• Ann K.

On Being Alien・宇宙人だと感じる時・感觉我是外星人的时候

Updated: Feb 26

@Oxford, U.K.

"Does <insert country> have McDonald's?"


"Wow! You're from Japan! I love Japan. So how well do you speak Chinese?"


It's always the well-meaning people who ask such funny questions.


"So where are you really from?"


Here are some questions I’ve thought about asking back: do you mean where was I born? where my passport says I’m from? where I went to school? where I keep most of my belongings? where I go visit most frequently? what country I make the most video calls to?


You'd think that now with our world being so global and connected in more ways than ever before, that the knowledge about the world would have improved. But times when I'm asked these kinds of questions, I realize that we have a very long way to go to educate ourselves and our children about the world.


~~~~~~~


X国の名前Xってマックあるの?」


「わぁー日本から来たんだ!私は日本大好きなんだ。それじゃあ中国語はうまいの?」


いつも悪気がなく聞いてくる人こそ面白い質問をする。


本当はどこから来たの?」


今まで返したい返事をまとめてみました:生まれた国を知りたいの?パスポートに書かれている国籍?学校へ通った国?置いている持ち物が一番多い国?一番頻繁に遊びに行く国?それとも一番多くビデオコールをする国?


今の世界が以前と比べて色んな意味で国際的で、繋がっているからこそ、世界に関しての知識が上がったと思うかもしれない。だけど、上記のような質問をされるたびに、自分、そして次世代の子供たちが世界についてもっと知るための道のりはまだまだ長いと感じます。


~~~~~~~


“X国家X真的有麦当劳吗?”


“哇,你是从日本来的!我很喜欢日本。那你中文说的怎么样?”


每一次是一个完全没有恶意的人问的有趣的问题。


“你真的从哪里来的呢?”


我想过这些有可能的答案:你的意思是我出生的国家吗?我护照写的我国籍吗?上过大学的国家吗?放的东西最多的国家吗?最经常去玩儿的国家吗?还是最多发视频的国家吗?


因为很多理由现在的世界更有国际感,有更多的方式相互联系。因为这个原因你可能以为人们对世界的认识提高了。但是,我每一次有人问我像上面的问题的时候都会感受到,自己和下一代的孩子们还需要很长的时间继续学习,多努力的认识关于我们伟大的世界。