• Ann K.

The Joy of Living・生きる喜び・活着的快乐

Updated: Feb 26


In French, it is, “Joie de vivre” and people all over the world have tried to define what happiness is and how it connects with a joyful, fulfilled life. Book stores line their shelves with motivational books trying to give us all a glimpse of how to live our lives with joy and happiness.


Sadly, I would be lying if I said I have never thought about not continuing my life and I think many of you, being vulnerably honest, might say something similar.


This world is filled with people who drive you crazy, events that break your heart, memories that sometimes haunt you, experiences that you wish you had never had, and hurtful words that you can never forget. 


For me, however, when asked “If you could go back in time and re-do a period in your life, when would it be?”, I would say, “I don’t need to.” Because the way I see it, every single event, both good and bad, is what makes me who I am today. Being able to overcome adversity has made me stronger and having the chance to encounter beautiful humanity has touched my heart in ways that have shaped my future aspirations. 


Within this wonderfully messed up and adventure-filled blessing that is life – how do you want to live it?


You don’t live a joyful life because you read a book that told you how to do so, you find a way to see joy within hardships and despair and make the most of life. Life isn’t worth pouring every moment of your time and every ounce of your being into others’ expectations.


Who is to say life can’t be work and play?


Do what makes you feel alive.


Do what makes you jump out of bed in the morning.


Do what puts a smile on your face.


What about enjoying the unexpected, being open to serendipity, embracing some risk, and finding joy in the vividness of life? 


Don't let anyone tell you where or how to find joy. Look for it yourself and if you haven't found it yet, keep on with your search – I promise it's out there.


As Mary Oliver wrote:

“Tell me, what is it you plan to do with your one wild and precious life?”


~~~~~~~


フランス語では、「ジョワ・ド・ヴィーヴル」といい、世界中の人々が、幸せとは何か、そしてそれがどのように喜びに満ちた充実した人生とつながるのかを定義しようと試みてきました。書店には、どのように喜びと幸せで満ちた人生を生きるのかを私たちに垣間見せてくれる動機付けの本が棚に並んでいます。


悲しいことに、私は自分の人生を生き続けたくないと思ったことが無いと言えば嘘になります。そして皆さんの多くも、とても正直になると、同じような事を言うかもしれません。


この世界には、あなたを狂わせる人、心を傷つける出来事、時にあなたを悩ませる思い出、しなければよかったと思う経験、深く傷ついた忘れられない言葉などでいっぱい満ちています。


しかし、私の場合、「過去にさかのぼり、人生のある時期をやり直せるとしたら、いつを選びますか?」と聞かれたら、「その必要はない」と答えます。なぜなら、良いことも悪いことも含め、すべての出来事のお陰で今の私がいるからです。逆境を乗り越えたことが私を強くし、美しい人間性に出会う機会が私の心を動かし、将来の願望を形作ったのです。


この素晴らしくめちゃくちゃで、冒険に満ちた人生という祝福の中で、あなたはどう生きたいですか?


生き方を教えてくれた本を読んだから楽しく生きられるのではなく、苦難や絶望の中に喜びを見いだし、人生を最大限に生かすのです。人生とは、他人の期待に自分の時間や全精力を注ぐ価値のあるものではないのです。


人生が仕事と遊びの両方で成り立てないなんて、誰が言うべきでしょうか?


生きていると実感できる事をして下さい。


朝、ベッドから飛び出したくなる事をして下さい。


自分が笑顔になれる事をして下さい。


思いがけないことを楽しみ、セレンディピティを受け入れ、多少のリスクを受け入れ、人生の鮮烈さに喜びを見出すのはいかがでしょうか。


喜びをどこで、どのように見つけるか、誰にも教えてもらってはいけません。自分で探し、まだ見つかっていないのなら、探し続けてください ―― 必ずそこにあります。


メアリー・オリバーが書いたように:

「わくわくする一度きりの貴重なこの人生をあなたはどう生きていく予定ですか?」


~~~~~~~


法语是 "Joie de vivre",世界各地的人都试图定义什么是幸福,以及它如何与快乐、充实的生活联系起来。书店的书架上摆满了励志书籍,试图让我们大家看到如何在生活中享受快乐和幸福。


可悲的是,如果我说我从未想过不想在继续自己的生活,那是在撒谎,而且我觉得你们当中许多人都非常诚实的话,也可能会这么说。


这个世界充满了让你疯狂的人,让你心碎的事,有困扰你的记忆,有你希望自己从未有过的经历,以及你永远无法忘记的伤害性话语。


然而,对我来说,当被问及 "如果你能回到过去,重新度过你生命中的一段时光,那会是什么时候?",我会说,"我不需要"。因为在我看来,每一件事,无论是好还是坏,都让我成为了今天的我。能够克服逆境使我变得更加强大,有机会遇到美丽的人性使我的心受到触动,这些塑造了我未来的愿望。


这个奇妙的充满混乱和冒险的祝福中的生命,你想如何度过呢?


你过上快乐的生活不是因为读了一本告诉你如何这么做的书,你要找到一种在苦难和绝望中看到快乐并充实生活的方法。生活不值得把你的每一刻和你的每一盎司都倾注在别人的期望上。


谁能说生活不能是工作和娱乐呢?


做那些让你充满活力的事情。


做那些让你早上从床上要跳起来的事情。


做让你开心的事。


享受意外,对偶然性持开放态度,拥抱一些风险,并在生动的生活中找到快乐怎么样?


不要让任何人告诉你在哪里或如何找到快乐。自己去寻找,如果你还没有找到,继续寻找 — 我保证它就在那里。


正如玛丽·奥利弗(Mary Oliver)写道:

“告诉我,对于你唯一一条不羁和宝贵的生命,你计划做什么?”