• Ann K.

Crossing Borders・国境を超えること・跨越边界

Updated: Feb 26

@San Francisco, U.S.A.

In all the years since I've traveled across borders – a good number countries, cities and cultures have graced the pages of my passport and the chambers of my heart. Many kids like me grow up in between cultures and end up feeling completely and totally misunderstood. Sometimes, no matter if I'm in the countries (America & Japan) I've grown up in, I still feel this way. You want to feel in control when life shifts continents.


"There's a book written about me, it's called my passport." This quote has always stood out to me, because I can relate to it so much.


I have begun to slowly realize that my ‘home’ and where I belong isn’t defined by the borders of a country or the viewpoints of another person.


Some people can relate when I say I've spent my whole life as if I’m a cultural chameleon; I’ve ended up not knowing what color I was when I started, what color I am now, and what it would feel like to not have to change colors each time I’m in a different country, city, or culture.


I've learned that a nation is not the sum of its stereotypes and nor are its people.


~~~~~~~


私は今まで数々の国境を越えてきた中で、色々な国、町、そして文化がパスポートのページを色付け、心にもその跡が残っている。私みたいに、子供によっては色々な文化が混じりこんでいる世界で育ち、誰にも完全に理解されていないと感じることも少なくない。私自身も自分の生まれ育った国(アメリカと日本)にいてもこのような感情は免れない。大陸移動を余儀なくされる生活を送っても、自分の人生はコントロールをしていたいのです。


「私について書かれている本があるんだ、それは私のパスポート。」 この言葉に私は本当に共感ができます。


少しずつ「実家」と思える場所は特定の国境によって決められるものでは無く、また、人の観点によって定めらるものでも無いと分かってきました。


私が人生を文化的なカメレオンかのように生きてきた事に同感できる方もいると思います。何色で始まり、現在は何色であり、これから毎回違う国、町、文化に遭遇する度に特定の色に変わらなくても良い感触さえ分からなくなってきたのです。


国家と国民とは既成概念を総計したものだけではないと段々と分かってきました。


~~~~~~~


在过去很多年中,我跨越了许多国家的边界。这些国家的城市和文化为我的护照和心灵增光添彩。许多像我的孩子在有好多不同文化的世界长大,最终感到完全被别人误解。有时候,即使是在我长大的国家(美国和日本),我仍然有这种感觉。当生活大陆转移时,你仍想要掌控一切。


“有一本写满了关于我的书,它就是我的护照。” 这句话对我来说一直很有意义,因为我很能理解。


我开始慢慢意识到,我的“家”和我所属的地方并不是由一个国家的边界或另一个人的观点来定义的。


当我说,我过去的人生,好像是一个文化变色龙时,有些人可能有同感。我甚至不知道我开始时的颜色,我现在的颜色,以及每次我在不同的国家,城市或文化时都不必改变颜色的感觉。


我学到了一个国家和人民不是其刻板印象的总和。