• Ann K.

Finding Your Voice・あなたの声を見つけよう・寻找你的声音

Updated: Feb 26

@Hiroshima, Japan

In Japan, it's frowned upon to speak up, have different opinions, or disagree with a higher-up. After growing up in Japan my whole childhood, I was shocked when I moved to Texas at 14 and no one "read the air" and asked me about my opinion. They all assumed I didn't have one since I didn't speak up. I had a voice, but it couldn't be heard, not because I couldn't speak English like they thought, but because I didn't open my mouth and speak.


I hadn't found my voice yet.


Honestly, at almost 27, I'm still finding my voice. It's hard to express myself clearly in the midst of outspoken people in the States and I often stick out like a sore thumb expressing myself too much in Japan. But I've also come to realize that it's not all about making sure people hear your voice - it's about voicing what matters the most to you, despite the cultural barriers you may face.


I hope cultural and social structures never ever keep you from voicing what you believe in. Don't just drift with the tides, stand up amidst them. And in the midst of it all, be careful not to blindly believe in lies wrapped in truth.


"Don’t let fear keep you quiet.

You have a voice, so use it.

Speak up.

Raise your hands.

Shout your answers.

Make yourself heard.

Whatever it takes,

Just find your voice.

And when you do, fill the damn silence."

(Meredith Grey, Grey’s Anatomy)

Are the decisions you make simply reproducing the existing social and cultural structures?


What is a decision you can make, that will challenge those social and cultural structures to make it better for our next generation?


Here's to making history and standing up for what you believe in.


Your voice matters, just like every other voice.


Another voice isn’t wrong but shutting it out is.


Let's fill the silence with the voices of unity, not division.


Let’s find solutions, not blame.


Let’s create a tomorrow we’re proud of, together.


~~~~~~~


日本では、自己主張をしたり、異なる意見を持ったり、地位が高い人の意見に反対したりするのは嫌われます。私は子供の頃日本で育った後、14歳の時にテキサスへ引っ越しました。そこでは誰も「空気を読み」、私の意見について尋ねる人はいませんでした。彼らは皆、私が発言しなかったので、意見は無いと思ったのです。声は出せたのに、誰にも聞こえませんでした。それは彼らが思っていたように英語が話せなかったのではなく、口を開けて話さなかったからです。


まだ自分の声を見つけていなかったのです。


正直、もうすぐ27歳になるのに、まだ自分の声を探しています。アメリカの口数が多い人の中ではっきりと自分を表現することは難しく、日本では自己主張が強すぎるので、場違いになってしまう事も度々あります。しかし、私は人々が自分の声を確実に聞くことが全てではないことに気づきました。それは、直面するかもしれない文化の壁にもかかわらず、あなたにとって最も重要なことを声に出すことの大切さです。


文化的および社会的な構造によって、自分が信じていることを発声することが決して妨げられないことを願います。流されるだけではなく、あえてその流れの中で立ち上がる。そして、その真っ只中、真実に包まれた嘘を盲目的に信じないように注意してください。


「恐れのあまり静かにならず、

もっている声を使ってください。

声を上げ、

手を挙げてください。

あなたの答えを叫んでください。

自分の声が聞こえるように、

一生懸命、

ただあなたの声を見つけてください。

そうしたら、いまいましい沈黙を埋めてください。」

(メレディスグレイ、グレイの解剖学)

あなたが行う決断は、単に既存の社会的および文化的構造を再現することですか?


私たちの次世代の将来をより良いものにする為に、あなたができる社会的および文化的構造に対する挑戦は何ですか?


あなたが信じているものの為に立ち上がり、歴史を作っていきましょう。


あなたの声は重要ですが、他のすべての声も同じく重要です。


別の声だからと間違っているのではなく、それらの声を締め出すのが間違っています。


分裂ではなく団結の声で沈黙を埋めよう。


非難ではなく解決策を見つけよう。


共に誇りに思う明日を作ろうではないか。

~~~~~~~


在日本,自我主张,意见不一,与上层人士意见相左的人不太受欢迎。在日本度过我的童年时代后,我在14岁时搬到德克萨斯州时感到震惊,没有人“KY(读取气氛空气)”并询问我的看法。他们都以为我没有看法,因为我没有说话。我有声音,但他们听不到,不是因为我像他们想的那样不会说英语,而是因为我没有张开嘴说话。


我还没找到自己的声音。


老实说,快27岁了,我仍然在寻找自己的声音,在美国直言不讳的人中间我很难清楚地表达自己,在日本,我经常由于表达太多很不合郡,显得很突出。但是我也意识到,这不只是要确保人们听到你的声音,而是要说出最重要的东西,尽管你可能会遇到文化障碍。


我希望文化和社会结构永远不会阻止你表达自己的信念。不要随波逐流,要有自己的想法。在这一切之中,请注意不要盲目相信真理包裹的谎言。


“不要让恐惧让你沉默。

你有声音,所以用吧。

说出来。

把手举起来。

喊出你的答案。

让别人听到。

不管付出什么代价,

只要找到你的声音。

当你这样做时,就填满可恶的沉默。”

(格雷·梅雷迪斯,实习医生格蕾)

你所做的决策是否只是在复制现有的社会和文化结构?


你可以做出什么决定,来挑战那些社会和文化结构,使之对我们的下一代更好


这是为了创造历史并捍卫自己的信念。


你的声音很重要,就像其他所有声音一样。


另一个声音不是错的,但是拒绝倾听是错的。


让我们用团结而不是分裂的声音来填补沉默。


让我们找到解决方案,而不是怪罪。


让我们共同创造一个我们引以为傲的明天。