• Ann K.

The Time I Was Labeled "Illegal" in My Own Country・自国で「違法」とレッテルを貼られた時・我在自己国家被贴上“非法”标签的那段时间

Updated: Feb 26

@Japan

It all began with a simple question.


But innocent questions are just as likely to be perilous tripwires.


While I was working a shift at my new part-time job, I got a message from the head office conveyed to me through a full-time employee.


The question was, “Just wanting to make sure, but do you have Japanese citizenship?”


My answer was an obvious, “Yes, I do.”


Then within the small talk with my co-workers, someone had asked if I had American citizenship.


I have always tended to deflect these types of questions and assert others of the fact of my Japanese citizenship.


However, there is a huge part of me that is so sick and tired of hiding behind my identity because of the confusion around the topic. Why do I have to keep it a secret? I'm not ashamed about it and should not have to feel ashamed because ignorant people push their assumptions upon me.


I have even had multiple people whom I told of my dual citizenship tell me that having both Japanese and American citizenship is illegal.


But I never imagined this small talk information would also make it through the channel of my manager and then finally, to the head office.


Then the horror started – the head office called my store branch and started telling the full-time employees that I was “illegal”.


They began not only questioning whether I was legally allowed to work but whether I was Japanese or not – aka. legally allowed to live in Japan.


As one might expect, I understand they were confused and became panic-stricken. However, no one should have the right to question someone's legal status without any proof and then spread their assumptions through inappropriate channels.


To make the situation worse, the head office staff were not even willing to talk to me. I was right there, within arm's reach of the phone and they refused to talk with me directly and preferred to communicate through my manager. I still believe that if they had given me the chance to talk with them directly, none of the below story would have even unfolded.


Forced to only make contact through my manager, I did my best to gather information about dual citizenship and asked my manager to share this information with the head office. I later found out that the head office did not even look through those links.


A few days later, the head office staff conveyed through my manager that I needed to provide a copy of the info page of my Japanese passport. They claimed they wanted to know what the expiration date was as if the expiration date signaled the length I was allowed to stay in Japan.


After I declined to provide them with a copy of my Japanese passport claiming an infringement on privacy and discrimination, they then began claiming they needed a copy of my Koseki (the Japanese family registry – technically the only document that legally proves you are Japanese).


The conversation with my manager that day ended with him saying he would pay for all the expenses for me to obtain a copy of my Koseki. I told him to tell the main office my answer was a no for the second time and to call my dad so that he could help explain my circumstance. But no one called.


Then almost three weeks later, they communicated to me through my manager that they still wanted a copy of my Koseki. This would include not only personal details about me but about my father and sister including marital status as well as details of birth. It is the most detailed personal information one can provide in Japan.


My response was the same: no, I will not provide my Koseki copy since it is discrimination and asked them again to call my father. I also said that if that doesn't work, I need an official company document with the details of their request.


My plan was to then take this document to a lawyer and do everything to legally stand up for myself. I had vowed that if they decided to keep demanding proof of my Japanese citizenship, I would hire a lawyer and fight for the right I am entitled to – being recognized as Japanese just like every other Japanese person in Japan.


So, six days later, I was a little relieved when I got the message through my manager that they had dropped their allegations. Out of curiosity, I asked why they dropped it and was told they realized that I was correct in my claim – that I am 100% legal to work in Japan because I'm 100% Japanese with Japanese citizenship, just like them.


There was no apology given, but the words, “It was exactly as you said, Katagiri-san”, will forever pave the path for the years to come and the discrimination I know I will continue to encounter.


Unfortunately, despite Japan being chosen to host the Olympics this year, it has a long-standing stance on racial purity and identity -- it has prided itself on being homogeneous. Despite an increase in foreign travelers as well as residents, the conservative country keeps a strong emphasis on pure-blood Japanese.


However, I wouldn’t particularly say that a homogeneous culture is completely bad, since, despite this abovementioned unpleasant encounter in Japan, I have actually experienced much more racism in America. Despite being a rather heterogeneous (compared to Japan) culture, some Americans can be very judgmental based simply on one’s looks and don’t often think before they speak. But these are stories for a different time.


In the future, my ardent hope is for a Japan that will embrace its multiracial citizens by doing away with the unclear laws and officially approve dual citizenship.


I hope for change; of hearts and minds open to new definitions of what a Japanese person is and can be.


I hope for a day that being different is not looked at as bad but embraced -- that the antiquated ideas will slowly fade away.


I hope for a racially progressive Japan.


I hope for people who can see past the preconceived stereotypes that a Japanese person can only be one thing.


I hope when mistakes are made, apologies are said to those who deserve it. Because it is never ever okay to make anyone feel any less than what they deserve to be treated like.


I hope my future kids will have 100% confidence to stand up for themselves in the future spurred on by my experiences I can share with them.


Simply praying for a Japan that will not discriminate against me or my future children is not enough; it’s time to share our experiences in order to help others learn from them to create a different and better tomorrow.


As the next generation of Japanese, I am a proud halfie who is both fully Japanese as well as fully American. I am citizens of both countries by birthright, not just one.


Calling yourself a "halfie" or "hafu" should never mean you are half of anything -- it means you got the best of both worlds.


You can be of any race and receive hate and discrimination for being different. So why don’t we learn to love and accept each other rather than trying to make them fit in?


I earnestly hope for a new law in Japan that explicitly forbids discrimination based on nationality or race…and I hope for a day where people like me are “not assumed to be less (or even sometimes arbitrarily or incorrectly more) competent than our fully (read: visually) Japanese counterparts.”


I strongly believe the persisting idea of Japan as a homogeneous nation-state obscures the presence of mixed-race Japanese and hinders discussions of racial discrimination in Japan.


For me, the purpose of writing this blog post is in hopes that more people will see how racism happens everywhere and not just against one race. Furthermore, it is so very important to recognize that even in 2021, there are still ongoing challenges that halfies like me (mixed-race Japanese) may face while “establishing their identities as well as maintaining their rights as citizens of Japan”.


I still question on a case-by-case basis when I should emphasize one part of my identity and when to focus on another, without denying either. Perhaps what I can offer through this ramble is “a vision of a Japanese identity that is more flexible, more inclusive, and fits better in a globalized society”.


You can help by educating yourself before you judge others because each and every halfie is different based on the countries they represent as well as how they came about to have multiple citizenships to begin with. I believe educating yourself before judging is a must in our world, so please feel free to read the stories and facts shared in the following articles that are very much worth reading.


I believe, in life, if no one stands up to the monsters who stand in their way, nothing will ever change. Change is paved through standing up to your impossible monsters because you believe in a better and brighter future where equality means more than the way you look or the passport you hold.


To my future children, I pray you never let anyone’s definition of who you are, define any possibility of who you actually are on the inside.


I look forward to a future where halfies don’t have to continue living in the grey zone and can proudly without any hesitation, call themselves Japanese.


=====


Mixed Race People in Japan's Multicultural Society


"Hāfu Time: Mainstream and Alternative Constructions of Mixed Race Identities in the Japanese Media"


Explorations into being Hafu: Megumi Nishikura at TEDxKyoto 2013


What does Japan's Nationality Act really mean for its dual citizens?


Multiracial Representation in Japan


Multiracial Miss Universe Japan hopes to change homeland's thinking on identity


Japan’s Future: Will they embrace their hāfu population?


The Ministry of Justice: The Choice of Nationality


In U.S. Open Victory, Naomi Osaka Pushes Japan to Redefine Japanese


Being ‘hafu’ in Japan: Mixed-race people face ridicule, rejection


Japan's hafu stars are celebrated. But some mixed-race people say they feel like foreigners in their own country


The Best of Both Worlds? Japan’s Outdated Dual Citizenship Policy


Deputy prime minister calls Japan a nation with single race


Dual nationality in Japan: Deep Dive from The Japan Times


Japan has put on a diverse face for the Olympics. Some ‘hafu’ say that’s not reality.


The stipulation in the Nationality Act that bans multiple citizenship has not been revised since it first went into force under the Meiji Constitution, Japan's prewar and wartime supreme law. Teruo Naka, a lawyer of the plaintiffs' legal team says the law "does not correspond to the flow of the times.

Japan's ban on multiple citizenship outdated, unconstitutional: expert, plaintiffs


“For some, nationality is the final stronghold of the Japanese identity. The very notion of dual nationality challenges that and creates fear for those who are unfamiliar with the concept.”

Dual citizenship in Japan: A “don’t ask, don’t tell” policy leaves many in the dark


~~~~~~~


全ては一つの他愛のない質問から始まった。


しかし、純粋な質問こそ、危険なトリップワイヤーである可能性があるのです。


新しく始めたアルバイト先でシフトに入っていた際、正社員から本社の伝達を受けました。

質問は、「確認したいのですが、日本国籍はお持ちですか?」でした。


私はもちろん、「はい、そうです」と答えました。


その後、同僚と世間話をしている中で、誰かが私にアメリカの国籍があるかどうか尋ねました。


今まで私は、このような質問をそらし、他の人に私が日本国籍である事実を主張する傾向がありました。


しかし、このトピックに関する混乱のために、自分のアイデンティティの後ろに隠れている事にとてもうんざりしている私がいます。なぜ私はそれを秘密にしないといけないのか?私はそれについて恥ずかしくないので、無知な人々が彼らの仮定を押し付けても、恥ずかしがる必要はないはずです。


過去に私の二重国籍について知った複数の人々に、日本とアメリカの両方の国籍を持つことは違法であるとも言われたことがあります。


しかし、世間話の内容が私の店長を経由し、最終的に本社に届くとは想像もしていませんでした。


それから恐れていた事が起こったのです ーー 本社は私が働く支店に電話をかけ、私が「違法」であると正社員に話し始めました。


彼らは私が合法的に働くことを許可されているかどうかだけでなく、私が日本人であるかどうかを疑問視し始めました。 別名 ーー 法的に日本に住むことを許可されているかどうか。


大体の予想通り、彼らは混乱し、パニックしたと理解はできます。しかし、証拠無しに誰かの法的地位に疑問を呈し、不適切な経路を通じ、仮定を広める権利を誰も持つべきではありません。


さらに最悪なことに、本社のスタッフは私に話そうとすらしませんでした。電話に手が届くところに居たにも関わらず、彼らは私と直接話すことを拒否し、私の店長を通してしか連絡を取ってくれませんでした。彼らがもし、私に直接話しをする機会を与えてくれていたら、下記のような話には至っていなかっただろうと今でも思います。


店長を通しての連絡を余儀なくされた私は、一所懸命に二重国籍についての情報をかき集め、店長に本社の方へ情報を共有するようにお願いしました。後に知った事ですが、それらのリンクを本社の方は目を通すことすらしてくれなかったそうです。


そして数日後、本社のスタッフは店長を通し、私に日本のパスポートの情報ページのコピーを提出するように伝えてきました。彼らは、有効期限があたかも私が日本で許可された滞在期間を示しているかのように、有効期限を知りたいと主張しました。


私がプライバシーの侵害と差別だと主張し返し、日本のパスポートのコピーを彼らに提出することを拒否した後、彼らは私の戸籍(日本の家族登録 ーー 厳密に言うと日本人であることを法的に証明する唯一の文書)の写しが必要であると主張し始めました。


その日の店長との会話は、彼が戸籍謄本の写しを手に入れる為のすべての費用を払うと言いながら終わりました。私は彼に、本社の要求に対しての二度目の答えはまだ「ノー」だと伝え、私の事情を説明できる父に電話するようにお願いをしました。しかし、誰もその電話をかける事はありませんでした。


それからほぼ3週間後、本社がまだ私の戸籍謄本の写しが欲しいと私の店長を通して知りました。これには、私に関する個人情報だけでなく、結婚歴や出生の詳細など、父と妹に関する詳細も含まれます。日本で提出できる最も私的な個人情報が載っています。


私の反応は同じでした。いいえ、それは差別なので提出しません、そして、また父に電話をするのをお願いしました。それでもダメなら、会社のレターヘッドが付いた、彼らの要求を詳細にに記した公式文書が必要だと伝えました。


私の計画は、この書類を持って弁護士のところに行き、法的に自分の立場を守るためにできる事を全てすることでした。もし、日本国籍の証明を要求され続けたら、弁護士を雇い、日本にいる他の日本人と同じくく ーー 日本人として認められるという ーー 私に与えられた権利を求めて戦うと誓っていたのです。


ですから、6日後、上司から本社が申し立てを取り下げたとの連絡を受け、私は少し安心しました。好奇心からその理由を尋ねると、私の主張が正しいことに気付いたのだと言われました ―― つまり、私は彼らと同じように100%日本人であり、日本国籍を持っているので、日本で働くことは100%合法だということです。


謝罪はありませんでしたが、「片桐さんのおっしゃる通りとのことなので、大丈夫になりました。」という言葉は、これから先の道を永遠に切り開き、私がこれからも直面するだろう差別に対する対応の模範となりました。


残念ながら、日本は今年のオリンピックの開催地として選ばれたにもかかわらず、人種の純血性やアイデンティティに対する長年の姿勢をとっており ーー 均質であることに誇りを持っています。外国人旅行者や居住者が増えているにもかかわらず、保守的なこの国は純血の日本人に重点を置いています。


しかし、均質な文化が完全に悪いとは言えません。というのも、この日本での不愉快な出来事にもかかわらず、私は実際にアメリカでより多くの人種差別を経験した事があるからです。日本に比べて異質な文化であるにもかかわらず、一部のアメリカ人の中には外見だけで判断する人がいますし、口を開く前にあまり考えない人もいます。しかし、これはまた別の時にお話すべき話題です。


将来的には、不透明な法律を撤廃し、二重国籍を正式に承認し、多民族の日本人を受け入れる日本になってほしいと切に願っています。


私は変化を望んでいます;日本人が何であるか、そして何ができるのかについての新しい定義を受け入れる心と考え方を。


私は、他人と何かが違う事が悪いことではなく、受け入れられる日が来ることを ―― そして、時代遅れの考え方が徐々に消えていくことを願っています。


人種的にプログレッシブな日本を望んでいます。


日本人は一つの者しかなれないという先入観を捨て、それ以上の真実を見える人に期待しています。


間違いを犯した時には、謝罪すべき人には謝罪して欲しいと思います。なぜなら、誰かに劣等感を抱かせることは、決して許されるべき事ではないからです。


将来の自分の子供たちが、私が彼らと共有できる自身の経験に刺激され、将来、自分たちの為に戦う100%の自信を持ってくれる事を願っています。


ただ単に、私や将来の子供たちを差別しない日本になる事を祈っているだけでは十分ではありません;お互いの経験を共有し、他の人がそれらから学び、今とは違う、より良い明日を作り上げる時が来たのです。


次世代の日本人である私は、日本人であると同時にアメリカ人でもある、誇り高いハーフです。私は生まれながらにして両国の国民であり、一方だけではないのです。


自分を「Halfie」または「ハーフ」と呼んでも、決して自分が何かの半分であることを意味するものではありません ーー 両方の長所のいいとこ取りをしているのです。


どのような人種であっても、違いを理由に憎しみや差別を受けることがあります。だからこそ、相手に合わせもらうのではなく、お互いを尊重し、受け入れることを学んでみませんか?


国籍や人種に基づく差別を明確に禁止する日本の新しい法律ができる事を切に願っています。。。そして、私のような人間が、「ハーフでないもしくは100%日本人に見える人と比べて能力が劣っている(恣意的に、あるいは間違って優っている)と思われない」日が来ることを願っています。


私は、日本が均質な国民国家であるという根強い考えが、ミックスの日本人の存在を覆い隠し、日本における人種差別の議論を妨げていると強く信じています。


私がこのブログ記事を書いた目的は、人種差別が一つの人種に対してだけでなく、あらゆる場所で起こっている事をより多くの人に知ってもらいたいからです。さらに、2021年になっても、私のようなハーフ(ミックスの日本人)が「日本国民としてのアイデンティティの確立と権利の維持j」の際に直面する可能性のある課題がまだ残っていることを認識するのは、非常に重要です。


私は今でも、ケースバイケースで、自分のアイデンティティのある部分を強調すべき時と、別の部分に焦点を当てるべき時と、どちらも否定せずにできるのか、疑問視しています。もしかしたら、このつぶやきを通して私が提供できるのは、「より柔軟で、より包括的で、グローバル化した社会に適した日本人のアイデンティティのビジョン」なのかもしれません。


なぜなら、ハーフの人たちは、それぞれが代表する国や、そもそもどのようにして多重国籍を持つようになった経緯によって異なるからです。判断を下す前に自分自身で色んな調べ物をする事は、この世界では必要不可欠だと思いますので、下記の記事と英語の記事の末尾で紹介されている話や事実はとても読み応えがあります。


私は、人生において、誰も自分の行く手を阻むモンスターに立ち向かわなければ、何も変わらないと信じています。変化とは、自分の不可能なモンスターに立ち向かうことによってもたらされます。それは、平等という事が、見た目や持っているパスポートよりも重要な意味を持つ、そんなより良い、より明るい未来を信じているからです。


私の未来の子供たちへ、あなたが誰であるかを他人の定義によって、内側にいる自分の可能性が失われる事を決して許さない事を祈ります。


そして、ハーフの人たちがグレーゾーンで生き続ける必要なく、ためらわず、堂々と日本人を名乗りながら生きられる、そんな未来を夢見ています。


=====


法務省:国籍の選択について


国籍法(昭和二十五年法律第百四十七号)


「ハーフ」と呼ばれる人々:「日本人」と「外国人」のはざまを生きる


~~~~~~~


这一切都是从一个简单的问题开始。


但无害的问题也很可能成为危险的绊脚石。


当我在新的兼职工作中轮班工作时,总部通过一名全职员工向我传达了一条消息。

问题是,“只是想确定一下,你有日本国籍吗?”


我的回答很明显,“是的,我有。”


然后在与我的同事闲聊中,有人问我是否有美国国籍。


我总是倾向于回避这些类型的问题,并向其他人宣称我的日本国籍。


然而,由于围绕这个话题的困惑,我很大一部分已经厌倦了隐藏我的身份。为什么我要保密?我并不为此感到羞耻,也不应该因为无知的人将他们的假设强加于我而感到羞耻。


也有过许多人一知道我的双重国籍,就说同时拥有日本和美国国籍是非法的。


但没想到,这个闲聊的信息,也会通过我的经理的渠道,最后传到总部。


然后恐怖开始了–– 总部打电话给我的分店,开始告诉全职员工们我是“非法的”。


他们不仅开始质疑我是否被合法允许工作,而且还质疑我是否是日本人。 也就是 –– 是否合法允许在日本居住。


意料之中,他们糊涂而张皇失措。但是,任何人都无权在没有任何证据的情况下质疑某人的合法地位,然后通过不适当的渠道传播他们的假设。


更糟糕的是,总部的工作人员甚至不愿意和我说话。我就在这儿,可以随时通电话,可是他们拒绝直接与我交谈,而是更愿意通过我的经理转达。我依然相信,如果他们给了我机会与他们直接交谈,下面的故事甚至都不会展开。


迫于无奈,我通过我的经理与总部联系,尽力收集有关双重国籍的信息,并请我的经理与总公司分享这些信息。 我后来发现,总部甚至懒得去看这些链接。


几天后,总部的工作人员通过我的经理传达了,我需要提供我的日本护照信息页的复印件。他们声称想知道有效期是什么,好像有效期标示着我被允许在日本逗留的时间。


在我以侵犯隐私和歧视为由拒绝向他们提供我的日本护照复印件后,他们开始声称他们需要我的户口(日本户籍 –– 严格来说唯一能在法律上证明你是日本人的文件)的复印件。


那天与我的经理的谈话,以他说他会支付我获得一份户口复印件的所有费用而告终。我让他再次告诉总公司我的回答还是不可以,并请他们打电话给我爸爸,以便他可以帮助解释我的情况。但是没有人打电话。


然后差不多三周后,总部通过我的经理告诉我他们仍然想要我的户口副本。这不仅包括关于我的个人信息,还包括关于我父亲和姐姐的信息,而且也包括婚姻状况以及出生细节。这是在日本可以提供的最详细的个人信息。


我的回答是一样的:不,我不会,因为让我提供这些信息是一种歧视,并再请他们打电话给我父亲。我还说过,如果这不起作用,我需要一份带有公司信笺的正式文件,详细说明他们的要求。


我的计划是把这份文件交给律师,并尽一切努力在法律上为自己辩护。我曾发誓,如果他们决定继续要求我提供我是日本人的证明,我将聘请律师,为我应得的权利而战 –– 像其他在日本的日本人一样被承认为日本人。


因此,六天后,当我通过我的经理得知他们已放弃指控时,我稍微松了一口气。因为好奇,我问他们为什么放弃,并被告知他们意识到我说的一直是正确的 –– 我在日本工作是百分之百合法,因为我百分之百是有日本国籍的日本人,就像他们一样。


虽然没有道歉,但:“片桐女士,听说你所说的都对,一切事情好了。” 这句话,将永远为未来的岁月铺平道路,为如何处理我将继续面对的歧视提供了参考。


不幸的是,尽管日本被选为今年的奥运会主办国,但在种族纯洁和身份认同方面的立场由来已久 –– 它以种族同质为荣。尽管外国旅行者以及居民增多,但这个保守的国家仍然非常重视纯血统的日本人。


但是,我不会特别说同质文化是完全不好的,因为尽管在日本有过这不愉快的遭遇,但我实际上在美国经历了更多的种族主义。尽管美国是一个相当异质的(与日本相比)文化,但一些美国人可能会根据一个人的外表简单地做出判断,并且在他们说话之前通常不会思考。但这些都是不同时候该讲的故事了。


在未来,我热切地希望日本能够通过废除不明确的法律并正式批准双重国籍来接纳多种族的日本人。


我希望有改变;在心灵和思想上,对日本人是什么和可以成为什么的新定义持开放态度。


我希望有一天,与众不同不是被看成坏事,而是被接纳 –– 而过时的想法会慢慢消失。


我希望有一个种族进步的日本。


我希望人们能够摆脱日本人只能是一种类型的先入为主的定型观念。


我希望在犯错时,向那些需要被道歉的人道歉。因为任何人都应该被公正对待。


我希望我未来的孩子们在我跟他们分享的经验的激励下,有百分之百的信心在未来为自己挺身反抗。 


仅仅祈祷日本不会歧视我或我未来的孩子们是不够的;现在是时候分享我们的经验,以帮助其他人从中学习,创造一个不同的、更好的明天。


作为日本人的一个下一代,我是一个自豪的混血儿,既是日本人又是美国人。从出生起,我就是这两个国家的公民,不仅仅是一个。


称自己为“halfie”或“hafu”绝不意味着你是任何一方的一半 — 这意味着你得到了双方最好的东西,各取其長。 


你可能属于任何种族,并因与众不同而受到仇恨和歧视。那么,为什么我们不学习彼此相爱和接受,而是试图让他们适应呢?


我真诚地希望日本有一部新的法律,明确禁止基于国籍或种族的歧视……我希望有一天,像我这样的人 "不会被认为我们比全血统的同等职位的日本人能力差(甚至有时是武断的或不正确的认为混血能力更强)。”


我坚信,日本作为一个单一民族国家的顽固观念掩盖了日本混血儿的存在,并阻碍了在日本的种族歧视的讨论。


对我来说,写这个博客投稿的目的是希望更多的人能够看到种族主义是在任何地方会发生的,而不仅仅是针对一个种族。此外,非常重要的是要认识到,即使在 2021 年,像我这样的Halfie(日本混血儿)在 "确立他们的身份以及维护他们作为日本公民的权利 "时可能面临的挑战仍然存在。


我仍然在逐一质疑,什么时候应该强调我身份的某一部分,什么时候应该关注另一部分,但并不否认其中任何一部分。也许我可以通过这次漫谈提供的是 "一个更灵活、更包容、更适合全球化社会的日本身份的愿景"。


在评判他人之前,你可以通过教育自己来获取帮助,因为每一个混血儿都是不同的,这取决于他们所代表的国家以及他们如何开始拥有多重国籍。我相信在我们的世界里,在评判之前教育自己是必须的。请阅读一下下面分享的有价值的一些文章(看下英语链接)。


我相信,在生活中,如果没有人站出来对抗挡在他们面前的怪物,就不会有任何改变。变化是通过站起来面对你不可能战胜的怪物而铺就的,因为你相信一个更好、更光明的未来,在那里,平等比你的外表或你持有的护照更有意义。


对我未来的孩子们,我祈祷你们永远不会让任何人对你们的定义影响你们内心正真的自我。

我期望一个未来,在那时混血儿不必继续生活在灰色地带,可以自豪地、毫不犹豫地称自己为日本人。