• Ann K.

The Struggles of Being a Halfie ・ハーフの葛藤・一位混血的困扰

Updated: Aug 30, 2021

@Kyoto, Japan

As a halfie, I often find myself between two worlds, now sometime in between three. I somehow am never truly considered the race I hope to be in the country I'm in. I'm Chinese in America, but American in Japan, yet I'm Uygur (from Xinjiang Autonomous Region) in China, and for some reason, never thought to be Japanese.


However, I have been learning throughout my life that I need to start to "admire the struggles it takes to simply be considered a human". There have been many times where I've wondered if I'm actually an alien. Or should seriously just start building my own country with my two bare hands in the middle of Hawaii and Japan. Yet I've found there's beauty in the bitterness and embarrassment of standing out.


I believe those who are similar to me can relate. I want to tell you; you offer such value to this ever-changing world. There's so much we know that others don't even have a taste of; we've seen parts of the world others simply dream of; we can speak languages others can't even pronounce; we have experienced awkwardness others are so mundane to even get the chance to be in, and we are able to relate to others on so many levels because we didn't grow up within the box of one culture.


Since I'm saying all of this, I would love to say, "I've overcome my insecurities of being a halfie/TCK/multicultural human etc." but then that would be a lie. I believe it will always be a lifelong struggle, however, there's always a good attitude to be upheld in all hardships. There are always same-minded friends to go seek out.


As said in Grey's Anatomy, "At the end of the day, the fact that we have the courage to still be standing, is reason enough to celebrate". Maybe right now, the whole picture isn't clear, but being a mixed, slightly confused representative of a couple countries, sprinkled with a truly wonderful sense of picturing the world...For me, that is something you should be beyond proud to have been blessed with.


~~~~~~~


ハーフとして、私はしばしば2つの世界の間、今では3つの世界の間に自分自身がいるのに気づきます。いくら頑張っても思い通りの出身だと思われないのが現実です。なぜか私はアメリカでは中国人、日本ではアメリカ人、また、中国ではウイグル(新疆自治区出身)だと勘違いされ、逆に日本人だと思われることは少ない。


しかし、私は自分の今までの人生を通して「単に人間と見なされるのに必要な闘争を賞賛する」必要があることに気づき始めました。私が実際に宇宙人であるのかと本気で疑問に思ったことも何度かありますし、可能であれば、ハワイと日本の真ん中で両手を使って真剣に自分の国を作り始めるべきだと思ったりした事もあります。それでも、目立つことの悔しさと恥ずかしさの内にもどこか美しさがあるのを発見し始めました。


私は自分の経験と同情できる方がいると知っていますし、そのあなたにこんな言葉をかけてあげたいです。あなたはこの絶えず変化する世界に尊い価値を提供し、他の人が触れさえできないことを沢山知っています。私たちは他の人々が単に夢見る世界の一部を実際に見てきたり、他の人が発音できない言語を話すことができます。私たちは他の人が経験する機会さえないほどギクシャクな経験をしたり、一つの文化の枠の中で成長しなかったお陰で、非常に多くのレベルで他の人と関係を築くことができます。


こんなに自信有り気に話しているので、「私はハーフ/ TCK /多文化共生の人間などであることの不安を克服しました」と言いたいのですが、そう宣言してしまうと、嘘にしかならないのが現実です。私はこれからも他人に勘違いされたり、常に生涯にわたる闘争になると思います。しかし、すべての困難の中で良い態度を保つ事は大切であり、同じような考えを持った人を探し出し、友人となっていける人間は一杯います。


グレイズ・アナトミーで述べられたように、「一日の終わりに、私たちがまだ立っている勇気があるという事実は、祝うのに十分な理由です」。たぶん今、全体像は明確ではないが、ハーフであり、世界を描写できる本当に素晴らしい感覚をまどり、少し混乱していながらも数か国の代表者であれること。。。それは私にとって、何よりも恵まれた事であり、誇りに思えるのではないかと思います。


~~~~~~~


作为一个混血儿,我经常发现自己介于两个世界之间,现在有时介于三个世界之间。我在一个国家的时候,好像从来没有被认为是这个国家的人。我在美国被认为是中国人,在日本被认为是美国人,在中国被认为是维吾尔族人(来自新疆自治区),不知道为什么,从未被认为是日本人。


然而,在我的一生中,我一直在学习,我需要开始“感恩在人生中遇到的所有的困扰”。曾经有很多次我想知道我是不是真的是外星人。或者应该认真地在夏威夷和日本中间亲手开始建立我自己的国家。可是,我发现在苦涩和尴尬中也有美丽。


我相信那些与我相似的人有同感,我想告诉你,你为这个不断变化的世界提供价值。我们知道其他人甚至没有经历过的;我们已经看到了其他人梦寐以求的世界各地;我们可以说别人甚至不能发音的语言;我们经历过其他平凡的人没有经历过的事情;我们能够在很多层面与其他人交往,因为我们没有在一种文化的框架内长大。


既然我说了这些,我很乐意说,“我已经克服了作为一个混血/ TCK /多元文化人等的不安全感。”但那将是一个谎言。我相信这将是一场终身困扰,然而,在所有艰难困苦中始终保持着良好的态度。总有志同道合的朋友可以去寻找。


正如《实习医生格蕾》说,“在一天结束时,我们有勇气继续站立,是值得庆祝的”。也许现在,整个情况并不清楚,但是作为一个混血儿,代表了几个国家文化造成的混乱,给这个世界增添了美妙的色彩......对我来说,这是很幸运,应该超越骄傲的事情。