top of page
  • Ann K.

Just Keep Swimming・泳ぎ続けること・继续游泳


I still remember these words Dory says in the movie, Nemo: “Just keep swimming. Just keep swimming. Just keep swimming, swimming, swimming. What do we do? We swim, swim.”


Dory encourages Marlin to not give up and keep looking for his son, Nemo with these words. I believe this sums up my advice for what to do when life gets hard.


Life is unfortunately not always filled with unicorns and rainbows – it can sometimes be filled with confusion, heartbreak, and tears, depression; one might even say, it’s simply terrifying. The tide seems to rush up against you and it will try and wash you away on a route you never intended to swim on.


Sometimes, swimming against the current may just be the hardest thing you have ever done. What I believe people don’t talk about enough is the fact that life is tough and you don’t have to “be strong” or “get over it”. It is okay to admit that you don’t know what to do and to be sad.


But within it all, you always have the choice to look for the silver lining and if you can’t find one, to create one and keep going. Despite how it may feel in the moment, you can overcome your fears and doubts. You know what getting up from something feels like because you already know what rock bottom feels like.


A vital part of becoming an adult is facing adversity and realizing that something matters more than negative voices. You get hurt; it doesn’t mean you stop swimming. Keep swimming, proudly displaying your scars because those are proof that you are a fighter.


To be honest, I have on multiple occasions wanted to stop swimming and just didn’t care if I drowned. Yet as I kept swimming forward, I lived and learned. I know how to swim and would love to talk with you about it if you ever want to reach out.


Continuing to keep swimming doesn’t mean all of your worries and fears just wash away. It means realizing that being human is a beautiful yet fragile thing, so sometimes it’s okay to swim at a slower pace – just don’t stop swimming.


Perhaps being broken down is the only way to build yourself up again stronger than before. Because everything in life will seem unimaginable until it is achieved.


Perhaps standing tall and declaring that we will not let our emotions own us – that they will definitely be a part of our story, but they will not define who we are. That is what shows who we truly are.


“You can look for the pain, the loss, the unbearable. Or you can look for the beauty, the grace, the miracle.” -Grey's Anatomy


You being here right now and reading this blog post; I believe the fact that you have life is enough of a cause for celebration.


“Like a well-worn stuffy that has been dragged everywhere and slept with every night and hugged to tatters, we become real through our wear and tear. By healing from the cruelty we didn’t deserve. By keeping a soft heart for those who need us. By being loved imperfectly and loving imperfectly. In both, we changed. And keep changing. We were not kept in a box on a shelf, and it shows.” -Good Enough by Kate Bowler


Don't let one more second go by where you doubt yourself.


=====

*If you or anyone you know needs help with keeping on swimming, please know there are people who care.


For within the U.S., call The Suicide & Crisis Lifeline by dialing 988

Find Out More

More Resources


~~~~~~~


映画『ファインディング・ニモ』の中でドリーが言ったこの言葉を今でも覚えています:「(歌いながら)泳いで、泳いで、泳ぎ続けるのよ。泳ぐ、泳ぐ。私たちは泳ぐ~」


ドリーはこの言葉でマーリンに諦めずに息子のニモを探し続けるように励まします。これは、人生が困難に陥った時にどうしたらいいかというアドバイスをまとめたものだと私は思っています。


人生は残念ながら、いつも楽しさで満たされているわけではありません。時には混乱、失恋や涙、落ち込みで満たされる事もあり、それは逆に恐ろしいとさえ言えるかもしれません。潮の流れは、あなたに向かって押し寄せてくるようで、泳ぐつもりのない道筋へあなたを押し流そうとします。


時には、流れに逆らって泳ぐことが、これまで最も困難なことかもしれません。私が思うには、余り語られないのは、人生は厳しいものであり、「強くなる」「乗り越える」必要はない、という事実です。どうしたらいいのか分わからない時や悲しいと思う事はあってもいいのです。


しかし、その中で、希望の光を探し、もし見つからなかったら、希望の光を見つけて出し、進み続けるという選択肢が常にあるのです。どんなものを感じても、恐怖や疑念を克服することはできます。あなたは、どん底から立ち上がることがどんな感じなのか、既に知っているのですから。


大人になる為に必要なことは、逆境に立ち向かい、否定的な声よりも大切なものがあることに気づくことです。傷ついても、泳ぐのをやめないこと。傷跡は、あなたがファイターであることの証なのです。


正直なところ、私は何度も泳ぐのを止めようと思った事があり、溺れてもいいやと思った事もあります。でも、泳ぎ続けたことで、生きていることを実感できたのです。私は「泳ぎ方」を知っているので、もし泳ぎ方のコツを知りたかったら、是非連絡を下さい。


泳ぎ続けるということは、悩みや恐怖がすべて洗い流されるという事ではありません。人間というのは美しくも脆いものなので、時には泳ぐペースを落としても良いのです--ただ、泳ぎを止めてはいけないのです。


崩れても、それがまた前より強く自分を作り上げる方法なのかもしれません。なぜなら、人生における全てのことは、それが達成されるまでは想像を絶するものに思えるからです。


ですから、背筋を伸ばし、感情に支配されないと宣言する事が重要なのです。感情は私達の物語の一部であることは間違いありませんが、私たちが誰であるかを決めるものではありません。それこそが、私たちの真の姿を示すものなのです。


「痛み、喪失感、耐えがたいものを探すことはできます。もしくは、美しさ、優しさ、奇跡を探すこともできるのです。」-グレイズ・アナトミー


今、ここにいて、このブログ記事を読んでいるあなたには、命があるという事実だけでも十分祝うべきことだと思います。


「どこにでも引きずり込まれ、毎晩一緒に眠り、ボロボロになるまで抱きしめられた使い古しの布団のように、私たちは消耗することで本物になるのです。私たちが受けるに値しない残酷な仕打ちから復帰することによって。私たちを必要とする人たちのために柔らかい心を保つことによって。不完全に愛され、不完全に愛することによって。その両方において、私たちは変わり、これからも変わり続けるのです。私たちはただ単に棚の上の箱に収納されていなかったことが表されているのです。」-ケイト・ボウラー著「グッドイナフ」


あと1秒たりとも、自分を疑うようなことはしないで欲しいです。


=====

*泳ぎ続けることについて、あなたやあなたの知り合いが助けを必要としているなら、相談できる人たちがいます。


日本国内では、自殺・クライシス・ライフライン0120-279-338に電話できます。

電話相談窓口


~~~~~~~


我仍然记得电影《海底总动员》中多莉说的这些话: "继续游泳。就这样一直游下去。就这样一直游,一直游,一直游。我们做什么?我们游泳,游泳。"


多莉用这些话鼓励马林不要放弃,继续寻找他的儿子尼莫。我相信这总结了我对生活中遇到困难时该怎么办的建议。


不幸的是,生活并不总是充满独角兽和彩虹--它有时会充满困惑、心碎和泪水、抑郁;人们甚至可以说,它简直令人恐惧。潮水似乎冲着你而来,它将试图把你冲到你从未想过要游的路线上。


有时,逆流而上可能是你做过的最难的事情。我相信人们谈得不够多的是,生活是艰难的,你不必 "坚强 "或 "克服它"。承认你不知道该做什么,并感到悲伤是可以的。


但在这一切中,你总是可以选择寻找一线生机,如果你找不到,就创造一个,继续前进。不管当下可能感觉如何,你可以克服你的恐惧和疑虑。你知道跌倒爬起来的感觉,因为你已经知道谷底是什么感觉。


成为成年人的一个重要部分是面对逆境,意识到有些东西比负面的声音更重要。你会受伤;这并不意味着你停止游泳。继续游泳,自豪地展示你的伤疤,因为这些是你是一个斗士的证明。


说实话,我曾多次想停止游泳,只是不在乎自己是否淹死了。然而,当我继续向前游时,我就会活到老,学到老。我知道如何游泳,如果你想联系我,我很愿意和你谈谈这个问题。


继续保持游泳并不意味着你所有的忧虑和恐惧都会被冲走。它意味着意识到做人是一件美丽而又脆弱的事情,所以有时以较慢的速度游泳是可以的--只是不要停止游泳。


也许被打垮是,可以把自己重新建立得比以前更强大的唯一的方法。因为生活中的一切在实现之前都会显得难以想象。


也许站在高处,宣布我们不会让我们的情绪掌控我们--它们肯定会是我们故事的一部分,但它们不会定义我们是谁。这就是显示了我们真正是谁。


"你可以寻找痛苦、损失、无法忍受的东西。或者你可以寻找美丽、优雅、奇迹"。-《灰色实习》杂志


你现在在这里,阅读这篇博文;我相信你活着的事实就足以让人庆幸。


"就像一个被拖着到处走、每天晚上和它一起睡、被抱得破破烂烂的破烂,我们通过我们的打磨变得真实。通过从我们不应该得到的残酷中愈合。通过为那些需要我们的人保持一颗柔软的心。通过不完美地被爱和不完美地去爱。在这两方面,我们都改变了。并继续改变。我们没有被关在架子上的盒子里,这表明了这一点。" -凯特-鲍勒的《足够好》。


不要让你怀疑自己的时间再过去一秒。


bottom of page