• Ann K.

A Guesthouse Run by the Formerly Homeless・元ホームレスが運営するゲストハウス・有曾经流浪者运营的民宿

Updated: Feb 26


Introducing “Monogatari”


Imagine with me for a moment: a guesthouse (similar to a B&B) / café / store run by ordinary people – people who happen to be formerly homeless. This place would serve as a soup kitchen as well as a guesthouse where travelers can stay.


I hope to create a place where anyone is welcome to come in and have a cup of coffee and share their story – regardless of race, gender, religion, background, or how much money is in their pocket.


The Monogatari Training Program would be one of the many programs offered at this guesthouse to help the homeless. In order to be eligible for this training program, candidates would need to first pass an interview. At this point, they would be given their own room to stay in and have a permanent address. Then they would begin training and after their training period ends, would officially join as paid staff at the guesthouse.


The concept of this training program is for each staff member to get the chance to work in their preferred area of interest (housekeeping, management, food, marketing, customer service, maintenance, etc.) and in a few years, be able to find a job and reintegrate into society.


Every person has a story (monogatari):


…I believe it is one of my callings to create a place where people are able to share their stories, own their stories, and be proud of those stories. Because those stories are what make them who they are today. This is where I got the name for my guesthouse because Monogatari means “story” in Japanese.


Through the food sold at the café within the guesthouse as well as community dinner every Friday night, my hope is to connect different people through food. The business itself would be operated as an NGO, with operating expenses covered through donations, sales at the café / store, and guest travelers.


When people’s stomachs are full of food they like to eat, they are happier. I believe the first step is to create a place where people don’t have to worry about what they will eat for their next meal. I believe if people are happy, they can think like totally different people and make more informed decisions. I have so much hope that I know it will give hope to someone in the future.


My sincere hope is to contribute to how “homeless” people are viewed and change stereotypes surrounding this word. Many people, including myself, have been on the brink of being homeless but perhaps no one knew. Just because you can’t see someone’s pain or it is a different pain from yours, doesn’t mean it is not pain.


Even if it is simply one person who finds a “home” through this guesthouse or senses a warm feeling that someone still cares – that is all I need to wake up every morning with a sense of pride that my life is making a difference. I hope that this guesthouse would enable those involved to wake up every morning and imagine good and better things happening in their lives.


The final goal to work towards would be to have a guesthouse like this in every city and town; I believe this is the first step to achieving 0% of homelessness in America.


We talk about helping the poor, but have you ever lived with them?


Have you ever shared a meal with them?


Have you ever talked to them?


Everyone deserves a chance to turn over a new leaf.


~~~~~~~


「物語」のご紹介


私と一緒にちょっと思い描いてみてください。一般の人々が運営するゲストハウス・カフェ・ショップ ;ただ運営しているスタッフはかつてホームレスだった方々。ここは、スープキッチンの役割を果たすだけではなく、旅行者が滞在できるゲストハウスとしても機能します。


人種、性別、宗教、経歴、ポケットにいくらお金があるかに関係なく、誰もが気軽に立ち寄り、コーヒーを一杯飲みながら、自分のストーリーを共有できる場所を作りたいと思っています。


物語育成プログラムは、ホームレスの方を助けるこのゲストハウスのプログラムの一つです。このプログラムに参加するには、インタビューに合格する必要があります。この時点で、彼らは滞在する為の自分の部屋を与えられ、現住所を持つことになります。その後、彼らは研修に参加し、研修期間後、ゲストハウスの正社員スタッフとして正式に雇われます。


この育成プログラムのコンセプトは、各スタッフが自分の興味ある分野(ハウスキーピング、マネージメント、調理、マーケティング、接客、メンテナンス等)で働く機会を得て、数年以内に仕事を見つけて社会に復帰できるようにすることです。


誰もがストーリー(物語)を持っています:


。。。そして、人々が自分のストーリーを共有し、自分のストーリーを自身と繋げ、それらのストーリーを誇りに思うことができる、そんな場所を作ることが私の使命の1つだと思います。なぜなら、人それぞれのストーリーこそが今日の自分を作り上げているからです。Monogatariは日本語で「物語」を意味するので、この思いを元にゲストハウスの名前を付けました。


ゲストハウス内のカフェで売られている食べ物や毎週金曜日の夜のコミュニティー・ディナーを通し、様々な人々の心を、食を通じて繋げられる事を信じています。事業自体はNGOとして運営され、運営費は寄付、カフェ・ストアでの販売、宿泊客を通して賄う予定です。


人はお腹いっぱい好きなものを食べると、幸せな気持ちになります。最初のステップは、人々が次の食事のために何を食べるかを心配しない場所を作ることだと思います。人々が幸せであれば、まったく別の人のように考える事ができ、より多くの情報に基づいた決断を下す事ができると私は信じています。私の抱いているこの願いはきっと将来誰かに希望を与えると考えます。


私の心からの希望は、「ホームレス」の人々がどのように見られ、この言葉を取り巻く固定観念を変える貢献をする事です。誰でもホームレスになり得る時代、だが誰もその現実を知らない。自分も含め、こんな経験をした人は意外と少なくない。誰かの痛みが見えない、または自分とは異なる痛みであるからと言って、それが痛みではないという意味ではありません。


たった一人でも、このゲストハウスを通して、新しい「居場所」を見つけたり、温かい気持ちになったり、誰かが自分を気にかけている思いになれたら、それだけで、私は毎朝目覚める時に誇りを持って自分の人生は何かの意味があるのだと感じられると思います。このゲストハウスに関わる全ての方々が毎朝目を覚まし、自分たちの生活の中で起こり得るより良いことを想像できるようになる事を願っています。


取り組むべき最終的な目標は、すべての都市と町にこのようなゲストハウスを設立することです。これは私がアメリカでホームレス0%を達成する為の第一歩だと考えています。


私たちは貧しい人々を助ける事について話しますが、あなたは彼らと一緒に住んだことはありますか?


彼らと食事を共にしたことはありますか?


彼らと話したことはありますか?


誰もが心を新たにし、再スタートするチャンスを与えられるべきではないのでしようか?


~~~~~~~


简单介绍“物语”


跟我想想一下一家由普通百姓运营的民宿/咖啡厅/商店,这些人恰巧是曾经的流浪者。它既可以用作施粥处,也可以用作旅客的民宿。


我希望创建一个欢迎任何人来喝杯咖啡并分享他们的故事的地方-不论种族,性别,宗教,背景或口袋里有多少钱。


Monogatari培训计划将是这家民宿为帮助流浪者而提供的众多计划之一。为了有资格参加此培训计划,候选人需要首先通过面试。在这一点上,他们将有自己的住所并有一个永久住所。然后他们将接受培训,培训期结束后,他们将以正式员工的身份加入民宿。


该培训计划的概念是让每位工作人员都有机会在自己感兴趣的领域(客房,管理,食品,市场营销,客户服务,维护等)工作,并在几年内找到工作并重新融入社会。


每个人都有一个故事(物语):


……我相信我的一个使命是建立一个人们能够分享自己的故事,拥有自己的故事并为这些故事感到自豪的地方。因为这些故事使他们成为今天的自己。这是为民宿取名的理由,因为物语在日语中的意思是“故事”。


通过在旅馆内的咖啡厅出售的食物以及每个星期五晚上的社区晚餐,我希望通过食物来联系不同的人。该企业本身将作为非政府组织运营,其运营费用来自捐赠,咖啡厅/商店的销售以及来民宿客的支出。


当人们的胃中充满了他们喜欢吃的食物时,他们会变得更快乐。我相信第一步是建立这样一个地方,在这里人们不用担心下一顿会吃什么。我相信,如果人们感到幸福,他们可以像完全不同的人一样思考并做出更明智的决定。我知道我的这个希望能够给将来的某些人带来希望。


我的真诚希望是改变对 “流浪者”的看法,并改变围绕这个词的陈规观念。曾经许多人,包括我自己在内,都处于流浪者的边缘,但也许没人知道。只是因为你看不到某人的痛苦或这种痛苦与你的不同,并不表示它不是痛苦。


即使只是一个人通过这家民宿找到一个“家”,或感受到有人关心的温暖,这就是我每天早晨都能自豪地醒来,并知道我的生活很有意义。我希望这家民宿能让所有参与其中的人每天早上醒来,能够想象他们生活中正在发生的好事和更好的事。


最终目标是在每个城市和城镇都拥有这样的民宿。我相信这是在美国实现0%流浪者的第一步。


我们谈论帮助穷人,但你曾经与他们住在一起过吗?


你曾经和他们一起吃过饭吗?


你曾经跟他们聊过天吗?


每个人都应该有全新的机会。