

My next stop after Sofia, Bulgaria was Athens, Greece.


From Athens International airport, it takes about an hour and a half one-way to get into the city center. This random fact is definitely something to keep in mind if you decide to visit this beautiful place known as the City of Gods.


I purchased the 3-day tourist ticket, which cost around €20 (~$23) and can be used on all public transportation. It doesn't look like a card that you can scan, but I promise that you can. Just make sure to hold it up to the Wi-Fi looking mark for a few seconds. In Athens, you only need to scan when you get on the bus, not when you get off.


My initial thoughts were that bus drivers in Athens drive a little like maniacs. The bus headed to the city center was so crowded, I had to stand the entire one-hour-and-a-half bus ride, almost flying through the bus every time the driver slammed on his brakes.


The buses did not run on time and people did not give up their seats for others, they just put their luggage on the seats instead. When I finally got to sit a little bit, the seats were terribly hard. It made me truly appreciate countries that provide efficient, clean, safe, and comfortable public transportation.


The next day, after a breakfast including some delicious Greek yogurt, I ventured off to check out the Varvakios Central Municipal Market, Monastiraki Square, Metropolis Cathedral, Hadrian's Library, and the Hellenic Parliament. If you love cobblestone streets and adventuring between the little shops that make up these historical neighborhoods, then don’t forget to check out the Plaka area.


The oldest Orthodox church in Athens, the Panagia Kapnikarea, can be found in the middle of the famous shopping street, Ermou street. It is a rare sight where old Byzantine architecture has been preserved while new and modern buildings line the streets surrounding it.


I participated in a free walking tour and got to see the city from an Athenian perspective, which was really cool. My tour guide was very curious about where I was from based on my name and told me that if I added an "s" to my last name, it would become a Greek name.


I learned many interesting facts like how Zappeion was the first Olympic village, 1896 is the year when the first Olympic games were held, and how the Panathenaic Stadium (where the Olympic torch is lit), entirely made of marble, fits 50,000 people. Greece's official name is the "Hellenic Republic” and there are over 3000 islands in Greece with a little over 200 of them inhabited.


My tour guide was very adamant to warn us that if someone on the street offers us a rose or anything else, to not take it. There are apparently lots of pickpockets who work together with these kinds of people.


In the evening, a rooftop bar in the Psyri area gifted me with a gorgeous view of the Acropolis of Athens and the Parthenon. I studied art history when I was in high school, so it was surreal looking at the Parthenon in person rather than in a textbook. The panoramic view looking down on the Old Town as well as the sunset was one of the most beautiful views I have ever seen.


Random thoughts:

A travel adaptor is a must, especially in many European and Asian countries. Make a universal travel adapter part of your travel essentials so that you’ll have it whenever you need it.


Bring a small travel pack of laundry detergent with you (or put some in a small Ziplock bag). It can be a lifesaver when you need to wash some clothes or something unexpected happens.


Next stop:

Istanbul, Turkey


~~~~~~~

ブルガリアのソフィアの次に訪れたのは、ギリシャのアテネでした。


アテネ国際空港からアテネの中心部までは、片道1時間半程かかります。神々の都と呼ばれるこの美しい場所を訪れるなら、この事をぜひ覚えておいて欲しいです。


私が購入した3日間の観光チケットは約20ユーロ(〜23ドル)で、すべての公共交通機関で利用できました。このカードはスキャンできるようには見えない割には、意外と可能です。Wi-Fiのようなマークに数秒かざせば大丈夫です。アテネでは、バスに乗る時だけスキャンすれば良いので、降りる時は必要ありません。


最初に思ったのは、アテネのバスの運転手はちょっとマニアックな運転をするということ。中心部に向かうバスはとても混んでいて、1時間半の間ずっと立っていなければならず、運転手がブレーキを踏むたびにバスの中を飛んでいきそうでした。


バスは定刻通りには走らず、人々は席を譲るどころか、荷物を座席に置くばかり。やっとの思いで少し座れたと思ったら、座席はひどく固かったです。効率的で清潔、そして、安全で快適な公共交通機関を提供する国のありがたさをしみじみと感じました。


翌日は、おいしいギリシャヨーグルトなどの朝食をとった後、バルバキオス中央市場、モナスティラキ広場、メトロポリス大聖堂、ハドリアヌスの図書館、ヘレニック国会議事堂を訪れる為に出かけました。石畳の道や、歴史的な町並みを構成する小さな店の間を冒険するのが好きな人は、プラカ地区をチェックするのを忘れないで下さい。


アテネ最古の正教会であるパナギア・カプニカレア教会は、有名なショッピングストリート、エルムー通りの真ん中にあります。周囲の通りには新しい近代的なビルが立ち並ぶ中、古いビザンチン建築が保存されている珍しい光景です。


私は無料のウォーキングツアーに参加し、アテネ人の視点から街を見ることができ、とても面白かったです。ガイドさんは、私の名字を聞き、どこの国の人なのかとても興味を持ち、名字に「s」をつけるとギリシャの名前になることを教えてくれました。


ザペイオンが最初のオリンピック村であること、1896年は最初のオリンピックが開催された年であること、全体が大理石でできたパナテナイック競技場(オリンピックの聖火が灯される所)は5万人収容できることなど、興味深い事実をたくさん学びました。ギリシャの正式名称は「ヘレニック共和国」で、ギリシャには3000以上の島があり、その内、人が住んでいる島は200余りしかないそうです。


ガイドさんは、道行く人がバラなどを差し出しても、受け取ってはいけないと、しきりに注意しました。このような人たちと一緒に行動するスリも多いらしいです。


夕方には、サイリ地区の屋上バーで、アテネのアクロポリスとパルテノン神殿の素晴らしい眺めを堪能できました。高校時代に美術史を勉強したので、教科書ではなく、実際にパルテノン神殿を見るのはシュールな体験でした。旧市街を見下ろすパノラマビューと夕焼けは、今まで見た中で最も美しい景色の一つでした。


雑感:

旅行用アダプターは、特にヨーロッパとアジアの多くの国々で必需品です。ユニバーサル・トラベル・アダプターを旅の必需品に加えれば、必要な時にいつでも使う事が出来ます。


洗濯用洗剤は旅行用の小さなパックを持参しましょう(または小さなジップロックの袋に小分けをする)。洗濯が必要な時や、予期せぬことが起こったときに役立ちます。


次の目的地: イスタンブール、トルコ


~~~~~~~


保加利亚的索非亚之后,我的下一站是希腊的雅典。


从雅典国际机场出发,单程需要一个半小时才能到达城市中心。如果你决定访问这个被称为众神之城的美丽地方,这个随机的事实肯定要牢记在心。


我购买了3天的旅游票,价格约为20欧元(约23美元),可用于所有公共交通。它看起来不像是一张你可以扫描的卡片,但我保证你可以。只要确保把它举到看起来像Wi-Fi的标记上几秒钟就可以了。在雅典,你只需要在上车的时候扫描,而不是在下车的时候。


我最初的想法是,雅典的巴士司机开车有点像疯子。开往市中心的公交车非常拥挤,我不得不在整个一个半小时的公交车上站着,每当司机踩下刹车时,我几乎要飞过公交车。


公交车没有按时运行,人们也没有给别人让座,只是把行李放在座位上代替。当我终于有机会坐下来的时候,座位硬得可怕。这让我真正感激那些提供高效、清洁、安全和舒适的公共交通的国家。


第二天,在吃过包括一些美味的希腊酸奶在内的早餐后,我冒险去参观了瓦尔瓦基奥斯中央市政市场、莫纳斯提拉基广场、大都会大教堂、哈德良图书馆和希腊议会。如果你喜欢鹅卵石街道,喜欢在构成这些历史街区的小商店之间冒险,那么别忘了去普拉卡地区看看。


雅典最古老的东正教教堂Panagia Kapnikarea,可以在著名的商业街Ermou街中间找到。这是一个难得的景象,古老的拜占庭式建筑被保留下来,而新的现代建筑则在它周围的街道上鳞次栉比。


我参加了一个免费的步行之旅,从雅典人的角度看这个城市,这真的很酷。导游基于我的名字很好奇我来自哪里,并告诉我,如果我在我的姓氏上加一个 "s",就会变成一个希腊名字。


我了解到许多有趣的事实,比如扎培翁是第一个奥运村,1896年是第一届奥运会举办的年份,以及完全由大理石制成的帕那辛纳克体育场(点燃奥运火炬的地方)是如何容纳5万人的。希腊的官方名称是 "希腊共和国",希腊有3000多个岛屿,其中只有200多个有人居住。


我的导游非常坚定地警告我们,如果街上有人给你玫瑰或其他东西,不要接受。显然,有很多扒手和这些人一起工作。


晚上,Psyri地区的一个屋顶酒吧让我看到了雅典卫城和帕台农神庙的华丽景色。我记得我在高中时学习过艺术史,所以亲眼看到帕台农神庙而不是在教科书上看到它是很不真实的。俯瞰老城的全景以及日落是我见过的最美的景色之一。


随想:


一个旅行适配器是必须的,特别是在许多欧洲和亚洲国家。把通用的旅行适配器作为你旅行必需品的一部分,这样你在需要的时候就会有它。


带上一小包旅行用的洗衣粉(或在一个小密封袋里放一些)。当你需要洗一些衣服或发生一些意外情况时,它可以成为救命稻草。


下一站:伊斯坦布尔,土耳其