• Ann K.

“No, I’m Not Adopted.”・「いいえ、私は養子ではありません。」・“不,我没有被收养”

Updated: Feb 26

@Hawaii, U.S.A.

Growing up in Japan, I had never ever seen myself as someone who may be viewed as an adoptee. But when I thought about it, people’s assumptions made sense; let me explain.


When I was fourteen, my family and I moved to Texas and my father stayed in Japan to work so that we could make the move a reality. My mother has skin as white as snow, blue eyes, and blond hair while my Asian-looking father was in Japan.


Everyone who met us was missing a piece of the entire picture of who I was culturally and ethnically. So as a result, of course, they would ask innocent questions like, “were you adopted?” or “where were you adopted from?”


It is worth noting that I have no ill feelings towards anyone who has asked me this question. I actually applaud them for having the courage to ask.


My one piece of advice would be the following: next time you want to ask someone a question concerning their race, try getting to know them first.


If you take the time to hear a bit of their story, you will most likely be able to find the answer to your initial question without offending them as well as not embarrassing yourself. If you don’t have the time to talk with them, then perhaps you don’t have the right to assume and then comment on their race.


So, to all of y’all who are or have ever been curious: no, I am not adopted.


~~~~~~~


日本で育った私は自分が養子と見なされる可能性があると考えたことさえありませんでした。しかし、良く考えた時、他人の想定は間違ってはいなかったのです;下記で説明します。


私は14歳の時、家族とテキサスに引っ越しましたが、私たちを支えるべく仕事をし続ける為、父は日本に残りました。私の母は雪のように白い肌をしており、髪の毛はブロンド、青い瞳のアメリカ人です。そして、私のアジア人の父は日本にいました。


私たちに出会ったすべての人が、私が文化的および民族的に一体誰なのかという全体像の一部しか与えられていませんでした。その結果、当然、彼らは「養子なのですか?」や「どこの国から養子として来たの?」というような悪気がない質問をしました。


念のために申し上げますが、私はこのような質問をした人に対して何も悪気を抱いていません。実際に尋ねる勇気を持っている方々がすごいとも思います。


私の唯一のアドバイスは、次のとおりです。今度、どなたかに人種について質問をしたい場合は、まず彼らについて知る努力をして下さい。


少し時間を割いて彼らの話を聞くと、相手の気持ちを悪くする事無く、また自分も恥ずかしい思いをする事無く、最初の疑問に対する答えを見つけることができるでしょう。彼らと話す時間がない場合は、おそらく彼らの人種について決めつけたり、発言したりする権利がないのはあなたではないのでしょうか。


最後に、現在もしくは前から興味がある全ての人たちへ:いいえ、私は養子ではありません。


~~~~~~~


我在日本长大,从来没有想过自己会被认为是被收养的人。但是,当我考虑到这一点时,人们的假设是完全合理的;让我说明一下。


当我十四岁的时候,我和家人搬到德克萨斯州,父亲留在日本工作,这样我们就可以实现这一目标。我的母亲皮肤雪白,金发碧眼,但是我的亚洲父亲在日本。


与我们相遇的每个人都错过了我所处的文化和种族的全貌。因此,他们当然会问一些无辜的问题,例如“你被收养了吗?”或“你从哪个国家领养的?”


值得注意的是,我对问过这样问题的任何人都不会感到不适。实际上,我为他们勇于提出问题而鼓掌。


我的建议如下:下次你想向某人询问有关其人种的问题时,请尝试先了解他们。


如果你花时间听听他们的故事,你很可能能够找到你最初的问题的答案,而不会冒犯他们,也不会令你感到尴尬。如果你没有时间与他们交谈,那么你可能无权对他们的人种进行假设或发表评论。


因此,回答对所有好奇或一直好奇的人:不,我没有被收养。