• Ann K.

Choices・選択肢・选择

Updated: Feb 26


Imagine this…you walk into a grocery store to pick up a few items but get stuck in the health and beauty aisle lined with a plethora of different brands of toothpaste, trying to decide which type is best fitted for your teeth.


Now try changing the location and the product you're looking for to something you can relate to. My guess is most of you will say you've encountered something very similar to my toothpaste dilemma.


In this current world, we have so many choices, for everything. You can walk into any given store and feel a bit overwhelmed by the sheer number of choices you have.


This can happen at a bakery, coffee shop, shopping mall, restaurant, an electronics shop; literally anywhere. It's a blessing to have choices, but sometimes I feel it may even be a curse.


You see, we have gone so far in creating new products and marketing those products, that as a consumer, you may feel like you're drowning in choices. As a result, sometimes I wish for the simple stores that have only a few of each item, not hundreds or thousands.


I wish for a world where choosing a certain brand doesn’t automatically put a label on you politically or financially.


I choose to wish for fewer choices.


Do you ever feel overwhelmed by choices?


~~~~~~~


下記を想像してみて欲しい。。。買い物をしにスーパーに入ったが、歯に最適な歯磨き粉の種類を決めようと、過剰な程ある歯磨き粉の種類を前に、健康と美容の通路で行き詰まってしまう。


今度は、場所と探している製品を、あなたと関わりのある物に変更してみてください。私の推測では、ほとんどの人が先ほど述べた事と非常に似たような状況に遭遇した事があると言うでしょう。


今のこの世の中では、あらゆることに関しても、非常に多くの選択肢があります。どんな店に足を踏み入れても、目の前にある膨大な数の選択肢に少し圧倒される事も少なくないと思います。


これは、パン屋、カフェ、ショッピングモール、レストラン、家電量販店;どこでも起こりえます。選択肢があることは幸せな事ですが、時にはそれが呪いであるように感じます。


よく考えてみると、新しい製品を作り出す事、そして、それらの製品をマーケティングする事に一生懸命過ぎて、消費者としては、選択肢に溺れているように感じるかもしれません。

その結果、時々、私は、数百または数千ではなく、各商品の数が少ない単純な店が欲しいと考えます。


私は特定のブランドを選択しても、政治的または経済的に自動的にレッテルが貼られない世界を望んでいます。


少ない選択肢が欲しい、そう私は願う事を決めました。


あなたは選択肢の数に圧倒されているように感じる事はありませんか?


~~~~~~~


试想一下,你走进超市去买一些物品,却困在了堆满过多不同品牌牙膏的健康和美容通道,试图决定哪种牙膏最适合你的牙齿需求。


现在,尝试将位置和你要寻找的产品更改为你可以关联的内容。我的猜测是你们大多数人会说你们曾遇到过和我的牙膏困境非常相似的事情。


在当今世界,对于每件事情,我们都有很多很多的选择。你可以走进任何给定的商店,对你拥有的众多选择感到不知所措。


这可以发生在面包店,咖啡店,购物中心,餐厅和电子产品店;毫不夸张的说在哪里都会发生。拥有选择是一种幸福,但有时我甚至觉得这是个诅咒。


你会发现,到目前为止,我们在创建新产品和营销这些产品方面已经走了很远,以至于作为消费者,你可能会觉得自己在选择中淹没。因此,有时候我希望拥有简单的商店,在这些商店里每种品类只有很少的商品,而不是成百上千的商品。


我希望有一个世界,在这个世界中,选择某个品牌不会在政治上或财务上自动在你身上贴上标签。


我选择希望较少的选择。


你有没有感觉被太多选择压倒?