• Ann K.

Torn Between History ・歴史の間で引き裂かれた私・在历史之间撕裂的我

Updated: Feb 26

@Hiroshima, Japan

When I first stepped foot into the Hiroshima Peace Memorial Museum, I felt the weight of being a Japanese American. I read the engraved words “This is our cry. This is our prayer. For building peace in this world,” hoping that I would never ever forget the urge that I felt that day: that I would never give up working towards creating a peaceful world, peace that will overcome any evil and instill in every mind a sense of hope.


“Let’s create a future with no war.” I pray and wish that these words which a young child wrote will become a reality.


Eleanor Roosevelt once said, “It isn't enough to talk about peace. One must believe in it. And it isn't enough to believe in it, one must work at it.” For me, studying the Chinese language was one the first of many steps I will need to take to meet the former First Lady’s challenge. My experiences studying abroad in both China and Japan not only changed my life but also highlighted the consequences that come about when cultural barriers cannot be breached. This enabled me to realize the importance of effective communication, the value of which cannot be converted into any currency.


I believe promoting peace can simply be living in this diverse world and embracing the people you meet, from the bottom of your heart. All it takes is communicating and making a friend from a different country. Maybe you’ll find yourself walking away with a renewed view about their cultures and beliefs along with a friend who will welcome you to their country and into their home any day.


Communication creates relationships, which in turn inspires a connection; that is how I believe one can promote peace.


I want to have pride in myself and the two wonderful countries that I represent, including historical events.


You may call me a dreamer, but I believe that world peace can be achieved through honest blog posts just like this one.


What are you doing to promote peace?


~~~~~~~


初めて広島平和記念資料館に足を踏み入れた時、私は日系アメリカ人である重みを感じました。そしてこのように刻まれた言葉を読んだのです。「これはぼくらの叫びです これは私たちの祈りです 世界に平和をきずくための」。私はその日感じた衝動を決して忘れないことを望み、どんな悪にも打ち勝ち、すべての心に希望を与えるような平和な世界を作るために、決して諦めない事を誓ったのです。


「戦争のない未来を作りましょう。」ある子供が書いたこの言葉が実現することを切に祈り願います。


エレノア・ルーズベルトはかつて、「平和について語るだけでは十分ではない。それを信じなければならない。また、信じるだけでも十分ではない。それに対して取り組まなければならない」と述べました。私にとって、中国語を勉強することは、あの元ファーストレディの挑戦に応えるために私が取るべき多くの行動の第一歩であると信じています。中国と日本での海外留学の経験は私の人生を変えただけでなく、文化的な障壁を破ることができない時に生じる結果をも明らかにしました。これにより、効果的なコミュニケーションの重要性とその計り知れない価値を実感できたのです。


平和を促進することは、純粋にこの多様な世界に住み、出会った人々を心の底から受け入れることだと私は信じています。これに必要なのは、積極的にコミュニケーションに挑み、他国の人々と友情を築くことだけです。おそらく、あなたは彼らの文化や信念に対する新たな視点とともに、いつでも相手の国や家に迎え入れてくれる友人を得られるかもしれません。


コミュニケーションを通し、人間関係が築かれ、それが真の繋がりを生み出す。それが平和への道だと私は思っています。


私は、歴史的な出来事も含めて、自分自身と自分が代表する2つの素晴らしい国に誇りを持ちたいと思っています。


夢想家と言われるかもしれませんが、世界平和はこのブログを始めとした率直な対話を通じて達成できると私は信じています。


あなたは平和を促進する為に何をしていますか?


~~~~~~~


当我第一次走进广岛和平纪念博物馆时,我感到自己是日裔美国人的压力。我读了雕刻的话:“这是我们的呐喊,这是我们的祈祷,为了在世界上建立和平”。希望我永远不会忘记我那天的渴望:我永远不会放弃为建立一个和平的世界而努力,和平将战胜任何邪恶并在每个人心中灌输一种希望。


“让我们创造没有战争的未来。”我祈祷并希望一个孩子写的这些话成为现实。


愛蓮娜·羅斯福(Eleanor Roosevelt)曾经说过:“谈论和平还不够。一个人必须相信和平。相信它还不够,一个人必须为之努力。”我相信,学习中文是应对前第一夫人的挑战所需要采取的许多步骤中的第一步。我在中日两国留学的经历不仅改变了我的生活,而且突显了无法突破文化障碍所带来​​的后果。这使我意识到有效沟通的价值。无法转换为任何货币的价值。


我相信,促进和平可以简单的是生活在这个多样化的世界中,并从心底深处拥抱你遇到的人。它所要做的就是与其他国家的人交流并结交朋友。也许你会发现伴随着自己和任何一天都会欢迎你来到他们的国家和他们的家中的一位朋友的交流中,一起对他们的文化和信念有了新的看法。


沟通会创造关系,从而激发联系。我相信这就是促进和平的方式。


我想要以自己以及我所代表的两个美好的国家(包括历史事件)为荣。


你可能称我为梦想家,但我相信,像这样,通过诚实的博客文章也可以实现世界和平。


为了促进和平,你正在做什么呢?


“This is our cry. This is our prayer. For building peace in this world”

これはぼくらの叫びです これは私たちの祈りです 世界に平和をきずくための」

“这是我们的呐喊,这是我们的祈祷,为了在世界上建立和平”