• Ann K.

The City of Frankfurters・フランクフルトの街・法兰克福人之城

Updated: May 3

@Frankfurt, Germany

I am a big believer in what Benjamin Franklin once said, “Either write something worth reading or do something worth writing.” So last year in October, I embarked on a trip to visit 10 countries in one trip; a very high expectation I set for myself that I was determined to make.


My legs ached wanting adventure and escape. It was time to find meaning again within all the pieces that is life; to feel freedom comb through my hair like the air I would travel through. I packed up and headed out on my travels with two backpacks and a dream – to travel to 30 countries before I'm 30.


My tentative itinerary included the following countries: Germany, Switzerland, Austria, Slovakia, Hungary, Romania, Bulgaria, Greece, Turkey, and Jordan.


Before even departing, the first unexpected happened when I realized the international train line between Bulgaria and Greece wasn’t running due to COVID restrictions. My original plan included a final train ride from Sofia to Athens, so I had to figure out a way to get to Athens another way – the only other option was to fly.


After calculating the costs for the train trips I was planning to take, merely looking at the price, the Eurail Pass was not worth it. But despite it not technically saving me much money (it will if you travel the more popular European countries), I ended up getting it because the convenience was worth it.


Now that the Eurail Pass has an APP, you can make a tentative plan on the Rain Planner App and plan your trip ahead of time. Compounded by reduced numbers of trains as well as suspended lines due to COVID-19, having the Eurail pass to simply flash around a QR code proved to be the best decision I made for this trip.


My first stop was Frankfurt, Germany.


A cloudy Frankfurt welcomed me to Germany, the “Land of Poets and Thinkers.” My COVID-19 vaccination card was enough to get me into Germany and all I had to do was complete a Passenger Locator form before departure and save it as a PDF.


At the Frankfurt (Main) Hauptbahnhof train station, there are lockers there that you can rent. I paid 5 euros for a medium-sized one so that I didn’t have to carry around my luggage.


I made stops at the Main Tower, where you can get a panoramic view 200m high as well as the Römerberg (“Roman Mountain”), which is the historic heart of Frankfurt.


The signature drink of Frankfurt is Apfelwein, which is like an apple cider and if you get the chance, you should definitely try German pancakes. Last but not least, don’t forget to try Bratwurst (German sausage) before heading out.


Next stop: Zurich, Switzerland


~~~~~~~


私はベンジャミン・フランクリンの名言、「読む価値のあるものを書くか、書く価値のあることをしなさい」という言葉にとても賛同しています。なので、昨年の10月、とても高い期待を胸に、私は10カ国を訪れる旅に出る事にしました。


私の足は冒険と逃避を欲して痛んでいた。人生という断片の中に再び意味を見出し、自由を旅をする時に通る空気のようにスーッと感じたかったのです。そして30歳までに30カ国を旅するという夢を抱き、2つのバックパックを背負って旅に出ました。


私の暫定的な旅程には、次のような国々が含まれていました:ドイツ、スイス、オーストリア、スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、ギリシア、トルコ、そしてヨルダン。


出発前、最初の予期せぬことが起り、ブルガリアとギリシャを結ぶ国際列車が動いていないことに気づいた。当初の予定では、ソフィアからアテネまで列車で移動することになっていたので、アテネまで列車ではなく、飛行機で移動する方法をすぐに考えなければならなかったのです。


その結果、ユーレイルパスを利用する価値はないことがわかった。しかし、根本的にはあまり節約にならないにもかかわらず(ヨーロッパの人気のある国を旅行する場合は節約になります)、私にとっては便利さに価値があったので、結局購入することにしました。


ユーレイルパスにはアプリがあるので、レイルプランナーというアプリで仮の計画を立て、事前に乗る列車を決めておけます。COVID-19による運休や列車本数の減少もあり、ユーレイルパスのQRコードを見せるだけで簡単に移動できたので、この旅で一番良い決断だったと思います。


最初の目的地はドイツのフランクフルト。


やや曇り空のフランクフルトは、「詩人と思想家の国」ドイツに私を迎えてくれました。COVID-19の予防接種カードだけでドイツに入国でき、あとは出発前にPassenger Locatorフォームを記入し、PDFを保存しておくだけで大丈夫でした。


フランクフルト(マイン)中央駅には、借りることができるロッカーがあり、私は5ユーロを払って中くらいの大きさのロッカーを借り、荷物を持ち歩かなくて済むようにしました。


高さ200mのパノラマビューが楽しめるマインタワーや、フランクフルトの歴史的中心地であるレーマーベルク(ローマ広場)にも立ち寄りました。


フランクフルトの代表的な飲み物はアップルサイダーのようなApfelweinで、もし機会があればドイツのパンケーキをぜひ試してみてください。最後になりますが、帰られる前にブラートヴルスト(ドイツソーセージ)を食べるのをお忘れなく。


次の目的地:チューリッヒ、スイス


~~~~~~~


我非常相信本杰明-富兰克林曾经说过的话,“要么写一些值得读的东西,要么做一些值得写的事情。” 因此,去年10月,我开始了访问10个国家的旅行;我为自己设定了一个非常高的期望,希望能够实现。


我的腿很痛,想要冒险和逃避。是时候在生活的所有碎片中再次找到意义了;感受自由就像我将要旅行的空气一样,梳理我的头发。我收拾好行李,带着两个背包和一个梦想出发了— 在我30岁之前去30个国家旅行的梦想


我暂定的行程包括以下国家:德国、瑞士、奥地利、斯洛伐克、匈牙利、罗马尼亚、保加利亚、希腊、土耳其和约旦。


还没出发,第一个意外就发生了,我发现保加利亚和希腊之间的国际列车线路因COVID-19没有运行。我最初的计划包括从索非亚到雅典的最后一趟火车,所以我不得不想出一个办法来代替火车前往雅典 — 唯一的选择就是飞机。


在计算了我计划乘坐的火车行程的费用后,仅仅看价格,Eurail欧铁通票是不值得的。尽管从技术上讲,它并没有为我节省多少钱(如果你去更受大众欢迎的欧洲国家旅行,它就会节省),但是我最后还是买了它,因为它还是很便利的。


现在Eurail欧铁通票有一个APP,你可以在Rain Planner应用上做一个暂定的计划,提前计划想坐的火车。再加上火车数量减少以及因COVID-19而暂停的线路,购买可以简单通过扫描二维码乘车的Eurail通票,证明是我为这次旅行做出的最好的决定。


我的第一站是德国的法兰克福。


多云的法兰克福欢迎我来到德国,一个 "诗人和思想家之国"。我的COVID-19疫苗接种卡足以让我进入德国,我所要做的就是在前往德国前完成一份乘客定位表,并将其保存为PDF格式。


在法兰克福火车总站,那里有储物柜,你可以租用。我花了5欧元租了一个中等大小的,这样我就不用随身携带行李了。


我参观了美茵塔,在那里你可以看到200米高的全景,还参观了罗马贝格广场 (Römerberg),它是法兰克福的历史中心。


法兰克福的特色饮料是Apfelwein,它就像一种苹果酒,如果你有机会,你一定要试试德国煎饼。最后但并非最不重要的是,离开前别忘了尝尝Bratwurst(德国香肠)。


下一站:苏黎世,瑞士