• Ann K.

Ching Chong Ling Long Ding Dong・チン・チョン・リン・ロン・ディン・ドン・清冲玲珑叮咚 (Ching Chong Ling Long Ding Dong)

Updated: Feb 26

@Kunming, China

Before I ever studied Chinese, oftentimes at my college in the States, a conversation would go like this:


Random Human: “Where are you from?”


Me: “I'm from Texas.”


Random Human: *Laughing* “No, no. Like where are you REALLY from??”


Me: “Well, my dad is from Japan…”


Random Human: *Cutting me off* “You're from Japan, so you speak Chinese!”


Me: *Not laughing* (Considered explaining the difference, but instead just smiles and stops talking.)


Random Human: (Content with their revelation about who I am, walks away because they never actually cared to get to know me in the first place.)


Sadly, I'm not exaggerating at all. Many people just wanted to slap a label on me of being Chinese because, in their heads, all Asians are the same. They often walked away from me after figuring out "what I was" because they needed something to justify my difference. They didn't care to get to know me, they were just curious why I didn't look like them – with pure white skin or a single heritage.


People would also often point at random Chinese characters and ask me to read it to them. I used to be so adamant about correcting them and explaining why I couldn't read it. I wanted to scream, “No, I can't read what you're pointing at because I'm not Chinese! I am Japanese!” But no explanation reaches the heart of those who don't care to hear it.


So eventually, I began to respond by saying (full of irony):

“Ching Chong Ling Long Ding Dong.”


If the phrase was longer, I would just repeat myself while adding some variety:

“Chong Ling Ching Long Dong”,

“Long Ching Ding Long Chong Chong” with different intonations.


Those people would look up at me, mouth agape and say, “Wow, that's am-azing.”


The ironic thing is that now I can read the Chinese those people wanted me to read. I don't need to improvise and say “Ching Chong Ling Long Ding Dong” in order to satisfy their racism.


So next time you're curious about where someone is from, listen to them instead of smothering their identity in your preconceived notions.


Why not ask someone if they can read a certain language before asking them to read it to you.


To all those who have and will ask me in the future, here's how you read those Chinese characters...

“Ching Chong Ling Long Ding Dong.”


(Just kidding :p)


~~~~~~~


中国語を学び始める前、アメリカで通った大学ではよく、こんな会話を交わしていました:


とある人間: 「どこから来たの?」


私:「テキサスから来ました。」


とある人間: *笑いながら* 「いいえ、それじゃなくて、本当はどこから来たの??」


私:「まあ、お父さんは日本から来ましたが、、、」


とある人間: *割り込みながら*「あ、そっか、日本から来たから、中国語を話せるんだよね!」


私: *笑わず* (違いを説明しようと思ったが、ただ微笑んで話すのをやめる。)


とある人間: (私が誰であるかを知ったことに満足し、立ち去る。なぜなら彼らはそもそも私を知ろうとしなかったから。)


悲しいことに、私は全く誇張していません。多くの人は、アジア人はみんな同じだと思っているので、私に中国人というレッテルを貼り付けようとしました。彼らは、私の違いを正当化する何かが必要だったので、「私が何者か」を理解した後、しばしば私から離れていきました。彼らは私のことを知ろうとはせず、なぜ私が自分たちと同じような見た目じゃないのか ーー なぜ純白な肌や単一の血統を持っていないのかを知りたかったのです。


他にも、そこら辺の漢字を指さして「読んでみて」と言われることもありました。最初は、彼らの間違いを指摘し、なぜ読めないのかを説明するのに必死になっていましたが、本当は「私は中国人ではないので、あなたが指さしているものを読むことはできません! 私は日本人です!」と叫びたかったのです。しかし、どんな説明も、聞こうとしない人の心には届きません。


なので、結局私は(皮肉たっぷりに)こう答えるようにしました:

「チン・チョン・リン・ロン・ディン・ドン。」


もっと長いフレーズになると、変化をつけながら:

「チョン・リン・チン・ロン・ドン」、「ロン・チン・ディン・ロン・チョン・チョン」と音調を変えながら繰り返していました。


そうすると、その人たちは口をあんぐり開けて私を見上げ、「わぁお、すごーい」と言ってくれたのです。


皮肉なことに、その人たちが私に読んで欲しかった中国語を、今は私が読めるようになったので、もう二度と彼らの人種差別意識を満たすために、即興で「チン・チョン・リン・ロン・ディン・ドン」と言う必要はありません。


ですから、今度誰かの出身地が気になったら、自分の無能さで彼らのアイデンティティーを覆い隠してしまうのではなく、彼らの声に耳を傾けてみて下さい。


ある言語を読んでほしいと誰かに頼む前に、元からその人がその言語を読めるかどうか聞いてみようではないでしょうか。


今までも、そしてこれからも、私に質問してくる人たちの為に、その漢字の読み方をこの場を借り、教えてあげましょう。。。

「チン・チョン・リン・ロン・ディン・ドン。」


(もちろん冗談です :p)


~~~~~~~


在我上的美国大学,还没有学中文的时候,这种对话会常常发生:


某个人: “你从哪里来?”


我: “我来自德克萨斯州。”


某个人: *在笑* “不,不。就是你真真来自哪里??”


我: “额,我爸爸来自日本。。。”


某个人: *打断我说话* “你来自日本,所以你会说中文!”


我: *没笑* (考虑到要解释语言的差异,但是只笑了笑没说话。)


某个人: (满足于他们对我是谁的验证后,就走开了,因为他们一开始就从来没有真正关心我了解我。)


可悲的是,我一点也不夸张。大多数人只是想给我贴上中国人的标签,因为在他们的脑海中,所有亚洲人都是一模一样。他们经常在弄清楚“我是谁”之后离开我,因为他们需要一些东西来证明我的不同。他们并不想认识我,他们只是好奇为什么我看起来不像他们 –– 纯白的皮肤或单一的血统。


人们也经常会指着随机的汉字让我读给他们听。我曾经非常坚持纠正他们并解释为什么我不会读那些汉字。我想尖叫,“不,我不会读你指的那些汉字,因为我不是中国人!我是日本人!”但没有任何解释能打动那些不想听的人的心。


所以最终,我开始回应说(充满讽刺意味):

“清冲玲珑叮咚”。(“Ching Chong Ling Long Ding Dong”)


如果句子更长,我会重复一下同时增加一些变化:

“冲玲清珑咚。” ("Chong Ling Ching Long Dong"),

“珑清叮珑冲冲” ("Long Ching Ding Long Chong Chong") 用不同的声调。


那些人会抬头看着我,张大嘴巴说,“哇,你太棒了。”


具有讽刺意味的是,现在我可以阅读那些人想让我阅读的中文。我不需要为了满足他们的种族主义而即兴说“Ching Chong Ling Long Ding Dong”。


所以下次当你好奇某人来自哪里时,倾听他们的声音,而不是由于你的无知而扼杀他们的身份。


问问某人是否可以阅读某种语言,然后再请他们读给你听。


对于所有已经并且将来会问我的人,一下是你如何阅读那些汉字...

“清冲玲珑叮咚”。(“Ching Chong Ling Long Ding Dong”.)


(只是开个玩笑 : p)