top of page

The Bull Skin・ブルの皮・公牛皮

Updated: May 25, 2023

@Madrid, Spain

My next stop after Lisbon, Portugal was Madrid, Spain. It is a country also known as “The Bull Skin” (La Piel de Toro) because it is so well known for bullfighting. It is also said to refer to the shape of the country as a bull skin stretched out under the sun.


I started off my adventure in Madrid with a good friend of mine by visiting the Plaza Mayor and Saint Michael Market. At this market, you can eat almost anything your heart desires as the stalls are lined with restaurants eager to serve up Spain delicacies along with some local wine.


The Royal Palace of Madrid is an iconic tourist spot as it is the largest royal palace in Europe. If you get the chance to peek into the Catedral de la Almudena, it has a beautiful colorful interior with wine-colored hues.


Strolling along C. de la Cava Baja, you’ll encounter restaurants, taverns, and tapas bars. We found a hidden-away tapas bar called Matador, which was packed full of locals, which is always a great sign. We had albonfigas de ternera caderas (homemade veal meatballs), tortilla espanola (Spanish potato omelet), lacon a la gallega (Galician cooked ham), and tinto de verano (red wine + soda like Sprite).


Tapas and wine are a must-have when visiting Spain. You can find them mostly anywhere, but it is always best to visit a tapas bar because their selections will be better.


The next day for lunch, we had their famous Paella and some Arroz Con Leche (Rice pudding) for dessert. The paella was so big that I was taken aback when the waiter brought it to the table. It was an experience you can only have at a traditional Spanish restaurant as we did.


El Retiro Park is one of the largest parks in the city and has a lake where visitors can ride paddle boats. It boasts stunning gardens, monuments, and fountains as well as the Palacio de Cristal, a museum made of glass.


I had always heard of how churros came from Spain, so was very happy to have time to visit Chocolatería San Ginés where they serve up freshly made Churros and Porras (slightly thicker and spongier). Order it with a cup of hot chocolate for dipping and a cappuccino so you don’t get overloaded with sweetness. This chocolate store even had menus posted in multiple languages, so you shouldn’t have any issues ordering.


Random thoughts:

The Schengen area is defined as the following 27 countries: Austria, Belgium, Czech Republic, Croatia, Denmark, Estonia, Finland, France, Germany, Greece, Hungary, Iceland, Italy, Latvia, Liechtenstein, Lithuania, Luxembourg, Malta, Netherlands, Norway, Poland, Portugal, Slovakia, Slovenia, Spain, Sweden, and Switzerland. If you are arriving on a flight from the Schengen area, you must leave that airport area in order to get to gates that do not fly within the Schengen countries.


Don’t forget to pack a small foldable umbrella. You can use it in the rain or to even protect yourself from excessive heat.


If you are planning on traveling to Europe, but do not plan on using the Eurail Pass, the following are good apps to check out: Omio, Trainline, Rail Europe, and Rome2rio.



~~~~~~~


ポルトガルのリスボンの次に訪れたのは、スペインのマドリードでした。闘牛で有名な国なので、「牛の皮」(La Piel de Toro)とも呼ばれる。また、国の形が太陽の下で伸びた牛の皮のような形をしていることから、こう呼ばれているそうです。


マドリードでの冒険は、親友と一緒にマヨール広場とサン・ミカエル市場を訪れたことで始まりました。この市場では、スペイン料理と地元のワインを提供するレストランが屋台のように並んでいるので、心のゆくまま、何でも食べることができます。


マドリード王宮は、ヨーロッパ最大の王宮であり、観光の象徴的なスポットです。アルムデナ大聖堂は、ワイン色に染まったカラフルな内装が美しいところです。


C. de la Cava Bajaの通りを散策していると、レストランや居酒屋、タパス・バーが数多くあります。私たちはMatadorという隠れ家的なタパス・バーを見つけ、地元の人たちでいっぱいでした。私たちは、Albonfigas de ternera caderas(自家製子牛のミートボール)、Tortilla espanola(スペイン風ポテトオムレツ)、Lacon a la gallega(ガリシア風ローストハム)、Tinto de verano(赤ワイン+スプライトなどのソーダ)をいただきました。


スペインを訪れる際には、タパスとワインは、欠かせないものです。どこででも食べる事が可能ですが、タパス・バーの選択肢が一番良いので、訪れてみるのが良いと思います。


翌日の昼食は、有名なパエリアとデザートのArroz Con Leche(ライスプディング)を食べました。パエリアはとても大きく、ウェイターがテーブルまで運んできた時はびっくりしました。伝統的なスペイン料理店でしか味わえない体験でした。


エル・レティーロ公園は、市内で最も大きな公園の一つで、パドルボートに乗ることができる湖があります。素晴らしい庭園、モニュメント、噴水、そしてガラスでできた美術館、パラシオ・デ・クリスタルが有名です。


チュロスはスペインから伝わったと聞いていたので、時間ができた時にChocolatería San Ginésを訪れ、作りたてのチュロスとポラス(少し厚めでスポンジ状)を食べる事ができ、とても嬉しかったです。ディップ用のホットチョコレートやカプチーノと一緒に注文すると、甘いものを食べ過ぎずに済みます。このチョコレート店には多言語でメニューが掲示されているので、注文に困ることはないでしょう。


雑感:

シェンゲン圏とは、下記の27カ国を指します: オーストリア、ベルギー、チェコ、クロアチア、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、そして、スイス。シェンゲン協定加盟国からのフライトで到着した場合、シェンゲン協定加盟国内を飛行しないゲートに行くには、その空港エリアを一度出なければなりません。


小さな折り畳み傘を忘れずに用意してください。雨の日や暑さ対策に使えます。


ヨーロッパへの旅行を計画しているが、ユーレイルパスを使用する予定がない場合、下記のアプリをチェックすると良いでしょう: Omio、Trainline、Rail Europe、Rome2rio。


次の目的地: フィリピン、マニラ


~~~~~~~


葡萄牙的里斯本之后,我的下一站是西班牙的马德里。这是一个也被称为 "牛皮"(La Piel de Toro)的国家,因为它因斗牛而闻名。据说这也是指这个国家的形状是在阳光下伸展的公牛皮。


我和我的一个好朋友开始了在马德里的冒险,参观了马约尔广场和圣迈克尔市场。在这个市场上,你几乎可以吃到任何你想吃的东西,因为摊位两旁都是急于提供西班牙美食的餐馆,同时还有一些当地葡萄酒。


马德里皇宫是一个标志性的旅游景点,因为它是欧洲最大的皇宫。如果你有机会看一下阿尔穆德纳大教堂,它的内部有一个美丽的葡萄酒色系,色彩斑斓。


沿着C. de la Cava Baja漫步,你会遇到餐厅、小酒馆和小吃店。我们找到了一个隐蔽的塔帕斯酒吧,名叫 "Matador",里面挤满了当地人,这总是一个好兆头。我们吃了albonfigas de ternera caderas(自制小牛肉丸)、tortilla espanola(西班牙土豆煎蛋卷)、lacon a la gallega(加利西亚熟火腿)和tinto de verano(红酒+雪碧等苏打水)。


塔帕斯(餐前小吃)和葡萄酒是访问西班牙时不会想错过的。你可以在任何地方找到它们吃,但最好是去塔帕斯酒吧,因为他们的选择会最好。


第二天的午餐,我们吃了他们著名的海鲜饭和一些Arroz Con Leche(米饭布丁)作为甜点。西班牙海鲜饭是如此之大,以至于当服务员把它端到桌上时,我吃了一惊。这是一种只有在传统的西班牙餐厅才能有的体验。


埃尔雷蒂罗公园(El Retiro Park)是该市最大的公园之一,有一个湖,游客可以乘坐划艇。它拥有令人惊叹的花园、纪念碑和喷泉,以及水晶宫(Palacio de Cristal),一个由玻璃制成的博物馆。


我一直听说churros是如何来自西班牙的,所以非常高兴有时间去访问Chocolatería San Ginés,他们提供新鲜的Churros和Porras(稍厚和海绵状的)。点餐时可以搭配一杯热巧克力蘸着吃,也可以搭配卡布奇诺,这样你就不会被甜味所淹没。这巧克力店甚至有多国语言的菜单,所以你应该不会有任何订购问题。


随想:

申根地区被定义为以下27个国家: 奥地利、比利时、捷克共和国、克罗地亚、丹麦、爱沙尼亚、芬兰、法国、德国、希腊、匈牙利、冰岛、意大利、拉脱维亚、列支敦士登、立陶宛、卢森堡、马耳他、荷兰、挪威、波兰、葡萄牙、斯洛伐克、斯洛文尼亚、西班牙、瑞典和瑞士。如果你乘坐的是来自申根地区的航班,你必须离开该机场区域,才能到达不在申根国家内飞行的登机口。


不要忘记带一把可折叠的小雨伞。你可以在雨中使用它,甚至可以保护自己免受过度的高温。


如果你打算去欧洲旅行,但不打算使用Eurail欧铁通票,以下是可以查看的好的应用程序: Omio, Trainline, Rail Europe, 和Rome2rio。


下一站: 马尼拉,菲律宾
















Comments