top of page

The Sweet Land of Maple Syrup・メイプルシロップの甘い国・枫叶糖浆的甜美之地

Updated: Jul 16, 2023


After visiting the Philippines, Canada became the commemorable 30th country in my endeavor to visit thirty counties before I turned 30. Toronto, located on the eastern side of Canada is known as the magical land of maple syrup and maple leaves. It was the first time I crossed a land border via car, so the whole experience was quite different from arriving at an airport. You can cross over at either the Rainbow Bridge, Peace Bridge, or Lewiston-Queenston Bridge. It is always a good idea to check the border wait times online. If you don't have an E-Z toll pass, you can still pay with either cash or credit card at a higher rate of 8 USD compared to half. It was amazing because the moment you lay eyes on Niagara Falls, the reality of how magnificent it is hits you. The closer to it you get, it almost seems like you're in the middle of a storm. Being able to visit this iconic landmark was definitely the highlight of my trip. You might imagine Toronto as being famous for Poutine, but it is a beautiful mixture of so many different cultures combined. Just while walking to my first stop, Kensington Market, I heard anything from English, Spanish, Japanese, Afrikaans, Vietnamese, German, Hindi, French, and Chinese spoken. The University of Toronto is also a big reason why so many students make up the population in the area. At Kensington Market, you can find boutique clothes shops, gelato shops, cafes, and small eateries. There are also many Caribbean, African, and South American specialty stores where one can stock up on specific groceries and spices. It was cool to see a lot of Japanese writing on windows. Perhaps the coolest aspect was how the shops were intertwined so that, for example, there was a Chinese restaurant next to McDonald's next to an Indian restaurant. The stores seemed to represent how accepting everyone is of each other’s differences rather than segregating based on cuisine. I feasted on dinner at a Hong Kong-style rice noodle roll specialty restaurant where I enjoyed iced milk tea, shrimp dim sum, beef, and pork rice noodle rolls (a roll made with big/wide flat noodles with a flavorful sauce on top). Since public transportation was not much faster than walking, I took the opportunity to walk around while I was in the city. However, if you do choose to use any public transportation that uses the PRESTO device, fares can now be paid with any contactless credit card. There are countless cool coffee shops around town, so it is definitely worth checking out the ones that appeal to you. I visited several different cafes, and it was fun trying ones that had unique flavors. The café culture in Toronto was infused with a lot of Japanese influence, so it almost felt a little like one of my homes. If you walk down to the Jack Layton Ferry Terminal at the pier, you can hop on a ferry and head to Toronto Island Park. Centre Island is the main attraction to most visitors as it has more things to do. It's only about a 7-minute ride to the other side with the cost being a little over 6 USD for a roundtrip ferry ride. The air was so crisp and clear; a beautiful blue for as long as you could see. If you walk to the other side of the island, you will arrive at the Centre Island Pier and beach, which is beautiful and a nice place to simply stare into the beautiful ocean line. My next stop was the iconic CN (Canadian National) Tower, which is, to many, considered a landmark tourist location. To get to the observation deck at the CN Tower, it costs about 35 USD. I definitely recommend purchasing your ticket online for a certain time slot if you know what time you can get there as the ticket-purchasing line can get super long. Once you get to the observation desk, you will be a whopping 346 meters (1,136 feet) above ground. It is Canada’s National Tower and not only the tallest building in Canada but also the entire Western Hemisphere. Since I love cute bookstores, I stopped at the Indigo Bookstore before dinner at the Artful Dodger Pub. You don't want to miss trying their poutine and a local beer. I ended up getting poutine with some pulled pork and it was absolutely divine. The next morning, I headed out for a short adventure before it was time to head home. Out of the blue, a lady called out to me saying, “Happy Easter!” I had definitely thought she was an odd person upon seeing her, so I did not want to talk to her. Perhaps since I'm so guarded, especially when traveling alone that I sometimes forget to see humanity. It was a nice reminder that conversating and smiling at strangers sometimes makes the world a better place. Maybe we are all losing a part of our humanity when we forget to say hi to strangers who cross paths with us. St. Lawrence Market is the biggest market in Toronto and notable so, there was anywhere from fresh bread, meat, vegetables, sweets, and fish lining the numerous stalls. I made my way through the city visiting another coffee shop and finally having lunch at a yummy Taiwanese restaurant that had Luloufan and hot fruit tea. While sipping on my fruit tea, I was super content and had a smile on my face, not only because the waitress complimented my Chinese, but because I had made it to my 30th country.


Random thoughts:

If you do want to visit a lot of different places while visiting Toronto, the City Pass is a good option. I didn't end up getting it, but it will definitely save you a lot if you visit 3 or more tourist locations.


Put a colored band on your checked luggage to easily differentiate it from other suitcases that look similar. It is also easy to locate if it is lost because you have more details to give when describing what it looks like.


Bring a refillable water bottle with you so that you can refill it at airports and hotels. Pro tip: if your flight originates within the United States, you can go through security (TSA) with your water bottle filled only with ice, then add water to it once inside the terminal.


~~~~~~~


30歳までに30カ国を訪れるという私の目標に関して、フィリピンを訪れた後に、カナダが記念すべき30カ国目となりました。カナダの東側に位置するトロントは、メープルシロップとメープルリーフの魔法の国として知られています。


車で国境を越えるのは初めてで、空港に到着した時とは全く違う体験でした。レインボーブリッジ、ピースブリッジ、ルイストン・クィーンストンブリッジのいずれかで渡ることができます。国境での待ち時間は、必ずネットで調べておくと良いでしょう。EZトールパスを持っていない場合でも、現金かクレジットカードで支払うことができ、半額に比べて8米ドルと高い料金設定になっています。


ナイアガラの滝を目にした瞬間、その壮大さに現実を突きつけられます。ナイアガラの滝に近づけば近づくほど、まるで嵐の中にいるような気分になります。この象徴的なランドマークを訪れることができたのは、間違いなく私の旅のハイライトでした。


トロントはプーティンで有名なイメージがあるかもしれませんが、様々な文化が混ざり合った美しい街です。最初の目的地であるケンジントン・マーケットまで歩いている間、英語、スペイン語、日本語、アフリカーンス語、ベトナム語、ドイツ語、ヒンディー語、フランス語、中国語など、色んな言葉が飛び交いました。トロント大学があることも、この地域の学生人口が多い大きな理由です。


ケンジントン・マーケットでは、ブティックの洋服屋さん、ジェラート屋さん、カフェ、小さな飲食店等があります。また、カリブ海、アフリカ、南米の専門店も多く、食料品やスパイスを買い求めることができます。


窓ガラスに日本語がたくさん書かれているのも嬉しかったです。一番面白かったのは、お店が絡み合っていた事です。例えば、中華料理店の隣にマクドナルドがあり、その隣にインド料理店がありました。料理で住み分けるのではなく、お互いの違いを受け入れるということを表現しているように思えました。


夕食は、香港スタイルのライスヌードル・ロール専門店で、アイス・ミルクティー、エビの点心、ビーフとポークのライスヌードル・ロール(大きな平たい麺に風味豊かなソースがかかったロール)を楽しみました。


公共交通機関は徒歩に比べてそれほど速くないので、私は市内にいる間、歩き回る事にしました。もしPRESTOデバイスを使用する公共交通機関を利用するのであれば、非接触型クレジットカードで運賃を支払う事ができるようになりました。


街中には数え切れないほどの素敵なコーヒーショップがあるので、気になるお店をチェックしてみるのも良いかもしれません。私も何軒か回りましたが、個性的なカフェを訪れるのは楽しいと思います。トロントのカフェ文化は、日本の影響を多く受けていて、まるで自分の母国の一つに帰ったような感覚でした。


桟橋のジャック・レイトン・フェリーターミナルまで歩けば、フェリーに乗り込んでトロント・アイランド・パークへ向かうことができます。センターアイランドは、より多くのことができるため、ほとんどの観光客にとってメインアトラクションとなっています。


反対側までは約7分、料金は往復で6ドル強です。空気はとても澄んでいて、見渡す限り美しい青色をしていました。島の反対側まで歩くと、センターアイランドの桟橋とビーチがあり、美しい海の景色を眺めるのに最適な場所です。


次に向かったのは、多くの人にとってランドマーク的な観光地とされている、象徴的なCN(カナディアン・ナショナル)タワーです。CNタワーの展望台まで行くには、約35ドルかかります。チケット購入の列が超長くなることがあるので、何時に行けるか分かっている場合は、オンラインで時間帯を指定してチケットを購入する事を強くお勧めします。展望台まで行くと、なんと地上346メートル。カナダのナショナルタワーであり、カナダだけでなく、西半球全体で最も高い建物なのだそうです。


私はかわいい本屋さんが好きなので、Artful Dodger Pubでのディナーの前にIndigo Bookstoreに立ち寄りました。パブでは、プーティンと地ビールは必食であり、私はプルポークをのせたプーティンを食べ、本当に美味しかったです。


翌朝、私は帰る前にちょっとした冒険に出かけました。そして突然、一人の女性が 「ハッピー・イースター!」と声をかけてきたのです。私はその女性を見た時、少し変わった人だと思ったので、話しかけようとは思いませんでした。一人旅では特に警戒心が強いので、人情を見ることを忘れてしまう事があるのかもしれません。見知らぬ人と会話したり、微笑んだりすることで、世の中が良くなることもあるのだと、改めて実感しました。すれ違う見知らぬ人に挨拶をするのを忘れると、私たちは人間らしさの一部を失ってしまうのかもしれませんね。


セント・ローレンス・マーケットはトロントで一番大きなマーケットで、焼きたてのパン、肉、野菜、お菓子、魚など、沢山の屋台が軒を連ねています。コーヒーショップを巡り、最後は台湾料理屋さんで魯肉飯(ルーローハン)と温かいフルーツ・ティーをランチで頂きました。フルーツ・ティーを飲みながら、私はとても満足し、自然と笑顔がこぼれていました。ウェイトレスが私の中国語を褒めてくれたからだけではなく、30カ国目の国にたどり着いたからでした。


雑感:

もし、トロントを訪れている間に色んな場所を訪れたいのであれば、トロント CityPASSは良い選択肢です。私は結局購入しませんでしたが、3カ所以上の観光地を訪れる場合は、間違いなくお得になります。


お預け荷物には色が付いたバンドを付け、似たようなスーツケースと簡単に区別できるようにすると便利です。また、紛失した場合にも、どのようなスーツケースなのかを説明する際に、より詳しく説明する事ができるため、簡単に見つけることができます。


空港やホテルで水を補給できるように、詰め替え用の水筒を持参しましょう。米国内発のフライトの場合、水筒に氷だけを入れて保安検査場(TSA)を通過し、ターミナル内で水を追加することができます。


~~~~~~~


在我30岁之前访问30个国家的努力中,访问了菲律宾以后,加拿大成为纪念的第30个国家。位于加拿大东部的多伦多被誉为神奇的枫糖浆和枫叶之乡。


这是我第一次通过汽车越过陆地边界,所以整个经历与抵达机场时大不相同。你可以在彩虹桥、和平桥或刘易斯顿-奎因斯通桥上过关。在网上查询边境的等待时间总是一个好主意。如果你没有E-Z收费通行证,你仍然可以用现金或信用卡支付,费率为8美元,比一半高。


这很神奇,因为当你看到尼亚加拉大瀑布的那一刻,它的宏伟壮观的现实冲击着你。你离它越近,几乎就像你在暴风雨中。能够参观这个标志性的地标绝对是我这次旅行的亮点。


你可能会认为多伦多因Poutine(肉汁奶酪薯条)而闻名,但它是很多不同文化的美丽混合体。当我走到第一站肯辛顿市场时,我听到了英语、西班牙语、日语、南非语、越南语、德语、印地语、法语和中文等各种语言。多伦多大学也是该地区这么多学生组成的一个重要原因。


在肯辛顿市场,你可以找到精品服装店、冰淇淋店、咖啡馆和小食店。还有许多加勒比海、非洲和南美的专卖店,人们可以在那里囤积特定的杂货和香料。


看到很多写在窗户上的日语,我觉得很酷。也许最酷的方面是这些商店是如何交织在一起的,例如,在麦当劳旁边有一家中国餐馆,而旁边是一家印度餐馆。这些商店似乎代表了大家对彼此差异的接受程度,而不是基于美食的隔离。


我在一家港式米粉卷特色餐厅享用了晚餐,在那里我享受了冰奶茶、虾仁点心、牛肉和猪肉米粉卷(是用大/宽的扁平面做的卷,上面有可口的酱汁)。


由于公共交通并不比步行快多少,我在市内时利用机会四处走走。然而,如果你选择使用任何使用PRESTO设备的公交工具,现在可以用任何非接触式信用卡支付票价。


城里有无数很酷的咖啡馆,所以绝对值得去看看那些吸引你的咖啡馆。我参观了几家不同的咖啡馆,觉得尝试那些有独特口味的咖啡馆很有意思。多伦多的咖啡馆文化被注入了很多日本的影响,所以它几乎感觉有点像我的一个家乡。


如果你走到码头的杰克-莱顿渡口,你可以跳上渡轮,前往多伦多岛公园。中心岛是大多数游客的主要景点,因为它有更多的事情可做。


乘坐渡轮到另一边只需7分钟,来回的费用是6美元多一点。我去的那天空气是如此清冽;在你能看到的范围内是美丽的蓝色。如果你走到岛的另一边,你就会到达中心岛码头和海滩,那里很美,是一个凝视美丽海线的好地方。


我的下一站是标志性的CN(加拿大国家)塔,对许多人来说,它被认为是标志性的旅游地点。要到CN塔的观察台,大约需要35美元。如果你知道你能在几点到那里,我绝对建议你在网上购买某个时间段的票,因为购票的队伍可能会变得超级长。一旦你到了观景台,你将在离地面高达346米(1136英尺)的地方。它是加拿大的国家塔,不仅是加拿大最高的建筑,也是整个西半球最高的建筑。


因为我喜欢可爱的书店,所以我在Artful Dodger酒吧吃晚饭前在Indigo书店停了下来。在这酒吧,你不会想错过尝试他们的poutine和当地啤酒。我点了有手撕猪肉的poutine,非常美味。


第二天早上,我在回家之前出门进行了一次短暂的冒险。忽然,一位女士叫住我说:"复活节快乐!" 我在看到她时认为她是个奇怪的人,所以我不想和她说话。也许是因为我的戒备心太强,尤其是在独自旅行时,有时会忘记看到人性。这是一个很好的提醒,对陌生人的交谈和微笑有时会使世界变得更好。也许当我们忘记对与我们擦肩而过的陌生人打招呼时,我们都在失去我们人性的一部分。


圣劳伦斯市场是多伦多最大的市场,值得注意的是,在众多的摊位上,有新鲜的面包、肉、蔬菜、糖果和鱼等任何东西。我在市内走了一圈,又去了一家咖啡店,最后在一家美味的台湾餐厅吃了午餐,那里有滷肉飯和热水果茶。当我喝着水果茶的时候,我超级满足,脸上露出了笑容,不仅是因为服务员称赞了我的中文,还因为我已经来到了我的第30个国家。


随想:

如果你确实想在访问多伦多时参观很多不同的地方,多伦多CityPASS是一个不错的选择。我最终没有买它,但如果你访问3个或更多的旅游地点,它肯定会让你节省很多。


在你的托运行李上套上一条有颜色的带子,以便于将它与其他看起来相似的行李箱区分开来。如果它丢失了,也很容易找到,因为你在描述它的样子时有更多的细节可以提供。


带上一个可补充的水瓶,这样你就可以在机场和酒店补充水。专业建议:如果你的航班在美国境内起飞,你可以在通过安检(TSA)时,水瓶只装上冰块,然后在航站楼内加水。
















Comments