top of page

Please Stop Calling Me a “Model Minority”・私を「モデル・マイノリティ」と呼ぶのは止めてください・请别再叫我“模范少数族裔”了

Updated: May 16

I may not have very dark skin, but unfortunately this fact has not kept anyone from discriminating against me or being racist. Asians have always been receiving hatred throughout history; the outbreak of COVID-19 simply gave people an excuse to openly conduct their racist ideology.


Some people keep telling me that since I'm a “Model Minority”, then my life must be better than darker colored people because at least people think I can accomplish things in life. At least people think good things when they see me and don't point a gun at my head, so my life must be so much better. 


Yet, “you're smart because you're Asian” has never been so far from the truth, I just never had the courage to deny it because I was smart -- I fit the stereotype so perfectly. But I only later realized that the reason my GPA was way over 4.3 was not because I genetically inherited a genius gene, but because I worked super hard and studied like crazy. 


It was never supposed to be a comparison. 


Lives are worth so much more. 


What a lot of people don't see is racism in expectations to act better, be better, and get better jobs because I'm half Asian. Except people don’t see the white half of me, just the Asian half, and decide my life should emulate the race I physically resemble more closely.


I'm supposed to play an instrument and it definitely has to be the piano or the violin. How dare I make a B on anything as it would offend my ancestors and bring shame to my entire family.


It's the stress and pressure to be someone I'm not, to be a “model” to others when I never wanted to be one. Verbal abuse and microaggressions can tear so many down and put them on the brink of taking their own lives. It's the praise that never comes because being smart is already expected and you must not deter from the path of “smart.” 


No one sees the white half of me who's supposed to be “stupid” and not as smart as an Asian. I never got the benefit of the doubt of being blonde because my Japanese genes manifest stronger in my appearance. I still don't fit in with the other white people because I'm looked at as simply being an “Asian.”


Life isn't supposed to be a competition in this way.


Why are we comparing lives as if one is more valuable than the other based on how dark one's skin is? 


Why is one a “model” and another not?


We should be standing in other's shoes and working towards seeing other views that may not be the same as our own.


But yet…here we stand, divided more than ever over trivial facts that aren't the whole picture of a certain race.


Your skin color shouldn't matter. 


I hope to strive for a world that fosters an environment where people can share thoughts together, despite differences in social status, religion, orientation, or the color of your skin -- where a “how are you?” really truly means, “We see you. We want to get to know you. We care.”


You can dress up as anything for Halloween, despite your skin color. 


So don’t take away the chance for me to dress up as Alice in Wonderland because I don’t look as white as you.


Despite all this, I have a dream for a community: one where people don't judge each other based on their looks, but by the smile they exude.


When was the last time you judged someone based on the color of their skin?


Will you choose to see someone’s smile and not their skin color?


~~~~~~~


私の肌はあまり黒くないかもしれないが、残念ながらこの事実は、人種差別的行動や差別を受けるのを妨げだことは無い。2019年のコロナは、人種差別を公然と行う言い訳を人々に与えたに過ぎないのです。


私が「モデル・マイノリティ」であることから、私の人生は有色人種よりも良いに違いないと言い続ける人がいる。少なくとも人々は私を見て良いことを考え、私の頭に銃を突きつつけたりしないから、私の人生はずっと良いに違いない、と。


しかし、「アジア人だから頭が良い」というのは、真実からとてもかけ離れており、私は頭が良いから、ステレオタイプにピッタリ当てはまり、それを否定する勇気が無かったのです。私のGPAが4.3を遥かに超えていたのは、天才の遺伝子を受け継いでいたからではなく、一生懸命努力をし、狂ったように勉強したからだと、後になって初めて気づいたのです。


元から、比較するべきものではないのです。


命にはもっと価値があるのではないでしょうか?


多くの人が気づかないのは、私がアジア人のハーフだから、より良く振る舞い、より良くなり、より良い仕事に就くことを期待する人種差別が存在する事です。ただし、人々は私の白人の半分を見ず、アジア人の半分だけを見て、私の人生は見た目と最も同調する人種を模倣するべきだと決めているのです。


私は楽器を演奏するべきことになっており、それは絶対にピアノかバイオリンでなければならない。Bの成績評価は不適正であり、先祖を怒らせ、家族全員に恥をかかせることになるからだ。


こうなりたいと思ったことは一度もないのに、他人の「模範」にならなければならないというストレスとプレッシャー。言葉による虐待やマイクロ・アグレッションは、多くの人を引き裂き、自ら命を絶つ瀬戸際に追いやるのです。頭が良いということはすでに期待されていることであり、「頭が良い」という道から外れてはならないのだから。


そして、アジア人ほど賢くなく、「バカ」であるはずの私の白人の半分を、誰も見ていない。日本人の遺伝子が私の外見に強く現れているからです。未だに他の白人の人達に余り馴染めない。なぜなら、私は単に 「アジア人 」として見られているからだ。


人生はこのように競争するものではないはずだ。


なぜ私たちは、肌の黒さによって他よりも価値があるかのように人生を比較するのでしょうか?


なぜある人は 「模範」で、別の人は「模範」ではないのか?


私たちは他の人の立場に立ち、自分とは違うかもしれない他の意見を見ようと努力すべきなのです。


なのに。。。私たちは今、ある人種の全体像ではない些細な事実を議論し、これまで以上に分断している。


肌の色は重要ではないはず。


だから私は、社会的地位、宗教、志向、肌の色の違いにも関わらず、人々が共に考えを分かち合えるような環境が育まれる世界を目指したいのです。「元気ですか?」との問いかけがただの挨拶だけではなく、「あなたのことを知りたい。あなたを気にかけています。あなたには価値がある」のだと感じ取ってもらえるような正直な心構えを持ちたいのです。


肌の色関係なく、ハロウィンにはどんな仮装でもできる世の中であるべき。


あなたほど肌が白くないからといって、私が不思議の国のアリスの仮装をするチャンスを奪わないで欲しい。


このような状況にも関わらず、私にはコミュニティを作る夢がある。人々がお互いを外見で判断するのではなく、その人が醸し出す笑顔で判断するようなコミュニティを。


最後に肌の色で人を判断したのはいつですか?


肌の色ではなく、その人の笑顔を見ることを選びますか?


~~~~~~~


我的皮肤可能不是很黑,但不幸的是,这并没有阻止任何人对我的歧视或种族歧视。从古至今,亚洲人一直受到人们的仇视;COVID-19的爆发只是给了人们一个借口,让他们可以公开表达他们的种族主义观念。


有些人一直对我说,既然我是 “模范少数族裔”,那么我的生活一定比深色人种要好,因为至少人们认为我能在生活中有所成就。至少人们看到我时都会往好的方面想,不会用枪指着我的头,所以我的生活一定好得多。


然而,“你很聪明,因为你是亚洲人” 这句话远离过事实,只是我从来没有勇气否认,因为我很聪明--我完全符合人们的刻板印象。但我后来才明白,我的 GPA 远远超过 4.3,并不是因为我遗传了天才基因,而是因为我超级努力,疯狂学习。


这本来就不应该是一种比较。


生命的价值远不止于此。


很多人没有看到的是,因为我有一半亚裔血统,所以人们期望我表现得更好、更优秀、找到更好的工作,这就是种族主义。只是人们没有看到我的白人血统,只看到了我的亚裔血统,并决定我的生活应该模仿我身体上更像的种族。


我应该会一种乐器,而且必须是钢琴或小提琴。我怎么敢在任何事情上得到B,因为这会冒犯我的祖先,让我的整个家族蒙羞。


压力让我必须成为一个不是我的人,成为别人的 “榜样”,而我从未想过要成为这样的人。辱骂和微词会让很多人崩溃,让他们濒临自杀的边缘。这是永远不会出现的赞美,因为聪明已经是众望所归,你绝不能偏离 “聪明”的道路。


没有人会看到应该是 “愚蠢”,而没有亚洲人聪明的我一半的白人部分。我从来没有得到过金发碧眼的好处,因为我的日本基因在我的外表上表现得更强烈。我仍然无法融入其他白人的圈子,因为我在别人眼里只是一个 “亚洲人”。


生活不应该是这样的竞争。


我们为什么要比较生命,好像一个人比另一个人更有价值,就因为他的皮肤有多黑?


为什么一个是 “模范” 而另一个不是?


我们应该站在他人的立场上,努力看到与自己观点不同的其他观点。


然而......我们却站在这里,因为一些无关某个种族全貌的琐事而产生了前所未有的分歧。


你的肤色并不重要。


我希望努力创造这样一个世界:在这样一个环境中,人们可以一起分享思想,尽管社会地位、宗教、取向或肤色不同--在这里,一句 “你好吗?” 真正意味着 “我们看到你了。我们想了解你。我们关心你。”


万圣节你可以装扮成任何东西,尽管你的肤色不同。


所以,不要因为我看起来不像你那么白,就剥夺我装扮成爱丽丝梦游仙境的机会。


尽管如此,我还是有一个社区梦。在这个社区里,人们不以长相来评判对方,而是以他们的微笑来评判对方。


你上一次根据肤色评判别人是什么时候?


你会选择看一个人的微笑而不是他的肤色吗?


2 komentáře

Hodnoceno 0 z 5 hvězdiček.
Zatím žádné hodnocení

Přidejte hodnocení

I agree! Stereotypes can be really harmful even if they are “positive” traits. The pressure that’s felt, whether telling people they’re good or bad, just because of their genes isn’t fair and can make it hard for people to become the best versions of themselves on their own. I do hope for a world where race or ethnicity is not a factor in how people are treated or “expected to act.”

To se mi líbí
Ann K.
Ann K.
(16. 5.)
Reakce na

I hope so, too! Thanks for sharing your thoughts!

To se mi líbí
bottom of page