• Ann K.

The City Lying on Two Continents・2つの大陸にまたがる都市・坐落在两个大陆上的城市

Updated: Oct 23

@Istanbul, Turkey

My next stop after Athens, Greece was Istanbul, Turkey.


When I say the word “Turkey”, what do you think of? Perhaps it’s Narnia and Turkish Delight or some Turkish coffee or tea. It’s also likely that you might think of the stretchy sweetness combined with a little trick that is Turkish ice cream.


Istanbul, also known as the city of palaces, is the gateway to both Asia and Europe, as it sits on both continents. As the Bosphorus strait divides it, people call one side the “Asia side” and the other, the “Europe side”.


“Welcome to Istanbul”, my taxi driver from the airport spoke some English as well as a few words in Japanese and was very kind. But after arriving at my hotel, he kept the meter running and tried to make more through that. He said 153TRY (~$8.4) when I arrived, then said 157TRY when I was about to pay (all his credit card machines conveniently didn't work). I said no and ended up negotiating 150TRY in cash.


Be careful when taxi drivers don't stop the meter when you arrive at your destination; it actually happens a lot. You also shouldn't have to pay more for a driver not knowing how to use the credit card machine. But as always, only negotiate with a taxi driver when you feel safe doing so. I was standing outside my hotel with hotel staff nearby who could’ve helped me if needed. Just remember, avoiding being ripped off is never worth your life.


I stayed on the Europe side, where Taksim Square is the main hub along with İstiklal Caddesi, an elegant pedestrian street lined with shops, restaurants, and cafes.


After visiting the Sent Antuan Kilisesi (Sant'Antonio di Padova Church), I then enjoyed Su Borek with Malas Cheese (cheese puff pastry), Ayran (a yogurt-based beverage that is mixed with salt and ice cubes), and some chocolate baklava with pistachios for dessert. Ayran can be considered the Turkish national drink since the discovery of yogurt and is the most popular drink in Turkey and other Turkish Nations.


The next day, I ventured out to go across the Bosphorus strait to visit the Asia side of Istanbul. The machine selling the Turkey transportation card wasn’t working, so I decided to get a single ticket since that was easier. My one-way ticket was 6TRY (~0.63¢), but you can only pay in cash, so remember to have small bills with you.


I went on yet another free walking tour (don’t forget to tip) and the first place we visited was the Hagia Sophia (means “Holy Wisdom”). The famous Blue Mosque is just across the way, so it is very easy to visit both in one day. Just keep note that women will need to cover their hair and wear long sleeves when entering any mosque.


According to my tour guide, with 99% of the population being Muslim, there are over 3000 mosques.


Dogs and cats greeted me on almost every corner, and they were all very well taken care of. Turkish people apparently love animals very much.


It was nice that all transportation charged a set price for each ride regardless of if it was a boat, bus, or tram.


For lunch, I ate at this wonderful restaurant called Şirvan Sofrası and had hummus and pita bread, lentil soup, freshly grilled kebabs, and Turkish coffee. Then for dessert, I had Baklava with walnuts and Chai (Turkish black tea). The staff was very friendly and I would definitely go back if I find myself in Turkey again.


Fun fact: Turkey is the cheapest place in the world to get hair implants, so while walking around the streets, if you see people with red hats on, they're keeping their hair safe from the sun's rays while it grows.


Later on, I visited the Little Hagia Sophia and then hopped on a ferry that cruised the Bosporus strait which was 15TRY (~$2). The sunset view was gorgeous and a boat was the perfect way to end my day.


It takes about 150TRY (~$8) for a taxi to the IST airport from the city center. Something to note about Istanbul Airport / İstanbul Havalimanı (IST): It is probably the biggest airport I have visited in my entire life. The locals are very proud that it is now the world’s largest airport.


You must go through general security right after entering the airport as well, so make sure you arrive with ample time before your flight. You don't want to be the annoying person shoving people because you're stressed out that you won't make your flight.


It is a gorgeous airport, but other than its looks, it is the most inefficient airport in terms of how hard it is to find your way through it as well as the check-in process. They basically have state-of-the-art facilities but don't have enough staff to check people in and there are not ample signs to guide you to where you are going. If you get the chance to transfer through this airport, make sure you have ample time allotted.


I was able to find comfort at a newly opened Starbucks by drinking a Tall Pumpkin Spice Latte that only cost 35.5TRY (~$3.7). You could even choose from dark or light roast, rather than espresso.


Turkey is very well known for its Turkish ice cream (5TRY~7TRY for a scoop of ice cream), but as tempted as I was to try some, it didn’t seem much fun eating it alone, so it is definitely on my to-eat list for my next visit.


Random thoughts:

Look up the public transportation you plan to take in a city. There are almost always day passes or transportation cards you can buy as a tourist.


Bring a scarf, especially if you are a woman. Regardless of the season, make sure you bring one with you. In countries like Turkey that have a heavy Muslim influence, women will need to cover their hair/head when visiting a mosque. Scarves can also dub as a fashion accessory, so might as well pack one.


Next stop: Amman, Jordan


~~~~~~~


ギリシャのアテネの次に訪れたのは、トルコのイスタンブールです。


トルコというと、皆さんは何を思い浮かべますか?おそらく、ナルニア国やターキッシュ・ディライト、あるいはトルコ・コーヒーや紅茶などではないでしょうか。また、伸びやかな甘さと小技の効いたトルコ風アイスクリームを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。


宮殿の街とも呼ばれるイスタンブールは、アジアとヨーロッパの両大陸に位置するため、その玄関口でもある。ボスポラス海峡を隔てて、一方を「アジア側」、もう一方を「ヨーロッパ側」と呼びます。


空港で乗ったタクシーの運転手は、「イスタンブールへようこそ」と、英語で出迎えてくれ、日本語も片言だけ話し、とても親切にしてくれました。しかし、ホテルに到着してからも料金メーターを回し続け、それでさらに稼ごうとしました。私が到着した時は153TRY(~8.4ドル)と言い、支払おうとした時には157TRYと言いました(都合よくクレジットカードの機械がすべて動かなかったのです)。私は粘り強く断り、結局150TRYを現金で交渉しました。


目的地に到着しても料金メーターを止めないタクシードライバーには注意が必要で、実際によくあることです。また、クレジットカードの機械の使い方を知らないドライバーのせいで、高いお金を払う必要はないはずです。しかし、タクシードライバーと交渉するのは、安全だと思う時だけにして下さい。私はホテルの外に立っていて、近くにホテルの従業員がいたので、必要であれば助けてもらうことができました。ただ、ぼったくりを避けることは、決して命には代えられないという事を忘れないで下さい。


私は、タクシム広場のあるヨーロッパ側に滞在し、İstiklal Caddesiというショップやレストラン、カフェが立ち並ぶ優雅な歩行者天国を訪れました。


セント・アントゥアン・キリセシ(サンタントニオ・ディ・パドヴァ教会)を訪れた後、マラスチーズ入りス・ボレック(チーズのパイ)、アイラン(ヨーグルトをベースに塩と氷を混ぜた飲み物)、そしてデザートにピスタチオ入りチョコレートバクラヴァを楽しみました。アイランはヨーグルトが発見されて以来、トルコの国民的飲料といえるもので、トルコを始めとするトルコ諸国で最も人気のある飲み物だそうです。


翌日は、ボスポラス海峡をわたり、イスタンブールのアジア側を訪れました。トルコの交通カードを売る機械が動いていなかったので、簡単に買える1回券を購入しました。片道の切符は6TRY(~0.63セント)でしたが、現金でしか支払えないので、小額の紙幣を忘れずに持っていた方が良いと思います。


そして、イスタンブールでも無料のウォーキングツアーに参加しました(チップを渡すのを忘れずに)。最初に訪れたのは、アヤソフィア(「聖なる知恵」という意味)でした。有名なブルー・モスクはすぐ向かいにあるので、一日で両方を訪れるのはとても簡単です。ただ、女性がモスクに入るときは、髪を隠し、長袖を着用する必要があるので注意が必要です。


ガイドによると、人口の99%がイスラム教徒で、3000以上のモスクがあるそうです。


街角では犬や猫が出迎えてくれましたが、みんなよく世話をされていました。トルコ人は動物をとても愛しているようでした。


船、バス、路面電車など、すべての交通機関が一律料金なのも嬉しかったです。

 

昼食は、Şirvan Sofrası というとても美味しいレストランで、フムスとピタパン、レンズ豆のスープ、焼きたてのケバブ、そしてトルコ・コーヒーを頂きました。そしてデザートは、クルミ入りバクラヴァとチャイ(トルコの紅茶)でした。スタッフはとても親切で、またトルコに行く機会があれば是非再訪したいと思います。


面白いことに、トルコは世界で一番安く植毛できる国です。街を歩いている時に、赤い帽子をかぶっている人を見かけたら、髪が伸びるのを日光から守っているのだそうです。


その後、小アヤソフィアを訪れ、ボスポラス海峡をクルーズするフェリーに乗りました。夕日の景色は豪華で、クルーズは私の一日を締めくくるのに最適な方法でした。


イスタンブールの中心部からIST空港まではタクシーで150TRY(~$8)でした。イスタンブール空港/İstanbul Havalimanı (IST)について特筆すべきことは、私が今まで行った中で一番大きな空港だという事です。地元の人たちは、この空港が世界最大の空港であることをとても誇りに思っています。


空港に入ったらすぐに一般的なセキュリティも通らなければならないので、フライトの前に余裕を持って到着するようにしましょう。フライトに間に合わないというストレスから、人を突き飛ばすような迷惑な人にはなりたくないものです。


空港内は豪華ですが、見た目以外では、空港内の道順の分かりやすさ、チェックイン手続きのしやすさなど、最も非効率的な空港と言えます。基本的に最新の設備を備えていますが、チェックインの為のスタッフが十分でなく、行き先を案内する標識も十分ではありません。もし、この空港で乗り換える機会があれば、時間に十分余裕を持つようにして下さい。


新しくオープンしたスターバックスで、35.5TRY(~$3.7)のTall Pumpkin Spice Latteを飲んで一息をつくことができました。エスプレッソではなく、ダーク・ローストとライト・ローストからも選ぶ事ができます。


トルコといえば、トルコ・アイス(1スクープ5TRY~7TRY)が有名ですが、食べてみたい気持ちはあったのですが、一人で食べるのは余り楽しそうではなかったので、次回の訪問時に是非食べてみたいリストに載っています。


雑感:

その都市で利用する予定の公共交通機関について調べておきましょう。観光客向けに一日乗車券や交通カードが販売されていることがほとんどです。


特に女性の場合、スカーフを持参して下さい。季節に関係なく、一枚持ち歩くようにしましょう。トルコのようにイスラム教の影響が強い国では、女性がモスクを訪れる際に髪や頭を隠す必要があるからです。また、スカーフはファッション・アクセサリーとしても使えるので、荷物に入れておくと便利です。


次の目的地:アンマン、ヨルダン


~~~~~~~


希腊的雅典之后,我的下一站是土耳其的伊斯坦布尔。


当我说到 "土耳其 "这个词时,你会想到什么?也许是纳尼亚和土耳其软糖,或者一些土耳其咖啡或茶。也很可能你会想到伸缩自如的甜味与这个小把戏相结合的土耳其冰激凌。


伊斯坦布尔,也被称为宫殿之城,是通往亚洲和欧洲的门户,因为它坐落在两个大陆上。由于博斯普鲁斯海峡将其分割开来,人们称一侧为 "亚洲边",另一侧为 "欧洲边"。


"欢迎来到伊斯坦布尔",我在机场的出租车司机会说一些英语,也会说几句日语,非常亲切。但在到达我的酒店后,他一直在打表,并试图通过这个赚取更多的钱。当我到达时,他说153TRY (土耳其里拉)(约8.4美元),然后在我准备付款时说157TRY(他所有的信用卡机器都不工作)。我说不行,最后谈成了150TRY的现金。


如果出租车司机在你到达目的地时不停止打表,那就要小心了;这种情况其实很多。你也不应该因为司机不知道如何使用刷卡机而多付钱。但是,像往常一样,只有在你觉得安全的情况下,才可以与出租车司机进行谈判。我当时站在酒店外面,附近有酒店工作人员,如果需要的话,他们可以帮助我。请记住,避免被宰是永远不值得你付出生命的。


我住在欧洲一侧,那里的塔克西姆广场是主要中心,还有伊斯蒂克拉尔卡德西(İstiklal Caddesi),这是一条优雅的步行街,两旁是商店、餐馆和咖啡馆。


我参观了Sent Antuan Kilisesi(Sant'Antonio di Padova教堂),然后享受了Su Borek跟Malas Cheese(奶酪千层饼)、Ayran(一种以酸奶为基础的饮料,与盐和冰块混合),以及一些巧克力和开心果的巴克拉瓦作为甜点。自从发现酸奶以来,Ayran可以说是土耳其的国饮,是土耳其和其他土耳其国家最受欢迎的饮料。


第二天,我冒险穿过博斯普鲁斯海峡,去参观伊斯坦布尔的亚洲边。卖土耳其交通卡的机器不工作,所以我决定买一张单程票,因为这更容易。我的单程票是6TRY(约0.63美分),但你只能用现金支付,所以记得带好零钱。


我又参加了一次免费的步行之旅(别忘了给小费),我们参观的第一个地方是圣索菲亚大教堂(意为 "神圣的智慧")。著名的蓝色清真寺就在对面,所以在一天之内参观这两个地方非常容易。只是要注意,女性在进入任何清真寺时都需要遮住头发,并穿上长袖。


据我的导游说,由于99%的人口是穆斯林,这里有3000多座清真寺。


几乎每个角落都有狗和猫在迎接我,而且它们都得到了很好的照顾。土耳其人显然非常喜欢动物。


很好的是,所有的交通工具都是固定价格,不管是船、公共汽车还是有轨电车。


午餐时,我在一家名为 Sirvan Sofrası 的美妙餐厅吃饭,吃了鹰嘴豆泥和皮塔饼、喝了扁豆汤、吃了新鲜烤肉串和喝了土耳其咖啡。然后,我的甜点是核桃巴克拉瓦和茶(土耳其红茶)。工作人员非常友好,如果我发现自己再次来到土耳其,我一定会再去。


有趣的是:土耳其是世界上最便宜的植发地,所以当你在街上走动时,如果你看到戴着红帽子的人,他们为了在头发生长过程中避免阳光的照射。


后来,我参观了小圣索菲亚教堂,然后跳上了巡游在博斯普鲁斯海峡的渡轮,费用为15TRY(约2美元)。夕阳的景色很美,坐船是结束我一天的完美方式。


从市中心打车到IST机场大约需要150TRY(约8美元)。关于伊斯坦布尔机场/伊斯坦布尔哈瓦利曼尼机场(IST),有一点需要注意。这可能是我一生中去过的最大的机场。当地人对它现在是世界上最大的机场感到非常自豪。


进入机场后,你也必须经过一般的安检,所以要确保你在飞行前有充足的时间到达。你不希望成为一个恼人的人,因为你担心自己赶不上飞机而推搡别人。


这是一个华丽的机场,但除了它的外观,它是很低效的机场,因为它很容易你让你迷路以及办理登机手续的过程很困难。他们基本上拥有最先进的设施,但没有足够的工作人员为人们办理登机手续,也没有足够的标志来引导你去往哪里。如果你有机会通过这个机场转机,请确保你有充足的时间分配。


我在一家新开张的星巴克喝了一杯只花了35.5里拉(约3.7美元)的中杯南瓜香料拿铁,从而找到了安慰。你甚至可以选择深色或浅色的烘焙,而不是浓缩咖啡。


土耳其因为土耳其冰激凌而出名(5TL-7TL一勺冰激凌),但尽管我很想尝试一下,但单独吃似乎没有什么意思,所以它肯定在我下次访问时要吃的清单上。


随想:

查阅有关你打算在一个城市乘坐的公共交通的资料。作为一个游客,几乎都有日票或交通卡可以购买。


带上围巾,特别是如果你是女性。无论什么季节,确保你带着围巾。在像土耳其这样受穆斯林影响严重的国家,女性在参观清真寺时需要遮住头发/头部。围巾也可以作为一种时尚配饰,所以不妨带一条。


下一站: 约旦,安曼