top of page

When My World Stopped Turning・私の世界が止まったあの時・当我的世界停止转动

Updated: Jan 26


One morning seven years ago, I woke up just like any other day, but while I was applying makeup, I noticed that the left side of my face didn't move like normal. I shrugged it off as just being half asleep and went to work. However, once getting there, I started to realize how things were definitely not okay – the left side of my face had become paralyzed. I remember calling my father holding back tears asking if I could fly to him in Japan.


In the end, I was very blessed to have had coworkers who helped teach my classes and a workplace that had enough compassion to give me time off.


So, to everyone who said I was scared to try Chinese medicine and left for Japanese (Western) medicine, you are mistaken. I tried everything from international hospitals to local hospitals to cupping therapy.


I did not try acupuncture not because I don't believe in it, but because I don't like needles.


I left Beijing after several weeks of seeking help at a local clinic that I visited multiple times, 3 big-named hospitals, a private Chinese medicine doctor who holds a doctorate in this area, and another clinic near my work. I tried countless types of medicine (half of which made me throw up) and trusted in the doctors to do their jobs even though everything was always in Chinese. I believe I deserve credit for that - for being open to trying.

I went to Japan to seek the medical care I knew could be received there, as a last resort. To be honest, I was scared as hell because half my face was numb -- I think anyone would have been.


This period in my life is honestly sort of a big blur. I remember going to so many different hospitals on different occasions that I lost count. I remember being so sad, depressed, and hopeless. I remember having so many needle pricks, IVs, and painful procedures done. I didn't know what was wrong with me and no doctor did either. At some point, I remember fearing for my life.


This was a wake-up call for me to actually care about my health and not to work myself straight to my grave.


I learned that it's okay and it's NOT selfish to put yourself first. As a wise friend said, “You can always find a new job, but you won't get a new face.”


I know now that it's never okay to treat yourself less than what you're worth.


Whenever my time comes, my utmost hope is to be able to answer a resounding YES to the following questions:

“Did you make the most of this beautiful, terrifying, messed-up life?”

“Did you let go of all the things that held you back? So you can hold on to what matters most?”

-Grey's Anatomy


What are your priorities in life?


How much do you actually care about yourself?


~~~~~~~

七年前のとある朝、いつものように起き、メイクをしている時に、顔の左側がいつものように動かないことに気づきました。寝ぼけていると思い、肩をすくめて仕事へ行きましたが、到着後、絶対に大丈夫ではないことに気づき始めました。左の顔面が麻痺していたのです。今でも、涙をこらえながら日本にいる父に電話をし、日本に行きたいと話したのを覚えています。


最終的には、私の授業を代わりに教えてくれる同僚に恵まれ、休みを取れるほど思いやりのある職場にも恵まれました。


ですから、私が漢方を試すのが怖くて、和(西洋)の薬を選んだと言った人達は間違っていました。海外の病院から地元の病院、カッピング療法まで、私はありとあらゆることを試してみました。


私が鍼灸を試さなかったのは、鍼が信じられないからではなく、針が好きではないからです。


数週間が過ぎ、何度も訪れた地元のクリニック、3 つの大きな病院、その博士号を取得している民間の漢方医、職場の近くの別のクリニックで助けを求めた数週間後に私は北京を離れました。そして、数え切れない程の種類の薬を試しました (過半数は吐き気を催しました)。すべてが常に中国語だったにも関わらず、医師たちを信じていました。これに関しては自分なりにすごく頑張ったと思います。


私は最後の手段として、日本で受けられると分かっている医療を求め、日本に帰国をしました。正直、顔の半分が麻痺していたので、本当に怖かったです。


私の人生のこの時期は、正直なところ、かなりぼやけています。数え切れないほど多くの病院に何度も行ったことを覚えています。とても悲しく、落ち込み、絶望的だったことを覚えています。沢山の針を刺され、点滴を打たれ、痛い処置をされた事を覚えています。私は自分の何が悪いのか分かりませんでしたし、分かる医師もいませんでした。ある時点で、私は自分の人生が終わると恐れていたことも覚えています。


この出来事は、自分の健康に気を配り、墓場に早くたどり着きたいかのように仕事をするなという警鐘でした。


自分を第一に考えるのは、自分勝手なことではない、ということを学びました。賢い友人が言ったように、「いつでも新しい仕事を見つけることはできますが、新しい顔を手に入れることはできません。」


自分の価値を低くし、自分を後回しに生きてはいけないと、今では分かっています。


この世を去る日が来たら、次の質問にはっきりと「YES」と答えられる事が私の最大の望みます:

「この美しく、恐ろしく、めちゃくちゃな人生を楽しんだのかい?」

「あなたを引き留めていたものをすべて手放しましたか?そして、最も重要なものを保持できましたか?」

-グレイズ・アナトミー


あなたの人生の優先事項は何ですか?


あなたは実際にどれくらい自分のことを気にかけていますか?


~~~~~~~


七年前的一天早上,我像往常一样起床,但在化妆时发现我的左侧脸没有像往常一样移动。我只是半睡半醒地耸了耸肩,然后去上班了。然而,一旦到了那里,我开始意识到事情绝对不对劲。我的左脸已经瘫痪了。我记得我强忍着眼泪打电话给我父亲,问我是否可以去日本飞到他身边。


最后,我很幸运有同事帮我教课,工作足够的同情心让我休假。


所以,对于那些说我害怕尝试中药而去日本(西)药的人来说,你错了。我尝试了从国际医院到当地医院再到拔罐疗法的所有方法。


我没有尝试针灸不是因为我不相信它,而是因为我不喜欢针。


我曾多次前往当地一家诊所、三家大医院、一位在这方面拥有博士学位的私人中医,以及我工作附近的另一家诊所寻求帮助,几经周折之后,我离开了北京。我尝试了无数种药物(其中有一半让我呕吐),并相信医生会尽职尽责,尽管所有的东西都是用中文。我认为我应该为此受到表扬——因为我愿意尝试。


作为最后的手段,我去日本寻求我知道可以在那里接受的医疗服务。老实说,我吓坏了,因为我的半张脸都麻木了——我觉得任何人都会这样。


说实话,我生命中的这段时间有点模糊。因为我在不同的场合去了很多不同的医院,我都记不清了。我记得我是如此悲伤、沮丧和绝望。我还记得自己被扎了那么多针、输了那么多液、做了那么多痛苦的东西。我不知道我有什么问题,也没有知道的医生。在某些时候,我记得害怕我的生命。


这是一个警钟,让我真正关心我的健康,而不是让自己工作到坟墓。


我了解到了把自己放在第一位并不自私。正如一位聪明的朋友所说:“你总能找到一份新工作,但你不会得到一个新的脸。”


我现在知道,我不应该在生活中自我价值感低下,把自己放在次要地位。


当我的时间到了,我最大的希望是能够对以下问题给出一个响亮的“是”:

“你是否充分发扬了这个美丽、可怕、混乱的生活?“

“你是否放下了所有阻碍你的东西?所以你能抓住最重要的东西吗?”

-实习医生格蕾


你生活中的优先事项是什么?


你有多少真正关心自己呢?

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page